2018年06月30日

他の滝と雰囲気の違うエビ滝


このあたりからは渓谷がかなり迫ってきて、吊り橋も多くなってきます

メインの遊歩道からちょこっと入ったところにエビ滝がありました

izu18 (102).jpg



川の流れている様子が海老のしっぽに見えるってことからこの名前が付いたみたいですが、なかなかそうは見えなかったです...

でも、渓谷の深いところなので、秘境的な感じでしたよ。

河津七滝のうち 6 この滝は、柱状節理を形成しているがけの上から水が流れているんですが、
この滝だけはつるっとした岩の上を流れています

ここは 25,000 年前の溶岩が全て削り取られてしまって、
溶岩に覆われる前の海底だった古い地層が出てきています。

なのでここだけは柱状節理が見えない、そんな場所となっています。

では恒例の動画 🎥




動画の方がわかりやすいかな?


えび滝 ( えびだる )  高さ 5m 幅 3m


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村










posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

ヘビのウロコのようなヘビ滝


続きまして、ここからちょっと階段を昇って行って...👟 💦

今までの滝とちょっと変わった風景のヘビ滝

izu18 (97).jpg



どの辺がヘビやねんって思いますが、これ、滝の上流に行って見たら 👀 よーくわかります

izu18 (98).jpg



滝の上流へ行くにはそのまま遊歩道を歩いて行って、河津踊子滝見橋 ( かわづおどりこたきみばし ) を渡ります

izu18 (101).jpg



この橋はヘビ滝とエビ滝の間にある 46m の吊橋で、静岡県内では初めての
「 片塔式ウェーブ橋 」 という全国的にも珍しい吊橋なんだそうです。

吊り橋ってのはほとんどが橋の両サイドに塔を建て、ワイヤーをつなげて吊ってるんですが、この方式は片一方がけに塔を建て、ワイヤーで引っ張ってる方式です。

渓谷など高低差のある所に使われたりするらしいんですが、全国でも珍しい工法みたいで、あまり例がないみたいですよ

そんなわけで、この橋を渡りながらヘビ滝を上から見ると
何となくヘビのウロコのように見えてきます。

izu18 (106).jpg



これは、溶岩が冷えて収縮してかたまり、柱状になった 「 柱状節理 」 と呼ばれているものを上から見たかたちです。

柱状節理ってのはよくガラパゴスやアイスランドで見かけますが、よくきれいな六角中のような形になっていますよ

アイスランドの柱状節理世界屈指の奇景として名高いですよ

それを上から見るってのも珍しいのかな?

こういうのを見ていると、ここら一体が昔は海底火山だったってことがよくわかりますね

そんなわけで、ヘビ滝の様子を動画 🎥 で。




蛇滝 ( へびだる )  高さ 3m 幅 2m


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村










posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

伊豆の踊り子像がある初景滝


遊歩道に戻り川沿いに歩いていく 👟 👟 👟 と、こんな像が。

izu18 (93).jpg



川端康成・著 「 伊豆の踊子 」 の舞台にもなったエリアなので、
踊り子と私のブロンズ像が置いてありました

この踊り子は、吉永小百合かな?

それとも山口百恵かな?

吉永小百合だったら、❝ 私 ❞ は橋英樹だし、
山口百恵だったら、もちろん ❝ 私 ❞ は三浦友和だし。

あ、そういえば美空ひばりも...

最近では後藤真希もやってたなぁ...

なんて思いながら...

あ、そうそう、ちょうどこの像あたりにお手洗 🚻 があるので、気になる方はどうぞ。

というわけで、もうちょっと歩いていくと、初景滝が見えてきました。

izu18 (95).jpg



この滝は、そこそこの大きさではあるけど、
水しぶきがかかるほど近くで見ることができるので迫力あります。

この滝の近くにも、踊り子と私の像があって、
記念撮影ポイント 📷 になっています。

izu18 (94).jpg



我々もここで家族写真撮りました

で、このすぐ近くに湧水を飲む場所もあります。

というわけで、恒例の動画 🎥





河津を舞台にした小説といえば、やっぱり伊豆の踊子が有名ですが、僕もずいぶん昔に読んだことあるけど断片的にしか覚えていませんねぇ

30 年ちょっと前かな...

多感な時期でした...

そのころと現代と恋愛観や男女の出会い観なんかは全く違うので、というか、川端康成の時代とも全然違うので、今改めて読むとどう感じるのかな?

で、僕が河津に行きたいと思ったのは、この小説ではなく、15 年ほど前に読んだ、
西村京太郎・著
「 伊豆・河津七滝に消えた女―十津川警部の叛撃 」
です。

その時に初めて 「 七滝 」 が 「 ななだる 」 って読むんだって知ったり

この作品も、十津川警部の奥さんである直子さんが撮った写真に、
偶然○○が写っていたり
( やばいやばい...まともに書いたらネタばれになってしまう...)


警部が奥さんと付き合いだした時のエピソードが載ってたりと、
十津川警部ファンの方々にとってはなかなか興味深い本になっていますよ。

短編で 3ストーリー入っていたはずなので、興味のある方は購入して読んでみてくださいね


初景滝 ( しょけいだる ) 高さ 10m 幅 7m


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする