2019年04月29日

日本で登録 WeChatPay


中国では現金はほとんど流通していない

モバイル決済が主流

っていうニュースをいろいろなところでやっているけど、実際はどうなのかな?

というわけで、中国、それも最先端の町と言われている上海に行くにあたって、せっかくなので中国で人気のモバイル決済を試してみようと思いました

現在の主流は、 Alipay ( 支付宝 )

と、WeChatPAy ( 微信支付 )

両方とも中国人向けで、外国人観光客向けではないのでちょっとハードルが高いけど、とりあえずやってみようと

いろいろ調べてみたら、Alipayの方は外国人では設定できないそうなので、WeChatPayで試してみることに。

まずは自分の iPhoneにアプリをダウンロード

そして設定ですが、本人確認で外国人の場合はクレジットカードの登録が必要となります。

で、クレジットカードを登録しても、日本で発行のカードからは入金はできず、
あくまでも本人確認のみ

ま、ID 代わりですね。

では入金はどうするのか?

中国人は銀行のアカウントを登録することによって、簡単に入金できるんですが、
外国人には無理...

で、調べてみると、こんな情報がありました。

日本の数カ所に、Pocket Changeって機械があって、海外で余ったコインを電子マネーに交換することができると。

対応している通貨は、

お札・コインともに対応しているのは、

USD ( 米ドル )

EUR ( ユーロ )

CNY ( 中国元 )

KRW ( 韓国ウォン )

JPY ( 日本円 )


お札のみ対応しているのは、

HKD ( 香港ドル )

THB ( タイバーツ )

TWD ( 台湾ドル )

SGD (シンガポールドル )

VND ( ベトナムドン )


とまぁ、一般的な日本人がよく行く国は網羅してますね

それをチャージできる電子マネーは、

suica や pasmo、icocca などの交通系電子マネー

楽天Edy

App Store & iTunes ギフトカード

Amazonギフト券

WAON

nanaco


その他海外のいくつかの電子マネーにも変換できるんですが、その中にありました。

WeChatPay

というわけで、やってみましょう


機械のある場所は、羽田空港国際線ターミナルの2回到着フロア

出口を正面に見て左の方にひっそりと1台だけあります。

こんな機械。

wechat19 (6).jpg



タッチパネルになっていて、

wechat19 (1).jpg



まずスタート

外貨を日本の電子マネーにチャージする場合はここから選ぶんですが、

wechat19 (2).jpg



今回は日本円から WeChatPay にチャージするのでここから選択。

wechat19 (3).jpg



一番右にありますね

選択したらお金を入れます。

wechat19 (4).jpg



今回は実験的なこともあり¥500 だけ

wechat19 (5).jpg



で、確定をタッチしたらレシートが出てきます。

wechat19 (12).jpg



この上にある QR コードを WeChatPay のアプリで読み取るんですよ。

wechat19 (13).jpg



読み取ったらこうなって...

wechat19 (8).jpg



パスポート番号や名前、携帯番号などを登録して

しばし待つ

wechat19 (14).jpg



完了

wechat19 (10).jpg



無事 26 元と 9 角 9 分がチャージされました

実際支払う時は、この画面からバーコードを表示したりするんですよ。

wechat19 (11).jpg



というわけで、思ったより簡単にチャージできました。

レートは、¥50026.99 だったので、

1元はだいたい 18.52 円

手数料を引かれても、日本の銀行で両替するよりかなりお得で、中国で両替するのとほとんど変わらないレートでした。

これで準備は OK

この後

どんくらい使えるか?

手持ちの人民元をモバイルにするにはどうしたらいいか?

日本円を現地でモバイルにするにはどうしたらいいか?

まだまだ課題はたくさんありますが、現地に行っていろいろと試してみますよ



ちなみにこの POCKTCHANGE って機械、
余った外貨を寄付することもできます

有意義に使ってみてくださいね。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

穴守稲荷駅近くで軽ーく一杯


今回の訪問先は、
中国は上海の1泊2日という超ハードスケジュール

朝もはよから羽田空港に行かないといけないので、うちから始発に乗って行ったら間に合わん...

というわけで、羽田空港近くのホテルに宿泊

空港内のホテルだと、超便利なんですが、なにぶんお値段が...

というわけで、比較的近い京浜急行線の穴守稲荷駅近くのホテルに宿泊


この日は午後ずーっと講義で話しまくっていたので、のどがカラっから...

お腹もペコペコ...

そんなわけで、ホテルにチェックインした後すぐ近くの居酒屋さんに行きました

ちょっと気になっていたところなんですが、ここ。

IMG_5453.jpg



何となく知ってないと入り辛そうな入り口なんですが...

IMG_5452.jpg



中はどうなってるのかな?

なんて思いながらおそるおそる戸を開けて中に入りました

中はカウンターとテーブル席

IMG_5446.jpg



そして奥には割と広めのお座敷があって、僕が入った時はカウンター&テーブル席には人はいませんでしたが、奥では何人かの集まりがあってちょっとした宴会をされていました

お座敷の見えるところにはこんなのもありましたよ。

IMG_5447.jpg



というわけでまずはビール🍺を飲んで、つまみを何にするのかいろいろとみて...

IMG_5449.jpg



ウリお魚料理ということだったので、お刺身を軽く盛ってもらいました

IMG_5450.jpg



やっぱりうまいですね。

ビールの後に日本酒も飲みたくなってきたけど、この後やんなくちゃいけないことが多々あったので、軽くこれだけにして引き上げました。

ゆっくりと1時間近くはいましたけどね。

おいしいお刺身を飲みながら、ビールを飲みながら
翌日からのお仕事の空想...シミュレーションを頭の中でしながら。

というわけで、翌日は早朝から羽田空港へ Go!


九重居酒屋 / 穴守稲荷駅整備場駅天空橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

自分で作るサクサク最中


京都でジミ〜に流行ってる お菓子です

井村屋の

自分で作るサクサク最中

こんなパッケージで
ごく普通の市内にあるスーパーに売っていました

monaka19 (1).jpg



最中ってのは、餅から作った皮で餡をくるんだものなんですが、餡には水分があるのでしっとりとした食感になりますよね

それを別々に梱包して

食べる直前に餡をはさむってもの。

面白そうなので買ってみました

食べ方は箱の横に書いてあります。

monaka19 (2).jpg



商品説明は反対側に...

monaka19 (3).jpg



箱の中身は

monaka19 (4).jpg



この最中の皮にアルミパッケージの中に入っている餡を絞り出していきます。

こんな風になりました

monaka19 (5).jpg



そしてはさんで出来上がり

monaka19 (6).jpg



皮のサクサク感がいいですよ。

どうしても耐久性を上げるために、皮が分厚くなってしまいますが、その分餡が多めに入ってるみたいなので、たっぷり挟んで食べてみてくださいね

これに餡をはさまずに、バニラアイスをはさんだら、
サクサク感のあるアイス最中になりますかね。

やったことないけど...

アイス最中のへなへな感に絶望している人は是非それも試してみてくださいね


この最中、普通のスーパーに ¥168 で売ってるので、このお値段もうれしいです。

関東ではまだ見かけてないので、ちょっとした話のネタに買ってみるのも面白いかも...ですよ。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本お土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする