2019年07月26日

山形で出会った日本酒2つ


赤湯温泉街のとある酒屋で、

「 地元のおいしい日本酒ありますか?」

って聞いたときに勧められたものです

ご当地、南陽市の酒造メーカーである、東の麓酒造有限会社の商品から、

yamagata19 (65).jpg



ちょっと面白そうなので、小ボトルを買ってみました

まず左側にあるのは、
「 龍 」 という感じが四つ合わさったれっきとした一文字の漢字

「 てつ 」

って発音します。

yamagata19 (86).jpg



長らくは、日本で一番画数の多い漢字ということで、大きな辞書に載っていました。

64 画あるそうですよ

意味は、「 言葉が多い 」 とか、「 多言 」 とかそんな意味があるそうです

そんな、楽しくおしゃべりしながら飲めるということから名づけられたお酒なんですが、これがまたうまかったんですよ。

試しにと、300ml ボトルで ¥300 ほどだったのですが、飲み口はすっきり、口当たりは吟醸酒らしく気持ちフルーティーな甘さも感じましたが、キリっとした辛口で、何にでも合いそうでした。

このお酒、基本は大吟醸らしいんですが、吟醸酒ってのは珍しいみたいで、ご当地でないとなかなか手に入らないとか


そしてもう一つが、純米吟醸 つや姫なんどでも

何度 ( 何回 ) 飲んでもおいしい

ということと、

何℃ で飲んでもおいしい

ということをかけたネーミングだそうです。

yamagata19 (66).jpg



小ボトルなので、いろいろな温度で試してませんが、常温と冷蔵では試してみました。

すずびえ

はなびえ

ゆきびえ

ってところでしょうかね

山形の米 「 つや姫 」 を 100% 使用し、東北芸術工科大学の学生達と共同で開発した純米吟醸酒

これも超おすすめです。

おいしかった...


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | お酒全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする