2019年07月18日

赤湯温泉でラーメンを食べる


今回の山形の旅のもう一つの目的

赤湯温泉でラーメンを食べる

というわけで、旅館に宿泊なんですが、特に夕食もつけず ( あ、朝ごはんは付けましたよ )、夕食は町の中のラーメン屋へ

山形県は知る人ぞ知るラーメン激戦区で、ご当地ラーメンの宝庫なんて言われるほど、県内の地域ごとに独創的なラーメンが存在しています。

喜多方や、札幌、長浜のように知名度がそこまであるわけでもなく、
これといった定義もないんですが、有名なんですよ

平成 29 年総務省家計調査では、
ラーメン消費量 ( 外食 ) 日本一 に3年連続で輝いているとかで、これはラーメン好きの僕にとっては外せない場所なんですよね

そういえば、今まで山形の高畠町、川西町と車で走っていたけど、結構ラーメンの看板を見た気がします

ふらっと入ってみたかったんですが、ここは夜に赤湯温泉でラーメンって決めていたので、我慢してここまでたどり着きました

んで、ここ赤湯温泉ですが、そんなラーメン県と言われている山形県の中でも、
特にラーメン店が多いそうです。

なんでも人口 10 万人あたりのラーメン店舗数の全国平均は 24.15 軒という調査結果があるんですが、この数字を赤湯温泉のある南陽市で計算すると、
人口 10 万 人あたりでなんと約 180 軒にもなるそうです

5km 圏内に 50 軒以上のラーメン店がひしめき合う、マジでラーメンの激戦区と言えますね

赤湯温泉の名物

ワインラーメン

っていうくらい、街をあげての盛り上がりなんだそうです

特にラーメンは、その昔、お客様がいらっしゃったときに、
出前でラーメンを頼んでもてなしたというくらい、身近な存在なんですね

出前といえば、普通の家庭や事務所だけではなく、
田んぼや畑にも OK なんだとか

それが本当なら、すごいです。


そんなわけで、この日の夕食で行ったラーメン店は、赤湯温泉の中でも有名店である

龍上海 赤湯本店

yamagata19 (62).jpg



新横浜のラーメン博物館に出店して以来、一地方のラーメン店が全国区になったラーメン店です

yamagata19 (78).jpg



本店は、19:00 閉店で 18:30 頃に行ったけど、店内にはまだ 10 人ほどお待ちでした

でも何とかなりそうだったので、そのまま待って...

お店は四角いテーブルと、10 人くらい座れる丸テーブルとで構成されていて、だいたい 30 人くらい入れる感じです。

yamagata19 (79).jpg



待ってる間に注文して、テーブルに座ったらすぐにラーメン到着

僕が注文したのは、この店の看板メニューでもある、

赤湯からみそラーメン¥880

yamagata19 (75).jpg



赤湯産の唐辛子を使った 「 辛みそ 」 を、濃厚で深い旨みのあるスープに溶かすことにより、更なる旨味を引き出します。麺との相性も抜群で、他店では絶対に味わえない逸品です。
一度食べたらクセになる、当店一番人気です!


というコメントもあり、楽しみ〜

麺は太麺で、何となく喜多方ラーメンっぽいかな?

yamagata19 (76).jpg



なんでも出前が多いこの土地柄、時間がたってもすぐのびないようにと太麺を使ってるんだそうです。

また、このお店の一番のこだわりが麺だそうで、この本店から数メートル離れたところに製麺所があり、全店舗の麺を朝のうちに作って各店舗に配達しているんだとか。

その日に作った麺をその日にいただいてもらうというのがコンセプトなんだそうです。

看板にもなっている辛みそは、スープに使うみそをベースに、ニンニク、唐辛子、油、その他十数種類の材料を絶妙な配合で混ぜ合わせ、一晩寝かしたものなんだそう

ラーメンの中に入っているので、
少しずつ溶かしながら味の変化を楽しんで食べるといいです

一気に混ぜてしまうと、もしかしたら辛すぎると感じる人もいるかもしれませんね。

というわけで、コッテリピリ辛のラーメン、僕の好みにもドンピシャでした。

欲を言えば、白ご飯も一緒に食べてみたかったけど、メニューのラインナップにはなかったので、ラーメンだけとなりました。

ちなみに子供たちが食べたのは、

赤湯ラーメン¥730

yamagata19 (77).jpg



スープは鶏ガラを中心に、肉、魚介をふんだんに使い、じっくりと丁寧に仕込んでいます。手打ち麺はコシ強くモチモチしており、スープとより絡むよう良質の小麦粉を使い丹念に作っています。
昔懐かしい、当店の定番ラーメンです!


というわけで、さっぱりとはしているんですが、スープもどっしりとしていて、食べ応えありました。

さすが雪国のラーメンって感じかな?

ちなみにこのお店、朝 11:30 開店なんですが、開店前から行列ができており、それが閉店まで絶えないというとんでもない有名店なんだそうです

ほとんど並ばずにはいれたのは超ラッキーなのかな?

で、本店は 19:00 閉店なんですが、この近くの赤湯温泉街中心地に栄町店があるんですが、そちらは 0:00 までやっているので、遅くなったときはそちらで召し上がってくださいね


お店
名前 : 龍上海 赤湯本店
住所 : 山形県南陽市二色根 6-18
TEL  : 0238-43-2952
営業時間 : 11:30 〜 19:00
定休日 : 水曜日
URL  :
http://ryu-shanhai.com/


昭和 33 年に赤湯温泉で営業を始めたラーメン店。ラーメン消費量が全国一の山形県、その中でも一番の激戦区である南陽市赤湯温泉でいつでも行列のできるラーメン店として営業をしています。どの時間に行っても行列必至なので、待つ覚悟で行ってみてください。赤湯温泉に来たらラーメン。初めてであれば外せないお店です。


赤湯ラーメン 龍上海 赤湯本店ラーメン / 赤湯駅南陽市役所駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする