2018年12月27日

ダナンで大人気のチョコレート


フエで二泊して、そのあとは車で中部ベトナムでは一番人気と言われている、ホイアンの町へ

途中、飛行機で到着したダナンの町を通過しました。

ちょうどフエを出発して2時間ほど走ったとこでダナン。

休憩するのにちょうどいいタイミングですね

ダナンのメインストリートの一つである、チャンフー通りに差し掛かったところで、
最近人気のチョコレート店があるということで、ちょっと立ち寄ってみました

お店は、Pheva

vietnam18 (119).jpg



ちょっとガラスで反射しましたが、なかなかおしゃれなお店ですね

何となく、パリの...

ロサンゼルスの...

ミラノの...

一角にありそうな店構え

ドアを開けて入ってみると、

vietnam18 (118).jpg



「 いらっしゃいませ〜」

と日本語が...

日本人の観光客にも人気で、ネットや口コミなどで広まっているんだとか。

Pheva は、2012 年にフランス人のヴィンセントさんと、ダナン出身でベトナム系フランス人であるナム・フーンさんの2人がフランスで出会い、ダナンに戻って興した事業がこのチョコレートショップだったわけです。

ベトナムの南部にある高原地帯、ダグラク州では前にも記事に書いたコーヒー豆の栽培も盛んなんですが、フランスの植民地時代にはカカオ豆の栽培もおこなわれていました。

でも、ベトナム戦争のときにカカオ豆産業は廃れてしまいましたが、2000 年になって家族規模でちょこちょことカカオの生産が復活し始めてきました。

それに目を付けたお二人は、ベトナム産のカカオの品質を確認したうえで、この地で Pheva をスタートさせました。

日本とのかかわりもあり、2016 年の秋、
そごう大宮店の地下食品街に日本1号店がオープンしたそうです

今はもう無くなってしまいましたけど...

そして 2017 年のバレンタイン直前に同デパートで行われる、チョコレートフェスティバル 2017 では、

バルセロナの 「 カカオサンパカ 」

ベルギーの 「 GODIVA 」「 ピエール・マルコリーニ 」

オーストリアの 「 DEMEL 」

などといった、日本でもおなじみのチョコレートショップと一緒に出展されたそうです。

その時期に合わせて来日した二人は、日本の接客マナーなど学ぶことも多かったそうです。

特にお店に入って、いくつかのチョコレートを試食させてくれるってのがいいですね

なかなかベトナム産のチョコレートというと、どうしてもフランスやベルギーなどと比べて知名度がなく、

「 どうなんやろなぁ...」

って思ってしまうんですが、試食させていただくと、なかなか面白いフレーバーもあったりしますが、正統派のチョコレートだということがわかったりして、買いやすくなりますよ

フレーバーはバリエーションに富んでますが、種類もお値段もシンプルだし。

vietnam18 (117).jpg



基本は正方形の板状のチョコレート、カレと言われているものがメインで、それにいろいろなフレーバーが。

基本は、ココア 65% の " ダーク "

ココア 36% の " ミルク "

ココア 40% の " ホワイト "

それにシナモン入りとか、ブラックペッパー入り、ピスタチオ入り、ジンジャー、オレンジペール、セサミ&ピーナッツ入りなど、18 種類のフレーバー

で、お値段は6枚好きなものを選び好みのパッケージに詰めて、50,000₫

12 枚だと、80,000₫

24 枚で、240,000₫

40 枚で、400,000₫

ちなみに、ベトナムの通貨、1ドン ( 1₫ )日本円で約 0.005 円 となります

なので、50,000₫ は、¥250

80,000₫ は ¥400、240,000₫ で ¥1,200、400,000₫ では ¥2,000 とこんな感じになります。

手軽なお土産で、そこそこおいしくって、珍しくって...

で、なんといっても現在日本では特別なフェアを除いて、また、
ネット販売を除いて手に入りませんので、いいお土産になりますよ。

パッケージもおしゃれですしね

このお店のコンセプトは、革新的なチョコレートと、パッケージング

とことんシンプルでおしゃれにこだわっています。

このお店のお客さんの多くが日本人観光客や在住者だということもあり、常時、日本語のできる店員さんがいるそうですよ。

ダナンの観光、またはホイアン、フエの観光途中にちょこっと立ち寄ってもいいかもしれませんね。

また、このお店のとなりやお向かいにも
日本語が通じるお土産屋さんがありますので、お買い物のはしごもできます


ちなみに、フランスの技術も入っているチョコレート。

日本ではまだまだベトナムのチョコレートという知名度が低いのか、それともベトナムのチョコレートと表記したら売れないと意識したのかどうかわかりませんが、そごうで売られたときは、フランスのチョコレートとして紹介されていました。

本当にわからなかったのか、それとも意図的なのかはわかりませんが、ちょっと残念 な気がしましたねぇ...


お店
名前 : PHEVA DA NANG store 1
住所 : 239 Tran Phu street, Da Nang, Vietnam
TEL  : + 84 (0) 236 3566 030
営業時間 : 8:00 〜 19:00
URL  :
 http://www.phevaworld.com/


ベトナム産のカカオをフランスの技術で仕上げたチョコレートショップです。
ダナンの中心地のほか、ダナン市内にもう一店、ホーチミン、ハノイ、ホイアンに各1店舗とベトナム国内の実の店舗展開ですが、日本人観光客にも人気のお店です。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする