2019年08月05日

LINEからコーヒーを注文


日本橋のオフィス街、ちょっと外れっぽいところに出現したコーヒースタンド

TOUCH AND GO COFFEE

touchandgo19 (8).jpg



大通りからちょっと入ったところにあるので、ちょっとわかりにくいし、そんなに目立つ看板も出てないのでわかり辛いんですが、これでも最近超人気なんです

というのは...

後で書くとして、まずは面白そうなので入ってみました

というか、友人から LINE で無料クーポンが送られてきたので、試しに使ってみようと

初めてなのでわけわかんなかったので、とりあえずお店に行って...

touchandgo19 (7).jpg



注文はスマホなどの LINE で行います

こじんまりとしたお店で、その前で LINE を操作 📱

注文の仕方は、LINE の会話形式でどんどんとおこなわれていきます。

わかりやすいですよ

選択も2〜4なのでどんどんいけます。

まずは自分の名前を登録して、

スタート

最初に、

ブラック or ラテ

そして

ホット or コールド

ラテの場合はミルクのタイプ

通常 or 低脂肪 or 無脂肪

フレーバーが

フルーティー or ロースティー

甘さは

無糖 or ひかえめ(ハーフ) or 通常

それからフレーバー

無し or チョコ or キャラメル or ミント

最後に確認となり、注文となります

追加サイドオーダーもきかれるけど、これはカットで。

支払いは LINE PAYクレジットカード

今回は友達から無料のクーポンをもらったので、クーポンコードを入力して...

そしてピックアップの時間を選んで...

今回はお店の目の前で注文していたので、一番早い時間を選択

まだオープンして間もないころに行ったので、店員さんが操作方法などをちょこちょこ教えてもらいながら。

クーポンコードの入力が初めてだとちょっとややこしかったけど、一回やったらもう簡単ですよ。

完成したら店内のモニターでも表示されるし、LINE にもメッセージで届きます

touchandgo19 (3).jpg



拡大

touchandgo19 (4).jpg



ボックスナンバーが表示されるので、そこから取り出す

という流れになります

これが完成品

touchandgo19 (6).jpg



ちゃんと名前も入ってますよ

touchandgo19 (5).jpg



これ、お店の裏で手作りでコーヒー作っているので、
完成品受け取ったらすぐに飲むか冷蔵庫に入れてね。

ペットボトルで市販されているように保存はきかないから注意が必要ですよ。

で、お味は...

ちょっとコーヒーが薄いような気がしましたが、なかなか本格的です

個人的には、コーヒーに濃いめ選べれればうれしいんですが。

ボトルはキャップがしっかりと閉まるので、持ち歩くのは便利ですね。

それに、このボトルとラベルもなかなかしっかりとしたものなので、ボトル持って帰ってしばらくの間水筒代わりにお茶を入れて使ってました

長いこと使ってるとキャップの部分が緩くなってくるので、倒したりすると中身が漏れてくるので注意が必要ですが。

でも、名前が入ったちょっとばかりお洒落なボトル...

オリジナル性ばっちりでよかったです

というわけで、ほとんどの人のこの店の使い方は、朝の通勤途中に LINE で注文して会社に行く前にピックアップしたりとか、午前中に注文してランチ後にピックアップしたりとか、時間短縮にうまく使ってるみたいですよ。

お店の注文ではなく、
モバイルで注文してお店ではできたころにピックアップに行くだけ

ということなので、別にお店の場所は繁華街のど真ん中でなくでもいいし、スペースもなくてもいいんですね

注文からピックアップまで無人で完了するので、人件費も抑えられるみたいだし、うまくいったらこれからのモデルプランにもなりそうですね。

ちなみに LINE 入ってない人のために、店内でも注文できる機械が一個だけ置いてありました。

touchandgo19 (2).jpg



ここでも注文できますよ。

というわけで、最近は人気が出過ぎてきたのか、お昼前くらいのアクセスでも

本日分の受付は終了

と悲しい文字が出てくること多し

早めに注文しましょうね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする