2019年05月11日

❝ 渚の駅 ❞ たてやまに立ち寄り


今回は実家の両親が千葉に来たので、プチ旅行に出発。

前々から予定を立てていたらよかったんですが、
急に思い立ってどっか無いかな...

というわけで、両親も歳をとって長距離ドライブもちょっと大変だったので、
近場の房総半島方面へお出かけしました

家を出てお昼ごはん時に寄ったのが、こちら。

❝ 渚の駅 ❞ たてやま

boso19 (14).jpg



相変わらず何の下調べもなく寄ったのですが、ここは大きく分けてお土産物屋さんコーナー&お食事処と、展示場の二つのエリアがあります。

まずは、展示場のエリアから。

boso19 (11).jpg

boso19 (13).jpg



ここは平成 27 年 12 月 2 5日に、「 館山ふるさと大使 」 である「 さかなクン 」『 ❝ 渚の駅 ❞ たてやま 』 の名誉駅長に就任したそうです。

boso19 (10).jpg

boso19 (6).jpg



その時にできたのがさかなクンギャラリー

boso19 (7).jpg



そしてこちらは渚の博物館

boso19 (9).jpg



館山市立博物館分館という位置づけで、房総の海と生活をテーマとして、漁業に関する文化や漁民の生活を知ることができる展示スペースです。

昔の漁業風景、万祝や漁船など国指定文化財を含め、3,144 点などが収蔵されています。

さて、そこの奥は、館山夕日桟橋がずーっと続いています。

boso19 (15).jpg



桟橋形式では、日本最長

平成 22 年 4 月に完成した海岸通りから先端まで 500m もある桟橋です。

その先からは大型客船や高速ジェット船、海中観光船も着岸します🚢

この反対側、土産物屋さんコーナー&お食事処の奥は、海辺の広場といって、約 40㎥ の 「 磯場の水槽 」 では館山湾に生息する魚や生き物がお出迎え

boso19 (1).jpg



側面がガラスになっていて、水中もきれいに見えます

boso19 (3).jpg

boso19 (4).jpg



この先は、潮の干満を人工的に再現した潮だまりコーナーがあり、干潮時には浅瀬に残された生き物が観察できる場所もあります

実際にナマコやヒトデなんかを手に取ってみることもでき、子供たちも大騒ぎでした

毎日 14:30 からは、エサやり体験を実施しているそうですが、そこまでゆっくりしているわけにはいかず、この後お昼ご飯を食べに行きました。


ちなみにここに置いてあった資料の一つに興味深いものが...

魚へんの漢字一覧で読めるのあるかな?

ま、この辺りはだいたいわかりますね。

鮪、鰯、鱈、鯉、鮭、鰹、鰈などなど

そしてちょっと難しくなって、

魛、鰆、鯰、鯔、
鰤、鮗、鯥
とか

そしてこれは聞いたことある魚だけど、こんな字書くんやってレベルで、

鰌、鱮、魳、鮠、𩸽、
鱚、鯎、鱪、鯒、鯊


ここまで来たら、魚自体そんなのいるんやというレベル

魦、鯐、鰖、

こんなのパソコンの変換でも出てこないというレベル

D、鱓、鮚


では解答を。

一番上の列はいいですね。

次は、

【 タチウオ 】【 サワラ 】【 ナマズ 】【 ボラ 】
【 ブリ 】【 コノシロ 】【 ムツ 】


その次

【 ドジョウ 】【 タナゴ 】【 ブリ 】【 ハヤ 】【 ホッケ 】
【 キス 】【 ウグイ 】【 シイラ 】【 コチ 】【 ハゼ 】


ほんでもって

【 イサザ 】【 スバシリ 】【 タカベ 】

最後が

【 オオボラ 】【 ウツボ 】【 カラスガイ 】

もう当て字のレベルですね。

というわけで、まだまだ感じありましたが、皆さん読めましたか?


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする