2019年09月30日

南三陸町名物?!のモアイ最中


宮城県に行った人からお土産でもらいました

moai (6).jpg



モアイってあのモアイ???

あの、イースター島の...

どうやらそのようで

で、なんでそんなところと宮城県???

何の関係が???

って思うのも無理ないですね。

実は...

今から 60 年近く前の、1960 年 5 月 21 日 10:02 過ぎから 6 月 20 日にかけて...

日本から遠く離れた南米はチリに大地震が発生しました。

本震は 5 月 24 日でその規模、今でいうところのマグニチュード8以上

そして大津波が発生し、約 24 時間後、17.000km 離れた日本に到達

特にリアス式海岸である三陸海岸では大きな被害を受けました。

この津波の記憶を未来に伝えようと、30 年後の 1990 年、チリの国鳥であるコンドルの碑がチリから贈られ、1991 年には南三陸町がふるさと創生事業の一環としてチリ人彫刻家に依頼して創ったイースター島のモアイが、志津川地区の松原公園に設置されました。

そして 2011 年 3 月 11 日

東日本大震災のときに発生した津波で海に飲み込まれたこの町のことを聞いた、日智経済委員会チリ国内委員会が、南三陸町に新たなモアイ像を贈ろうと、イースター島の長老会に協力を求めました。

93 歳の老彫刻家マヌエル・トゥキ氏は、みんなに呼びかけました。

「 海に破壊された日本の町に、人々が再びそこで生きていきたいと思えるようなマナ ( 霊力 ) を与えるモアイを、贈れないのか? 私は息子とともに、日本の人たちが必要としているモアイを彫る!」

長老会は大きな拍手で包まれたという。

イースター島の石を使って彫られたモアイ像が、島外に出たことは今まで一度もありません。

しかし、かつて倒れてバラバラになっていたモアイ像を、日本人がもとの姿に建て直す支援をしたことがあったことから、イースター島初のプロジェクトが始まった。

こうして息子のベネディクト・トゥキ氏は、石材を切り出して、親戚の彫刻家たちとともにモアイを制作しました。

そして 2013 年 5 月 25 日、イースター島から南三陸町に世界初となる本物のモアイ像が贈られました。

南三陸町を訪れたトゥキ氏は、設置されたモアイに白珊瑚と黒曜石で作られた眼を入れました。

目を入れる...

これはマナ ( 霊力 ) がモアイに宿ることを意味しており、眼の入ったモアイ像は世界でもイースター島と三陸町だけなんだとか。

この物語、詳しい話は以下の URL より動画🎥を参照してみてください。

約1時間です。

「モアイと絆の物語」

というわけで、このモアイ像のいろいろなグッズがある中、モアイ最中を買ってきてくれました。

早速開けて

moai (1).jpg

moai (3).jpg



自分で最中の中にあんこを入れるパターンです。

moai (2).jpg



作ってみました

moai (5).jpg



最中は普通で、普通においしかったですが、インパクトはめちゃありました。


南三陸町ではモアイを復興のプロジェクトの一つとして、街をあげて頑張っています。

この最中をいただいたおかげでいろいろなことを知ることができました

今度は、僕自身も南三陸町に行ってみたいです。


ちなみに...


モアイは、イースター島のラパヌイ語で 「 未来に生きる 」 という意味です。

イースター島にも行く機会があったら、もっともっとこの話を調べてから行くとしましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

茨城の横浜家系ラーメン一心


守谷のジョイフル本田に行った帰り、どこかでお昼ご飯を食べようと

もう時間も 13:30 まわっていたのと、6,000歩近く歩いていたので、結構お疲れモード

家に帰りがてらどこかないかなとネット検索していたら、ラーメン屋さんがヒット

というわけで立ち寄ったのがこちら。

横浜ラーメン 一心

isshin19 (8).jpg



お店のお隣に、3台ほど停められる駐車スペースがあるんですが、お店は常総ふれあい道路という比較的交通量の多い通りに面していて、ちょっと入り辛かったです

入り口も車一台分の間口しかなくて、すでにスペースに一台停まっていたので、これはバックでいれないと...

というわけで、信号で交通が途切れるのを待ってそのままバックで突入。

よかった

うまい人の運転で...

そんなこんなで、14:00 閉店のこのお店、ぎりぎりに入店

お店はL字型のカウンターのみで、16 席ほど。

isshin19 (1).jpg



椅子の後ろはいずれも壁で、待つ人用のベンチがずらっと並んでいます

そんなに並ぶんや...

と思いながら、でもこの時間だったので、すんなりと入れました

ラーメンも数種類あったけど、ここは基本の普通のラーメン ¥650半ライス¥150

メニューを見ると、チャーシューにこだわっているようで、
いずれも自家製のチャーシュー

基本のラーメンはもも肉を使っているそうですが、チャーシュー麺はもも肉のに加え、バラ肉肩ロースと選べるようです。

と、そんなこんなでしばし待つと 10 分弱でラーメン到着

isshin19 (3).jpg



割と厚めに切られたもも肉のチャーシューが2枚

それに大き目のノリ3枚

ほうれん草、ネギといった感じのトッピング

スープはちょいとろみがかった濁ったとんこつですが、動物臭さはなくやっぱり家系ですね。

でもそんなに濃厚ではなく、家系とくくられる中ではマイルドでしょうか

麺は太麺で、麺を食べてる分にはそんなに感じませんでしたが、スープだけを飲むとちょっと塩辛く感じました。

isshin19 (4).jpg



スープはそのまま飲まないのがデフォなのかな?

ご飯との相性もばっちりでしたよ。

テーブルにはニンニクが置いてあったので、この後人と会う予定もないし、息を使うこともなかったので、小さじいっぱい入れてみると
味わいが変わりコクが格段に増しました

やっぱりニンニクとの相性は最高の横浜家系ですね

チャーシューはもも肉だとちょっと脂分が足りなかったか、焼豚というよりも蒸されていたような食感で、柔らかかったけど、さっぱりし過ぎのような気がしました。

バラ肉の方がよかったかな?

このお店の店主は、なんでも横浜家系の総本山ともいわれている、「 吉村家 」 で修行され、この地で営業していた 「 わかとら家 」 で働いてでいらっしゃったとか。

そして、大将が引退されたとき、このお店を引き継いで名称を変えて営業をされたという、正統派の横浜ラーメンと言われているそうです

チェーン店の家系ではなく、単独での営業も魅力的ですよ。

ご飯と一緒にがっつりいただいて満足でした。

帰りがけ、レジのところに気になる置物発見...

isshin19 (5).jpg



人相悪っ

写真撮ってたら、店員さんに笑われました


お店
名前 : 横浜ラーメン 一心
住所 : 茨城県取手市戸頭 1274-3
TEL  : 0297-78-1821
営業時間 : 11:00 〜 14:00 / 17:00 〜 20:45 【 火・水・金〜日 】
11:40 〜 14:00 【 木曜日 】
定休日 : 月曜日 ( 祝日の場合は翌火曜日 )



関東鉄道 戸頭駅より徒歩 20 分。
横浜家系の総本山ともいわれている 「 吉村家 」 で修行された御主人が営業しているラーメン店。正統派家系のラーメンとあって、交通が不便なところに位置しているのにもかかわらず、行列ができるほどの人気店です。見た目は濃厚ですが意外とさっぱりいけるのと、自家製チャーシューが魅力のお店。チャーシューは販売もしています。



横浜ラーメン 一心ラーメン / 戸頭駅南守谷駅稲戸井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7






にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

東北の伝統工芸品こけし


先日、茨城県の守谷にあるホームセンター、ジョイフル本田の店内で、

こけし クラフト展

が開催されているということで、行って来ました

ジョイフル本田は茨城・千葉を中心に展開しているホームセンターで、店舗がとにかくでかく普通に見るだけでも半日はかかるというすごい規模です。

その中でもここ守谷店は中くらいの規模と言われていますが、それでも
東京ドーム 2.3 個分ほどあるといわれています。

なんだかんだで、万歩計が 6,000ほどいってましたよ

ウォーキングにはちょうどいいですね👟 👟 👟

そんな店舗の中の一角で絶賛開催中のこけし クラフト展

kokeshi19 (1).jpg

kokeshi19 (2).jpg



こけしといってもいろいろなタイプがあり、タイプ別に展示&販売しています。

kokeshi19 (3).jpg


例えば...

◆ 遠刈田系 ( 宮城県 )

kokeshi19 (11).jpg



伝統こけし三大発祥地の一つ。

宮城県遠刈田温泉近くの遠刈田新地で始まり、秋保温泉、青根温泉、仙台市、山形県の及位 ( のぞき ) などでも作られている。

頭が大きく細い直胴のものが多く、赤い放射線状の飾りが描かれてます。切れ長の細い目と割鼻が特徴です。11 系統のうちで最も模様が多彩と言われています。



◆ 鳴子系 ( 宮城県 )

kokeshi19 (13).jpg



伝統こけし三大発祥地の一つ。

宮城県の鳴子温泉で始まり、山形県の銀山温泉、青森県の十和田などでも作られている。

胴が太く方と裾が広がり、模様は菊をモチーフとしたものが多く見られます。頭の引水の赤い模様が優しげで、少女のような印象を受けるこけしです。首が回るようになっていてキイキイと音が出る。



◆ 木地山系 ( 秋田県 )

kokeshi19 (15).jpg



秋田県雄勝郡の皆瀬木地山と稲川町ではじまり、子安温泉、大館市、湯沢市などでも作られている。

頭と胴が繋がった一本の木から作る 「 作り付け 」 という手法で作られています。おかっぱ頭で着物姿のものが多く見られます。着物や前垂れ姿が代表的です。


でもこちらはちょっとおもしろかったので、こんなのを撮ってみました


◆ 南部系 ( 岩手県 )

kokeshi19 (17).jpg



岩手県花巻市と盛岡市が中心になって始まったといわれている。

「 キナキナ 」 という子供のおしゃぶりから発達。
頭はゆるいはめ込み式で、ゆらゆらと動きます。無彩や簡素な描画のものが多く、素朴さが際立ちます。



◆ 津軽系 ( 青森県 )

kokeshi19 (9).jpg



青森県の黒石温湯温泉と大鰐温泉ではじまり、弘前でも作られていて、11 系統で最も新しい系統。

頭と胴が一本の木から作られる 「 作り付け 」 という手法が特徴的です。くびれのあるフォルムや、直胴のものがあり、頭はオカッパ頭が多く、同には牡丹模様や、だるまが描かれています。


全国の観光地で土産物として売られている 「 こけし人形 」 や、工芸的な 「 創作こけし 」 などがあります。ちょっとおもしろかったので、そっちを撮ってみました。


◆ 作並系 ( 宮城県・山形県 )

kokeshi19 (21).jpg



宮城県の作並温泉ではじまり、仙台市、秋保温泉などでも作られている。

胴体にはカニに似たカニ菊模様を描くことが多い。小さな頭と細い胴が特徴で、細い胴はかつて子供が握って遊んでいた名残と言われています。赤と黒のシンプルな描画が特徴です。



◆ 弥治郎系 ( 宮城県 )

kokeshi19 (23).jpg



宮城県白石市の弥治郎という集落ではじまり、鎌崎温泉、小原温泉、福島県いわき市などでも作られている。

頭が大きく、ベレー帽をかぶったようなロクロ模様の頭頂部、胴模様もロクロで挽いた多様な形態が楽しめます。愛らしく僕な表情で、胴模様はバリエーションに富んでいます。



◆ 蔵王系 ( 山形県 )

kokeshi19 (25).jpg



遠刈田系より分化して山形県の蔵王温泉ではじまり、山形市や温海温泉、山寺などでも作られている。

どっしりとした胴体に丸い肩が特徴です。頭部は赤い放射線状の飾りやオカッパが多く、桜くずし模様が多く描かれます。



◆ 土湯系 ( 福島県 )

kokeshi19 (27).jpg

kokeshi19 (30).jpg



福島県の土湯温泉ではじまり、福島市、中野沢温泉、岳温泉、飯坂温泉などでも作られている。

頭頂部の黒い蛇の目と呼ばれている黒岩っか模様が特徴です。中ノ沢の 「 タコ坊主 」 という、大きな目とその周りを赤くした強い個性を感じられます。胴体は太いろくろ線模様が定番です。頭ははめ込み式で回すとキイキイと音が鳴ります。



◆ 肘折系 ( 山形県 )

kokeshi19 (29).jpg



山形県の肘折温泉ではじまり、仙台市でも作られている。

肩の張った太い直胴で、胴模様は菊やなでしこなどの草花が多く描かれています。鳴子系や遠刈田系の混合として発達したとされています。



などなどと一部紹介しましたが、11 系統、それぞれの特徴があって面白かったですよ

kokeshi19 (32).jpg



後はこんなのも。

kokeshi19 (4).jpg

kokeshi19 (5).jpg

kokeshi19 (6).jpg

kokeshi19 (8).jpg

kokeshi19 (7).jpg

kokeshi19 (31).jpg



写真撮ったほとんどのこけしは販売しているもので、これ以外にもこけしキーホルダーやストラップ、こけしが描かれたTシャツ、マグカップ、トートバッグなどもあって面白かったです。


東北、また行ってみたくなりました


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする