2018年06月01日

日本橋ランチ特集〜お好み焼き〜


日本橋ランチシリーズ第三十六弾

今回はランチタイムに東京駅近くに用事があったので、お昼は八重洲地下街へ。

時間もあまりなかったので、友人がパッと目についたお好み焼き屋に入ってみました

ぼてぢゅう 八重洲地下街店

lun3-18 (17).jpg



ぼてじゅうといえば言わずも知れたお好み焼きの聖地ともいわれている大阪は道頓堀の老舗

昭和 21 年 ( 1946 年 )創業で、大阪で最も歴史のあるお店です

お好み焼きの元祖といえば、いろいろな説はありますが、
有名な話だと安土桃山時代の千利休が考案した「 麩の焼き 」がルーツなんだとか

小麦粉を水で溶いて、クレープのように薄ーく鉄板に伸ばし、芥子の実や味噌、砂糖を塗って丸めて食べる和菓子だったそうです。

その後、大正時代になると、小麦粉を水で溶いて鉄板に流し、干した桜エビ・ネギ・かつお節・青のりを置いて、また水溶き小麦粉をかけて焼いた薄いものにウスターソースをかけて食べていたという文献もあります。

これが当時一銭で売られていたので、一銭洋食なんて呼ばれたりもしていました。

昭和 14 年になると、それに具の卵・エビ・イカ・牛肉やキャベツ・山芋などを、あらかじめ混ぜておき、焼いて食べるようになりました。

好きな具を入れて焼く・・・お好み焼きとして定着していったみたいです

これが大阪でのお話

また東京が発祥って説もあって、

例えば明治時代に、東京でどんどん焼きなるものが出てきて、これがルーツだとか、昭和の初期に、銀座の路地裏に出没した屋台でひっそりと売られていたものがあったとか。

でもこれも当局の取り締まりが厳しかったらしく、文献にはあまり残っていないみたいですね。

決定的なものは、昭和 12 年に東京で創業したお好み焼き屋、浅草染太郎をモデルにした高見順の小説、
「 如何なる星の下に 」に登場する、お好み焼き屋、「 惚太郎 」 です。

今のお好み焼きと同じものがメニューにあったかどうかは不明ですが、
えびてん、いかてん、やきそばも登場しているので、たぶんあったんじゃないかな?

こんな話をすると、大阪で一番古いお店ぼてじゅうは昭和 21 年創業ですから、それよりも 9 年も前に東京でお好み焼き屋が開業していたんですね。

お好み焼きは東京が発祥???

いやいや、大阪でお好み焼きというと、今でもそうなんですが、
お店で食べるというより家で作るって人の方が多いみたいです。

それもお父さんが作るってのが定番みたいですね

ま、ルーツをたどっていくといろいろな文献があって面白いんですが、そのあたりは研究者におまかせすることにして...


お店の前にはこんな垂れ幕が...

lun3-18 (18).jpg



とっても気になるメニューがいっこありますね。

一番左下のもので、ちょっと写真では見えないかもしれませんが、

TV 朝日 「 お願いランキング 」 満点 1 位

なんて書いてますから

というわけでお店に入りました。

お店はこじんまりとしていて、カウンター数席とテーブル数席。

lun3-18 (14).jpg



かなりというか、結構狭いです。

お昼時でテーブル席が少ないのに、すっと入れました。

奥のテーブルへ入って、注文は、もちろんそれ

すじコンと青ネギたっぷり ねぎ焼モダンセット¥1,280

ランチセットなので、これに

A.かやくごはん・一品・みそ汁

をつけるか、

B.サラダ・ドリンク

をつけるか選べます。

僕は真の大阪人ではないので、お好み焼きとライスってのはどうも...なんですが、ここはやっぱりがっつりといきたいので、A セットを注文

15 分くらい待つとお好み焼き到着。

lun3-18 (16).jpg



テーブル席には鉄板がなかったので、どうやって出てくるのかなと思ったら、こうやって出てきました

コテはちょっと写真には撮らなかったけど、半分が平らで半分がフォークのような形

これで食えってか???

これは食べづらかった...

お好み焼きはコテで食べるか箸で食べるか...って論議もありますが、僕の知る限り、京都、大阪のお好み焼きのお店に行ってもコテで直接食べてる人は見たことないです

逆に東京のお好み焼き屋だとコテで直接食べてる人をよく見かけますが...

ま、関西ではお好み焼きはほとんど家で作って食べるので、お店で食べることはあまりないからかな?

金属製のコテはホットプレートでは使えないので、自然と箸で食べることになるみたいですけどね。

というわけで、このコテもとっても使いづらいので箸で食べることにしました

これ作ったの、ギャグ???

lun3-18 (15).jpg



というわけで、牛すじは醤油でじっくり煮込んであるので、ご飯とも相性いいですよ。

でも全体的な味の印象は...

やっぱりお好み焼きは家で作った方がおいしく作れそうです


お店
名前 : ぼてぢゅう 八重洲地下街店
住所 : 東京都中央区八重洲 2-1 八重洲地下 1 番通り
TEL  : 03-3275-9933
営業時間 : 11:00 〜 22:00 【 月 〜 金 】
11:00 〜 21:30 【 土・日・祝日 】
年中無休
URL  :
https://www.botejyu.co.jp/


大阪で一番古いお好み焼き屋で東京のこのお店はそのチェーン店。
チェーン店なので、味、サービスにはかなりばらつきがありますが、大阪の文化を知るにはいいかもしれませんね。



ぼてぢゅう 八重洲地下街店お好み焼き / 京橋駅東京駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする