2019年07月02日

モントレー最後の夜はシーフード


全てのイベントが終わって、スタッフともどもほっとして...

翌日は、僕と数人は帰国、他の人たちは他の場所へ行ったりとばらばらになるので、最後はみんなで夕食へ

総勢 10 名だったかな?

時間が読めなかったので、直前にいけそうな時間に予約を入れてお店へ。

行ったところは、フィッシャーマンズワーフの中にある、

Domenico’s on the Wharf

hideki19 (158).jpg

hideki19 (157).jpg



海に面したところで、なかなかシックで雰囲気のいいところですよ

hideki19 (155).jpg


高級っぽい店内なんですが、ここでもみんなでシェアしようと、いろいろなものを注文しました。

まずはこの地に来たら外せない名物である

クラムチャウダーCup $8.50

hideki19 (144).jpg



これはさすがにシェアしづらいので、ミニサイズを一人一人注文して。

さすがに濃厚でおいしかったですよ。

パンと一緒にね

hideki19 (145).jpg



この後は、みんな思い思いのものをテキトーに注文したので、
誰が何を注文したのか全然わかんなくなりましたが、とりあえずこんなもんを。

Fried Calamari$15.95

hideki19 (143).jpg



ビールのおつまみにいいですね

Crab Cakes$18.95

hideki19 (148).jpg



オシャレに盛り付けられてきました

これ、前菜の項目にあったんですが、小食の人ならこれだけでおなかいっぱいになりそうな量です

Cioppino$34.50

hideki19 (151).jpg



お魚数種、アメリカイチョウガニ、エビ、ホタテ、ムール貝、イカ、あさりなどをトマトベースのブイヨンで煮込んだものなんだそうです。

ウェイターのお勧めで注文しましたが、いい出汁が出てました

具材もおいしかったんですが、
この出汁をパンにしみこませていただくのもすごくいいですよ。

で、お肉もいただこうと、

Bone-In-Rib Eye Steak$50.95

hideki19 (149).jpg



22オンス ≒ 625gのアンガス牛のステーキ

これも一人前だとこれだけでおなかいっぱいなんですが、みんなでシェアなので、一人一口分ずつくらいなので、楽しいです。

アメリカ人だと、一人でがっつりいただかないと食べた気がしないなんて言っていますが、我々日本人はいろいろなものを少しずついただきたいですからね

Smoked Salmon Ravioli$24.95

hideki19 (146).jpg



濃厚ソースでいい感じ。

(5) Deep Fried Prawns$28.95

hideki19 (147).jpg



早い話がエビフライね。

これは日本の方がプリプリしておいしいことはおいしく感じそうですが、こちらのはアメリカンでアメリカ料理としていただくにはいいかも。

でもちょっと揚げすぎで苦みを感じてしまいましたが、

そんなわけで、みんなでワイワイととてもおいしく頂きました。

最後はデザート

僕はティラミスをいただきました。

hideki19 (153).jpg



サイズはアメリカンででかかったのですが、
味はアメリカっぽくなくそんなに甘くなかったので、1個普通に食べられてしまいました。

その代わり、食べた後おなかいっぱいで苦しくなりましたけどね。

そんなわけで6連泊したモントレーのホテルともこれでお別れ

またこの地に来ることはあるのかなと思いつつ、最後の夜を過ごしました


お店
名前 :  Domenico’s on the Wharf
住所 : 50 Fishermans Wharf #1 Monterey, CA 93940
TEL  : ( 831 ) 372-3655
営業時間 : 11:00 〜 21:30
年中無休
URL  :
http://www.domenicosmonterey.com/


モントレー、フィッシャーマンズワーフの奥にあり、海に面して雰囲気のいいカジュアルシーフードレストラン。2015 年には、モントレーベストレストランのトップ 10 に入ったという、実力派レストランです。いつも賑わっているので、予約をしてゆったりと食事を楽しんでください。


Domenico’s on the Wharf西洋各国料理(その他) / サンフランシスコ空港(SFO)周辺)

夜総合点★★★☆☆ 3.5




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | アメリカの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする