2019年06月06日

昔よく行った餃子の王将椥ノ辻店


さて、この日は伝統的な京料理のお店

餃子の王将 椥ノ辻店

はい、餃子の王将、京都で生まれて京都で育って、現在は全国区になっている中華料理店です

ここも僕の子供のころ、ちょいちょいお世話になったお店で、
コマーシャルでもほぼ毎日見ていましたね。

「 食は王将にあり 」

・豚肉1日 7,000 キロ

・鶏肉1日 3,000 キロ

・生卵1日 50,000 個

・キャベツ1日 20,000 個

・玉ねぎ1日 30,000 個

・餃子1日 1,000,000 個


「 食は万里を超える 」


ってフレーズを知ってる人は、まぎれもない京都人です

そして有名なのが、王将語ですね

これについては過去に記事で書いたので、それ見てもらって...

そういえば、どーでもいい話なんですが、千葉の僕んちの近くにある餃子の王将に行ったら、なんか違和感があったんですよ

メニューも味も店内の雰囲気も王将で、

特に餃子の味なんか典型的な王将の味なんだけど、なんかちょっと違う...

帰り際に気づいたんですよ

王将語が飛び交ってない...

オーダーは、昔は伝票に手書きで書いていて、オーダーを通すときに調理場に大声で、

ソーハン ソーメン イー

とか

イーガーコーテー

とか叫んでいたんですが、それがないんです

コンピューター化して、ハンディターミナル ( 電子オーダー機 ) を使ってるので、オーダーの声は飛び交ってないんです。

なんかちょっと寂しいですね

でも、本場京都は、ハンディターミナル使ってるにもかかわらず、
しっかりと大声の王将語、飛び交ってます

やっぱり昔ながらのファンだとこうでなくっちゃね

店内はめちゃキレイになっていて、これもちょっと違和感があるんですが、ま、きれいにこしたことはないですけど。

でもレイアウトはほぼ昔と変わってなくって、一階部分は中央にでかい調理場があって、その周りがカウンター

kyo1-19 (14).jpg

kyo1-19 (16).jpg



というわけで、僕の中での定番の天津飯¥440を。

kyo1-19 (19).jpg



関東だと、

甘酢・塩・京風

と、あんかけの味が選べますが、京都では一種類のみ

となると、京風が出てくると思いますよね

でも、実際出てくるのは甘酢です。

両方知ってる人にとってはちょっとややこしい

お値段は、関東より ¥40 安いです。

そして餃子¥220

kyo1-19 (20).jpg



これも関東より ¥20 お安い設定になっています。

やっぱり餃子は王将かな?

この味が一番慣れ親しんだ味です。

ちなみに...

京都人にとって、もう一つ有名な餃子専門店があります

大阪発祥のお店で、aa

そういえば最近全然行ってないなぁ...

昔は、餃子といえば、王将派aa派とに大きく分かれていたんですけどね

っていうか、そんなに選択肢もなかったもんで...

このお店、都内にも何店舗かあるみたいなので、今度行ってみよう


お店
名前 : 餃子の王将 椥ノ辻店
住所 : 京都市山科区椥辻草海道町 12
TEL  : 075-593-8080
営業時間 : 11:00 〜 0:00 【 月 〜 土 】
11:00 〜 22:30 【 日・祝日 】
年中無休
URL  :
http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/1020/


京都市地下鉄 東西線 椥辻駅の北側出口より徒歩3分。
安い・早い・旨いという昔ながらのコンセプトで営業を続けている直営店です。昔は学生やガテン系の人たちが多く集まっていましたが、リニューアル後は家族連れやカップルなんかにも人気があります。ここに来たら餃子は外せませんよ。



餃子の王将 椥ノ辻店中華料理 / 椥辻駅東野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











ラベル:餃子 王将 京都
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする