2018年10月13日

とれたてホップ生ビール2018


前回でホップの話でたから... というわけでもないんですが、
今回は日本産のホップのお味と香り...
ということでいただいたのがこちら。

キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール2018

toretate18 (1).jpg



ビールに使用されているホップは、世界約 30 カ国で栽培されており、80 種類を超える品種があります。

その中でも日本の大手ビールメーカーが使用するホップは、チェコ産やドイツ産が多いんですが、こちらは日本の岩手県は遠野市で栽培されているホップを使用しています

toretate18 (2).jpg


ibuki という品種で、
キリンビールが地元の農家と研究して開発した品種です

ドイツのザーツ交配品種で日本発祥のホップ品種 「 信州早生 」 に改良を加えた 「 IBUKI 」 は、華やかな香りが最大の特長

強く純粋なフローラルでピュアな香りで、ほんの少し使っただけで個性が出せるホップです

で、通常はビールの原料としてホップを使うときは、乾燥させてぺレット状にしたものを使います。

乾燥は通常 60℃の熱風で行うため、どうしても香りが飛びやすいし、熱による化学変化も起きてしまいます

でもこのビールに使われているホップは、収穫して生のまま 24 時間以内に
-50℃で急速冷凍して生ホップの香りのよさを保つため、-40℃で粉砕後、冷凍保存されます。

もちろん乾燥ぺレットの方がいい場合もあるんですが、キリンのこのシリーズは、遠野産 ibuki のフレッシュな香りにこだわっているため、生ホップを使用しています。

そのため、運搬には冷凍車を使ったり、冷凍倉庫を常備したりとどうしてもコストはかかってしまうんですが、それでもホップの味わいを楽しんでいたこうと、
通常の一番搾りと同じ価格て提供されていますので、この時期限定のこのビール、ぜひ試してみてくださいね

ちなみに
通常の一番搾りと代わる代わる飲んだ方が味わいがより一層わかりやすくなるかもしれませんよ。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

ファミマ限定発売至福の極み


ファミリーマートで見かけたビール

サッポロ 至福の深み

shifuku18.jpg



ファミマとサッポロビールの共同開発です。

ビールの缶にしては非常に珍しいで、ビアサプライズって書いてあり、ちょっと気になったので買ってみました

だいたいビールの缶って、白やゴールドが基調なんですが、その中で紫って結構目立つんですよね👀

鮮烈な苦み、深みある美味しさ

ということで、2018 年 10 月 2 日に、ファミリーマート限定で発売されました

ビアサプライズシリーズには、

第1弾
2016 年 6 月 14 日に発売された、至福の苦み

第2弾
2017 年 1 月 17 日に発売された、至福のコク

第3弾
2017 年 8 月 1 日より発売された、至福のキレ

と続き、こちらが第4弾なんだそうです。

前の3種類は飲んだことないんですが、見かけたら飲んでみよう。

って、もうないよなぁ...

で、こちらのビールですが、過去のシリーズ、
「 至福の苦み 」 と 「 至福のコク 」 の特徴を両立した、秋らしい味わいということだそうですが、過去の両方の味を知らない僕にとってはどうでもよく、ま、とりあえず飲んでみよう

口に含んだ瞬間、
ビールの香り、ホップの苦みをすごく感じることができました

IPA のようなすさまじい苦味ではなく、あくまでもラガービールの中での苦味が強いって感じですね。

苦味を強く前面に出すんではなく、バランスの良い苦味ということで、
おそらく往年のビールファンの方々にはかなり受け入れられるかもしれません

ホップは、ドイツ産のビールでよく使われる、苦みが特徴のヘラクレス

同じく、ドイツ産のビールや、また IPA などにもよく使われる、アロマホップの一種ではありますが、苦みも程よく効いている、ハラタウ・トラディション

こういったホップは、日本の大手ビールメーカーではあまり使用しませんね。

どちらかというとクラフトビール業者でたまに使われている程度です。

そんな特徴的なホップ二種類を使っており、日本のビールで代表的なチェコ産のファインアロマホップを混ぜてないところにも、苦みに対するこだわりがあります

ただ苦けりゃいいってわけではない、大切なものがね。

かといって、IPA のように苦みを全面的に出してなくてさっきも書いたように、
あくまでもラガービールの範疇で苦味を特徴としているところにこだわりがあります

タイトル通りの深みを感じさせていただきました

そんなわけで、苦み走った大人のビール...

( ってビールは大人の飲み物ですよ )

クラシカルなビールがお好きな方はぜひ試してみてくださいね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

激安中華料理店でプチ飲み会


今回は仕事仲間と茅場町の激安中華料理店での飲み会

行ったお店は、莫龍 日本橋店

bakuryu18 (1).jpg



このビルの3階です

1階、2階と同じような中華料理店が入っていて、そこはまだ僕も行ったことないんですが、どうなのかな?

このお店はランチにも何回か行って、
だいたい定食が ¥500 〜 ¥700 くらいの価格帯

これにミニラーメンと言われているが、
実際は通常のラーメンの8割くらいのサイズのをつけたら、+¥150

で、ご飯大盛りおかわり自由という、
とてつもなくがっつり食べることのできるお店なんです

で、夜...

相変わらず怪しい階段を少し上って...

bakuryu18 (2).jpg



こんなところ、
知らないとあまり近寄りたくないオーラを出していますよね。

そしてエレベーターで3階へ

bakuryu18 (3).jpg



店内はほんと、食堂って感じです。

bakuryu18 (4).jpg



通常はガラガラっぽいんですが、たまにどこかの会社の宴会なんかが重なってくると、結構混み合います。

ランチ時は行列とまではいかないけど、とても混み合いますよ。

で、まずはビールから

bakuryu1-18.jpg



コースメニューでは、

火鍋コース 2時間食べ放題飲み放題・・・¥2,500
とか
中華 120 種全品2H食べ飲み放題・・・ ¥2,700
( ※土日祝日のみ1時間延長無料 )

とか
常識では考えられない価格帯のメニューのオンパレードです

東京のど真ん中でこんなしてやってけんの?

と、余計な心配もしたくなりますが...

でも今回は、ここの餃子を腹いっぱい食べたいということで、単品アラカルトで。

単品も安いですよ。

例えば、このエビマヨがボリュームたっぷりで¥300

bakuryu18 (5).jpg



あとは写真しっかり撮らなかったけど、

鶏のから揚げも通常のお店で出てくる量で、¥300

ピータン豆腐キムチ¥100

青椒肉絲¥650

そして、我々仲間の間ではここの名物って言ってるのが、焼き餃子

これがなんと一個 ¥39

bakuryu18 (6).jpg



皮はぶ厚めで食べ応えあり。

お腹いっぱいになるんですが、なぜかやめられない味なんですよね

そんなわけで、
とっても怪しそうなビルの中にある怪しげな値段設定の中華料理店

知ってればとても安心して食べられますよ

なんか、こんな店、大阪の新世界辺りにはいくつかありそうな気もしますけどね。

ただ難点が、調理場とホールがつながっていて、換気がしっかりできておらず、
店内に油の煙が充満しているってこと

怪しげな臭いが服に着くので、ランチ・夜共にちょっと気を付けないといけません

なので、我々はいつも窓側の席に座って、窓を全開でいただいています。

これから冬場になるとちょっと辛いかな?

でもその時は、窓全開でアツアツの鍋もいいかもしれませんね


お店
名前 : 莫龍 日本橋店
住所 : 東京都中央区日本橋兜町 10-6 日本橋中央ビル 3F
TEL  : 03-6661-1968
営業時間 : 11:00 〜 14:00 / 16:30 〜 24:00 【 月 〜 土 】
定休日 : 日・祝日
URL :
https://bakuryu.owst.jp/


東京メトロ 日比谷線・東西線 茅場町駅 11 番出口、東京メトロ 東西線・銀座線、都営浅草線 日本橋駅 D2 出口より徒歩2分。
雑居ビルの中にある中華店です。ランチも夜も激安で提供してくれ、味はそこそこですが、それ以上にコスパの素晴らしいお店です。店内に充満する油の煙が難点ですが、仲間とワイワイと騒ぐにはいいお店です。



莫龍中華料理 / 日本橋駅茅場町駅三越前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | アジアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする