2017年12月08日

雨上がりのサンジミニャーノ


フィレンツェから南に 1 時間ほど行ったところにある中世都市、サンジミニャーノ

古くはローマ時代に街道が作られ、その後、聖ジミニャーノの聖遺物である、「 指と指輪 」 が安置された聖堂への巡礼者が多く訪れ、人があるまる場所には市が建ち、交易等で栄えた町です

しかし、中世以降のペストの流行や、ここを通っていたメイン街道の、フランチジーナ街道が使われなくなり、徐々に廃れ忘れ去られた町へとなってしまいました

人々の記憶から完全に消えてしまったこの町が、近年、再び脚光を浴びるようになって観光の町として復活いたしました

1990 年には世界文化遺産にも登録されています

中世に忘れ去られたのがかえって幸いして、この時が止まったような感じがよかったんでしょうね。

この町のことは、以前詳しく書いたので、そちらを見ていただいて...

サンジミニャーノの歴史地区

72 本の塔が建ち並んでた町

今回もこちらの町へ。

朝から激しい雨が降っていたのでちょっと心配していたんですが...

というのもこの町の散策はすべて徒歩👟 👟 👟なので、傘さして歩くのはちょっと大変ですからね。

でも、フィレンツェを出発してサンジミニャーノに着くころにはほとんど止んできて、よかったよかった

駐車場で車を降りて、そのまま旧市街へ👟

こちらは 1262 年に造られたサンジョバンニ門

buonoita17 (133).jpg



ここから旧市街に入っていきます👟

旧市街のメインストリートは、この門から町の中心地のチステルナ広場へ続く、
その名もサンジョバンニ通り

道の両側には主にお土産物屋さんがたくさん立ち並んでいます。

buonoita17 (130).jpg



ふと見たお土産物屋さん

可愛らしい焼き物が売っていました。

buonoita17 (131).jpg



こちらはオリーブ油入れですね。

四角いのもありました。

buonoita17 (132).jpg



この辺りはイノシシ料理も有名で、そのためこんなディスプレイも。

buonoita17 (129).jpg



こちらはメイン広場のチステルナ広場

buonoita17 (128).jpg



チステルナってのは井戸という意味で、広場の真ん中には 1237 年にできた井戸があります。

この共同井戸は、戦前まで実際に使われていたそうですよ。

この奥にある塔は「 悪魔の塔 」と言われているものです。

なんでかってのは...

前の記事を見てね

そしてこの広場のお隣にあるのが、ドゥオーモ前の広場

buonoita17 (127).jpg


この大聖堂脇の塔が、この町で一番高いグロッサの塔です。

貴族たちによる塔の建設ラッシュが激しくなり、塔の高さもどんどん高くなって当時の限界を超えるようになり、危険になってきたので、
このグロッサの塔よりも高い塔を建ててはいけないというお触れも出ました。

そしたら貴族たちは、

高さがだめなら数で勝負

ということで、こんな感じのツインタワーまで建てたりして...

buonoita17 (126).jpg



これはサルビッチ家が建てたので、サルビッチの塔なんて言われています。

そんな塔の町、中世の面影を残す旧市街をぶらぶら歩いて、通り沿いのお土産物屋さんや食材やさんものぞいたりして...

このあたりも食の宝庫なんて言われていて、レストランも観光地にしては非常にレベル高いですよ。

しっかりとレストランに入って食事するのもよし

その辺のパニーニなんかを買って食べながらうろうろするのもよし

この地で作られている、ヴェルナッチャ種から作られる白ワインも有名で、イタリアの白ワインにしては珍しく最高ランクの D.O.C.G. にノミネートされています。

その割にはボトルでも €5 ちょっとからと手ごろなので、買って帰ってもいいし、その辺のバールでグラスで一杯ひっかけてもいいし。

旅の記念にいろいろと体験してみてくださいね

ちなみに世界で一番になったジェラート屋さんもありますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村









posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

アルノ川沿い一つ星ディナー


前回も行きましたが、今回も行ってまいりました。

BORGO SAN JACOPO

前回は人数が少なかったので、地上階のメインダイニングでしたが、今回は割と人数がいたので、上の階にある一つの部屋を貸し切り

貸し切りといっても、10 人ちょっと入ったら一杯になるところですけどね

で、お食事は前回とほぼ同じなんですが、若干変わっていて...

最初のトマト入りパンは同じでしたが。

buonoita17 (119).jpg



お次のプリモは、トスカーナの郷土料理である
“ リボリータ ”

よく、トスカーナ地方のパン入りスープなんて訳されたりしますが、我々がイメージしているスープというような液体ではなく、パンが液体を思いっきり吸っていて
ほとんど固形という感じのものです...

って言ったらあんまりおいしそうには聞こえないんですが、おいしいですよ

今回はその伝統的家庭料理をこの店風にアレンジして持ってきてくれたのがこちら。

buonoita17 (120).jpg



はい、おしゃれにきましたね

オリーブ油もふんだんに使い、脂っこいこてこてのような感じに見えますが、意外とさっぱりして食べやすかったですよ

そしてお次は、前回と同じ、

7 年熟成のアクエッロ米のリゾット
サボイキャベツ リンゴ マスの卵、黒トリュフ


buonoita17 (121).jpg



しっかりと熟成米を味わって噛みしめて食べました

そしてメインも同じく、

スズキのグリル
季節の野菜を添えて


buonoita17 (122).jpg



この二品は前回と同じだったのですが、デザートはまた代わって、

二色のチョコレートムース

buonoita17 (123).jpg


そんなに甘くなく、おいしく頂きました。

やっぱりおしゃれな店内は料理もおしゃれですね

やっぱりこれくらいの量が一番おいしく頂けると思いますよ。

決して日本人用に少量にしているわけではなく、これが通常量ですからね


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


    






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

今回のジェラートはこちらで


前回はフィレンツェの老舗でジェラート をいただいたんですが、今回は久々にこちらのお店に行って来ました

GROM

buonoita17 (100).jpg



数年前には、埼玉にあるレイクタウンアウトレット内のお店に行ったんですが、最近日本からも撤退していってるようで、5 店舗くらいあったお店が現在は大阪の梅田に 1 店舗残すのみとなってしまったみたいです

フィレンツェはジェラートの激戦区で、そこでも人気店で頑張っているんですが、日本はもっともっと激戦区なのかな?

それともそこまで日本人はジェラートを食べないのかな?

このお店、もともと 2003 年にトリノで open したんですが、ジェラートの発祥の地でもあり、ジェラート屋さんがひしめいているこのフィレンツェに、殴りこみ?をかけてきました。

地元ではそれぞれ自分のお気に入りの老舗のジェラート屋さんがあって、それぞれこだわりもあるので、新参者はすぐ消えるだろう...なんて言われていたんですが、なかなかどうして。

現在ではすっかりフィレンツェの町にも溶け込み、フィレンツェ人にもファンが結構多いですよ

ま、そんなことは置いといて、店内に入り

buonoita17 (98).jpg



今回はまだあったカキと、

buonoita17 (97).jpg



ミルクのコンビにしてみました

buonoita17 (95).jpg



前回行った Perche No! に比べると気持ちさっぱり系ですが、それでも濃厚なジェラートはおいしいですね

素材にも製法にもこだわったこのジェラート、お薦めです

フィレンツェでは、ジェラート屋さんが山のようにありますが、行列のできるところは限られています。

僕がよく行くところは 4 〜 5 軒ほどありますが、ここもそのうちの一つですね。

町中にあるから行きやすいですよ。

特に最近ドゥオーモあたりの広場では、grom のカップを持った外人さんが目立ってきています。

もうずいぶんと寒くなってきたフィレンツェ、夏場はいつも行列できています。

冬場でも
ダウンジャケットを着て外でジェラートを食べている人たちもちらほら見かけます。

どんだけ好きやねん


お店
名前 : grom
住所 : Via del Campanile angolo via delle Oche - 50012 Firenze
TEL  : 055.216158
営業時間 : 10:30 〜 24:00 【 夏季 】
       10:30 〜 23:00 【 冬季 】
URL  :
 http://www.grom.it フィレンツェ店
      http://www.grom.jp 日本

トリノの名店がジェラートの激戦区にやってきて 10 年ほど。
現在ではフィレンツェ人の間でも評判のジェラート店として人気があり、地元民や観光客達で賑わっています。特に夏場は行列が必至です。
場所もドゥオーモのすぐ脇ということもあって、観光にも便利なため、ここでジェラートを買って食べながら観光をしている姿もよく見かけます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする