2019年07月12日

町の有形文化財旧高畠駅へ


お昼半を食べた後は、高畠の町に行ってみることにしました。

町のちょっと外れに道の駅があって、その近くには、この地方の石、
高畠石を使った清水前古墳や、いくつかの洞窟がありました。

そんなところをちょっと見た後、車で中心地へ

山形県南東部にあるこの高畠町は、まほろばの里と呼ばれています。

「 まほろば 」 というのは、古事記などにみられる 「 まほら 」 という古語に由来する言葉で、

丘や山に囲まれた稔り豊かな住みよいところという意味をもっているそうです

のどかなこの町ですが、明治時代にはこのあたりにたくさんの製糸工場ができました。

大正 11 年になると、その製糸、鉱石をはじめ、農作物や人々を運ぶために、
山形交通高畠線ができました

昭和 49 年に廃線になった後、旧線路は「 まほろばの緑道 」 というサイクリングコースになっていて、そのコースのところどころに昔の鉄道の名残があります

その中の一つに立派な駅舎がありました。

旧高畠駅

yamagata19 (16).jpg



昭和9年に、この地域の名産である高畠石を使って建設されたそうです。

黄土色でがっしりとした建物は、どことなくイギリスの田舎の建物を思い出しますね

yamagata19 (24).jpg



駅前にあるレトロなポストも現役です。

どことなくタイムスリップしたような...

この建物は、国の登録有形文化財に指定されていますよ。

yamagata19 (17).jpg



廃線後は、山形交通バスの高畠待合所として使用されてきました。


この駅舎の隣には、当時活躍していた電車と機関車が並んでいました

こちらが、廃線のときまで活躍していた山形交通のモハ1型

yamagata19 (18).jpg



昭和4年に日本車両からデハニ1型として送り出されましたが、昭和 34 年に荷物室を客室に改造され、モハ1型となりました。

yamagata19 (20).jpg



運転台は2ハンドル

yamagata19 (25).jpg



昔、小学生頃にみた、市電の古い車両の運転台に似てるなぁ...

その横には、ワム 201 型の貨車

そしてその隣には、昭和4年の川崎車輌製である、凸形のED1 型電気機関車がありました

yamagata19 (21).jpg



この形の電気機関車は同じ運転席で前後どちらでも動かすことができるんですよ。

というわけで、ちょっとレトロな空間にタイムスリップした瞬間でした。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

サクランボのシーズンに山形へ


うちの子供が春先の修学旅行で山形の農家にお世話になり、

「 今度サクランボの季節にまたおいで 」

って言われて、ずっと行きたいといっていたので、6月の末、たまたま日が合ったのでみんなで行ってみることにしました

1泊2日分しか取れなかったので、土曜日の早朝、5:00 に家を出発

一路、山形県は高畠町へ。

山形に行くには、現在、東北中央自動車道が伸びているので、行きやすいですよ

途中、ドライブインにちょいちょい止まってまずは第一目的の、

よねおり観光センターへ。

yamagata19 (6).jpg

yamagata19 (5).jpg



ここはうちの子供も、修学旅行のときに立ち寄ったそうで、そんなに日は経ってなかったけど、

また来れてうれしい...


なんて言っていました。

家からは約 340km なので、
パリ → モンサンミッシェルよりちょい近い距離かな

ま、あの距離を日帰りで観光するのが流行ってるので、全然行けないけない距離ではないんですが。

というわけで、思ったより順調で10:30 にはここに到着

まずは中の物産店を覗いて...

yamagata19 (1).jpg

yamagata19 (2).jpg



結構面白いものがたくさんありましたよ

お米も結構有名らしく、いろいろな種類が売っていました。

特に、山形の雪若丸つや姫など、千葉ではあまりなじみのないお米もあったんですが、試食が無かったので何とも言えませんねぇ。

また、べに花のシーズンということもあって、観光案内所の前にはきれいなお花が咲いていました。

yamagata19 (4).jpg



いろいろと見てまわった後、ちょっと早めのお昼ご飯ということで、同じ敷地内のレストランへ。

よう山亭

yamagata19 (7).jpg



お店は何となく本格的なつくりです

yamagata19 (8).jpg



ちょっと早い時間ということもあって、店内はガラガラ

ここでいただいたのは、牛とじ定食¥1,850

しばらくしてお食事登場

yamagata19 (9).jpg



メインの牛とじ鍋はぐつぐつといっていておいしそう...

yamagata19 (10).jpg



あ、動画🎥の方がわかりやすいかな?




それ以外にも、小鉢におかひじきがあって、シャキシャキした食感はなかなかいい歯ごたえでした

ご飯は、山形県産のつや姫

日本全国で作られているこしひかりなどに比べて、アミノ酸含有量が若干多いらしく、その分旨味、甘みが少し感じられます

ご飯をしっかりと噛みしめていただきたいですね

それに光の反射の関係か、白く輝いていて、見た目もおいしそうでした

なかなか写真ではうまく撮れなかったけどね

というわけで、ここで腹ごしらえをした後は、せっかくなので高畠町の方へ行ってみました


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

夏の到来を告げる京都の銘菓

6月の京都のお菓子といえば、これ

minazuki19 (5).jpg



京都ではその辺のコンビニでも売っているほどメジャーなんですが、ここ千葉ではまず見たことないです

ほんとたまたま見かけて購入したこのお菓子は 「 水無月 」

通常は 6/30 にいただくものです。


水無月は、直角三角形に切った和菓子で、
ういろうに小豆をのせて固めたもの

水無月というのは暦上で6月のことを指しますが、その名前がお菓子に付けられたのはこんな由来があります

室町時代に宮中で行われていた行事で、旧暦の 6/1 に氷を食べ、暑気払いをしていたと言う風習がありました。

しかし庶民の方々は高級品である氷を入手することはできなかったので、その代わりとして、氷に似たお菓子を食べて、暑気払いをすることになりました。

それが和菓子である水無月の始まりということです。

三角形の形は氷のかけらや氷の角を表し、小豆は邪気払いや悪魔祓いという意味でのせられています。

本物の氷が手に入らない庶民の知恵で、水無月を食べることにより暑い夏を乗り切ると言った由来があったんですね。

元々は 6/30 に食べるんですが、この日は一年のちょうど真ん中で、古くから 「 夏越の祓え 」 や 「 水無月の払い 」 などの行事が行われていました。

その一環として水無月は食べられるようになったそうです。

邪気を夏越の祓いできれいに取り除き、後半の半年間を無事に健康に過ごすことができるよう祈祷する行事の夏越の祓えは、蒸し暑い京都の一般家庭ではなじみのある行事だったそうですよ

そんな水無月、今までは何となくコンビニや和菓子店、スーパーなどで探していたんですが、無かったんです

今回、ほんとたまたま、北習志野のとある和菓子屋さんで見かけて思わず購入。

minazuki19 (1).jpg



箱を開けると懐かしのものが...

minazuki19 (2).jpg



千葉でも食べることができて嬉しいです。

そういえば、以前、JR の西船橋駅構内で、京都物産コーナーという仮説の売り場が出ていました。

ちょうど6月くらいだったかな?

おたべやお抹茶のいろいろなお菓子、お漬物などもありました。

残念ながらその当時は、応仁の乱以来の衝撃である、
京都ブラックサンダーは売ってませんでしたが...

で、せっかくなのでお店の人に、

「 水無月ってあります 」

って聞いてみたら、

「??? なんですか ???」

という返答が。

これは偽ものの京都のお店かな?

京都人だったら誰でも知ってるのにね。

というわけで、関東ではほぼほぼ食べられないと思ってはいたんですが、今回見つけられてうれしかったですよ。

調べたら、複数の和菓子屋さんで、受注販売で売ってくれるとか...

ま、そこまでして食べるほどのものでもないんですが、たまたま見つけて食べられてよかったですよ。


ちなみにこの水無月の材料になっているのはういろうです。

これ、名古屋のお菓子ってイメージがありますが、本来の発祥は京都らしいですよ。

あまり知名度はありませんが...

こちらのお話はまたの機会に書いてみますね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする