2018年07月19日

デザインが面白くてつい購入


某コンビニでビールでも買おうかなと 🍺

いつもの一番搾りやキリンラガー、スーパードライなどなどとあったんですが、ふと目に留まった 👀 のが、
かわいいカエルさんのイラストが書いてあるこのビール

ipakana18 (1).jpg



ネーミングも 僕ビール、君ビール。 ¥288

って面白いですね

ちょい高かったけど、どんなもんかと買ってみました

製造しているヤッホーブルーイングって会社は、長野県は軽井沢に醸造所を持っており、クラフトビールの製造・販売をしています。

製品には有名なよなよなエールとか、インドの青鬼とか、水曜日のネコとか割と全国的にちょいちょい目にするものや、
ハレの日仙人オーガニック 信州燦燦など、なかなか目にしないものまでたくさんの種類のビールを作っています。

でも、ここまで有名になったらもうほとんど大手に近い感じがするかもね。

種類はたくさんあるんですが、それぞれ味の特徴がしっかりしていて、
こだわりを感じますよ。

そんなわけで、今回はこちらのビールをたまたま購入したので、飲んでみることにしました

缶にはいろいろなセリフが書いてあり、

ipakana18 (2).jpg



飲んでみた感じ、爽やかなホップの苦みが口いっぱいに広がり、
これは IPA に近いものかなと思いましたが、ビアスタイルは缶にも書いてあるけど、「 セゾン 」 タイプなんだとか

i</div>pakana18 (3).jpg



これは知らなかったなぁ...

公式ホームページで調べてみると、

「 SAISON ( セゾン ) 」 は、かつてベルギーやフランスの一部で、夏の農作業の間に飲まれていたと言われる季節限定のビール。「 僕ビール、君ビール。」 はその伝統的なレシピに、現代的なクラフトビールのアレンジを施しました。セゾンの特徴である、酸味とホップの苦みを大事に、クラフトビールファンに人気の、柑橘やトロピカルな香りが特徴のホップを加え、より個性的なフレーバーのビールになりました。
僕ビール、君ビール。の公式 HP より一部抜粋


それですっきり苦み走った味に仕上がっているんですね

使用しているホップは、HBC431 というアメリカのホップで、
よくアメリカスタイルの IPA に使用されているものです。

苦みの中にもフルーティーな香りを少し感じる...っていうか、
フルーティーな香りを楽しんで一口飲むと苦みが口に広がるこのギャップが面白かったですよ

まさに暑い夏にぴったりかも


ちなみにこの、僕ビール、君ビール。の種類は今回購入したもののほか、

僕ビール、君ビール。続よりみち

僕ビール、君ビール。裏庭インベーダー

などがあるそうな。

また見かけたら飲んでみよう。

うーん、ビールも奥が深い


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

ヱビスの高級ビールマイスター


ちょっと飲んでみたくなったんですよね 🍺

通常の飲んでるビールより、若干高めのヱビス

それよりも若干高めMEISTER

meister18 (1).jpg



普通のビール...
( 一番搾りやラガー、スーパードライや黒ラベルなど )

が、¥200 前後で購入でき、ちょっとプレミアム感のある、プレモルやヱビスが、¥220 前後 のところ、

このマイスターは ¥240 くらいとちょっとプレミアム感が高いですね

どんなもんかなと。

缶は落ち着いた高級感あるデザインで、チョコっとザラザラ感のある加工が施されています。

缶には、
匠が結集し造り上げた、ヱビスの最高味。うまみと香りが豊潤なロイヤルリーフホップから生まれた、ふくよかな薫り、研ぎ澄まされたコク。

なんて書いてあるので、期待ができますね

ただでさえおいしいエビスビール

その最高峰なんて書いてるわけですから


グラスに注ぐと何となくモルトの香りが、普通のヱビスより若干強めでした。

味わいは...

通常のビールのようなキレはそんなに感じなく、
まろやかなモルト本来の香りと甘みを感じました。

ホップは控えめという感じで、口当たりはあまり存在感はないんですが、後味に何となく軽やかな苦みが...

何となく南ドイツのピルスナー系のような味わいを感じましたよ

これは、ビアガーデンのようなところでわいわい騒ぎながら、ぐびぐび飲む系ではなく、じっくりと味わって飲んでみたいですね。

シチュエーションを間違えるともったいないかもしれません


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

くら寿司のシャリコーラー


家族で回転ずしへ

最近、子供たちの食べる量も増えてきて、
チョコっといい寿司屋だと破産の危機が...

なのでもっぱら低価格寿司屋でごまかしているんですが、たまーにちょっといい回転寿司屋...

千葉でいうと、海鮮三崎港すし銚子丸スーパー回転すし やまとなんかに行くと、「 いつもと違うね 」 なんて味の違いも分かるようになってきたので、ちょっとヤバいかも...

でも普段はもちろんいつもの回転寿司店

うちの近所には、くら寿司スシローかっぱ寿司はま寿司
4大回転寿司店があるので、チョイスにも若干困るくらいです

今回は比較的予約が簡単にとれたくら寿司

ここはなんといっても5皿ごとにビックラポンっていうゲームができて、当たるとオリジナルグッズがもらえるってのが子供たちにウケるんですよね。

それに、回転ずしで食べる平均皿数が、2017 年の統計では男女合わせて全体で 9.8 皿なんだとか。

ということは、9 皿食べておしまいってところでも、
あと一皿食べたらゲームができるってことで、

「 もう一皿いっとこか 」 ってことにもなるので、なかなかいい考えですね。

そんなわけで、このくら寿司、寿司以外にもいろいろと斬新なオリジナルメニューも提供しているんですが、その中でも気になったのがこれ。

しゃりコーラー

sharicola18 (1).jpg



ま、米を使った清涼飲料水なので、甘酒っぽいのかな?

それに炭酸が入っていて...

酸っぱいかな?

いろいろと考えていたんですが、これはもう飲んだ方が早いということで、オーダー

原材料は、

sharicola18 (2).jpg



はい、お酢もしっかり入ってますねぇ。

炭酸が入っているので、振ってはいけないんですが、固形分が沈殿しているので、ゆっくりとさかさまにしてまた戻して...

グラスに注いで一口飲んでみると、軽めの炭酸と、あのコーラーの香りが微妙に口の中に広がりました。

かすかですが、確実にコーラー

基本は微炭酸甘酒なんですが、それにコーラーの香りが...

なんとも不思議な味でしたよ

結構インパクトはありました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする