2019年11月29日

フルヴィエールの丘と旧市街


リヨンの観光は主にこの2カ所が有名です

まずは、ちょっとした高台にあり、リヨンの町を見下ろすことができる
フルヴィエールの丘へ。

ここの記事は4年ほど前に行ったときに書いた記事があるので、そちらを参照していただいて...

フルヴィエールの丘と大聖堂

今回もちょこちょこと写真を撮ってみました。

まずはリヨンのパノラミックから。

france19 (23).jpg



前回はデジカメで撮ったので割とキレイに撮れましたが、今回は iPhone なのでやっぱりデジカメには負けるなぁ...

やっぱり先のとんがった、Crayonという愛称の塔は目立ちますね。

周りに高い建物が少ないためものすごく高いように見えます。

この塔の正式名称は、Tour Part-Dieu と言って、高さ 164.9m

フランスで6番目に高い建物なんだそうですよ

そしてこちら、手前がソーヌ川、奥がちょっと見にくいけどローヌ川

france19 (24).jpg



ローヌ川の手前に宿泊したホテルがあります

ここ

france19 (27).jpg



地っと見辛いかもしれませんが、何となく宮殿っぽい建物だってことがわかるかな?

その右側の赤茶色のところがベルクール広場です。

ではこの丘にある大聖堂へ行ってみましょう

こちらが全体が撮れるところ。

france19 (30).jpg



そしてこちらが正面。

france19 (29).jpg



中はこんなところ。

france19 (26).jpg

france19 (25).jpg

france19 (28).jpg



このノートルダム・ド・フルイエール・バジリカ大聖堂ですが、

一つ有名な言い伝えがあります。

1852 年 9 月 2 日にフルヴィエールの丘に聖母子像が設置されるということになったんですが、とてもすさまじい嵐が来てとてもとても設置することは困難になりました。

仕方なく、12 月 8 日に延期となったのですが、この日も天候は嵐。

住民たちはあきらめきれなかったらしく、かといって設置するのはどう考えても無理。

とある住民が家の窓辺にろうそくをともしました

それを見た他の人たちも次から次へとろうそくをともしました

すると嵐がやんで無事にマリア像を設置することができたということです。

これがリヨンで一番有名なお祭り、『 Fête des Lumières 』の始まりです

現在は最新ハイテク技術を駆使して、
町全体がイルミネーションに飾られる一大イベントとなっています

一度見てみたいものですねぇ。

というわけで、丘を後にしてちょっと下ったところにある、紀元前 43 年に造られ、今もなおイベントなどで使われているローマ劇場跡も見て...

france19 (31).jpg



坂を下りて旧市街へと入っていきました👟 👟 👟

france19 (32).jpg



こちら旧市街から見上げたノートルダム・ド・フルイエール・バジリカ大聖堂

france19 (33).jpg



その近くにあるのが、サン・ジャン大聖堂

12 〜 16 世紀にかけて建設されたものです。

france19 (37).jpg

france19 (34).jpg



ここの見どころはなんといっても14 世紀に造られた天文時計

france19 (35).jpg



聖母マリアと天使、鳩やスイスの傭兵などのからくりの像があり、今でもまだ動くそうですよ。

ちなみにこの文字盤に刻まれているカレンダーは 2019 年までということで、この後どうするのかな?

france19 (36).jpg



で、この大聖堂、1600 年に、
アンリ四世とマリー・ド・メディチが結婚式を挙げた場所としても有名です。

さてこちらを見た後は旧市街の散策。

リヨンの旧市街と言えば...

このトラブール

france19 (38).jpg



旧市街の事、トラブールのことはこれまた前回記事に書いたのでそれを見てもらって...

リヨンの旧市街を歩きました

今回も迷路のようなここを歩いてみました

やっぱり知ってても中に入るのはかなり勇気がいるなぁ...

france19 (39).jpg



なんてったって他人様の敷地内ですからね。

france19 (41).jpg



というわけで、リヨンの旧市街、さすが世界遺産に登録されているだけあって、なかなか趣のある所です。

france19 (40).jpg



観光に行かれたらぜひ歩いてみてくださいね。

その際は、トラブールを通過することもお忘れなく


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(2) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

ホテルで朝イチに朝ごはん


リヨンのホテルで一泊して、翌朝...

とても早く目が覚めた👀ので、レストランにオープンと同時に入ってみました

最近、歳のせいか、日本時間に体が慣れているせいか、ヨーロッパに行ったらかなり朝早く目が覚めるんですよね

ここ数年、どんなに寝不足でも、目覚ましが鳴るかなり前か、ギリギリでも数分前に目が覚めてしまいます

そんなわけで、この日もかなり朝早く目が覚めたので、お風呂も朝方ゆっくり浸かり、身支度も整えて 6:30 のレストランオープンと同時に朝ごはん会場へ

france19 (13).jpg



まだ誰もいない朝ごはん場所

france19 (14).jpg



様々なビュッフェが並んでいます

france19 (15).jpg

france19 (17).jpg

france19 (16).jpg



生ハムはバイヨンヌ産とか、フランス各地の特産地のものが並んでいます

バターはこれ

france19 (19).jpg



このバターを食べたいがためにバゲットも食べたりなんかしてね

はちみつは巨大な塊から自然と滴り落ちてくるものを集めています

france19 (18).jpg



こんな感じで選んでみました

france19 (20).jpg



朝からとってもおいしいものをおお腹いっぱい頂いてしまいました


ちなみに、日本人がヨーロッパに行った場合、時差の関係で、朝の目覚めはよく、朝ごはんもとってもおいしく頂けます

というのも、7:00 前後というのは、日本時間の 15:00 前後でちょうど日本のお昼過ぎですからね

朝ごはん食べずにお昼過ぎて...って感覚なのでお腹すいていて
身体が食事をとっても欲しています

そしてお昼ご飯の 12:00 前後ってのは日本時間の 20:00 前後なのでこれまた遅めの晩ご飯時間。

この時間帯もお腹が空いていてがっつりいけます

でも...

ヨーロッパの夜 19:00 頃というのは日本時間では午前 3:00 頃の深夜の時間帯なので、身体がまだまだ寝ているため、あまりたくさん食べると消化不良を起こしたりしますよ。

なんてったって身体は起きていても内臓はもうすでに寝ている時間ですから。

ヨーロッパに到着した数日間は、夜は控えめにした方が体にも優しいですよ

というとこで、この後久々のリヨンの観光に出かけました👟 👟 👟


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(2) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

4カ月前にオープンしたばかりのホテル


リオンの宿泊はローヌ川沿いの宮殿のような建て物

The InterContinental Lyon – Hotel Dieu

france19 (43).jpg



ちょっと大きすぎて全体が入りませんが、川向うから見たら、それはそれは宮殿ですよ

この建物は、16 世紀 〜 18 世紀にかけて建てられたもので、第二次世界大戦で消失するも再建され、2009 年まで病院として稼働していたそうです。

その後4年をかけて大改装され、このインターコンチネンタルホテルのほか、38 のショップ、レストラン、そして美食の町リヨンを代表する、超高級食材店群や国際美食館などと食に特化したいろいろなものが入っています。

こちらがホテルのチェックインカウンター

france19 (1).jpg



落ち着いた貴族の館の応接間という感じで、ここでのチェックインはバタバタ行うよりも、ゆっくりと腰かけて行うのがってもんですね

こちらは反対側のロビー。

france19 (2).jpg



そんなに広くはないからこそ、
宿泊者やレストラン利用者以外の方が来たら何となく居心地が悪そうな雰囲気です

そして廊下は古い建物をそのまま使っているらしく、天井が恐ろしく高い...

france19 (12).jpg



普通、古い天井の高い建物を改装するときは、1階分を2つの フロアに分けたりして使うことが多いんですが、ここはとても贅沢に使っています。

お部屋の入り口

france19 (3).jpg



僕の部屋はシングルなので、そんなに広くはないのですが、お部屋の天井が高いためか、
とても広々と感じますよ。

france19 (4).jpg



アメニティーも充実

france19 (8).jpg

france19 (7).jpg



ヨーロッパのホテルで、歯ブラシや安全カミソリセット、リンスなどが標準装備なところがいいですね。

france19 (6).jpg



こちらはバスタブ。

お湯の出口はバスタブ、固定式シャワー、可動式シャワーと切り替えが可能です。

france19 (11).jpg



お部屋の中は無料のお水がセットされていました

france19 (10).jpg



その奥は電源と各種スイッチ、そして USB アウトプットが二つ。

これはなかなか便利ですね

コーヒーマシーンもあります。

france19 (5).jpg



というわけで、優雅に宿泊できるリヨンのインターコンチネンタルホテル。

5つ星ホテルはいくつかあるんですが、やっぱり一番新しいというのと最新設備が整ってるということで、快適に滞在できますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(2) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする