2019年11月17日

葛西で小腹が空いたとき〜ケバブ


東京メトロの葛西駅で...

月に数回この駅にお世話になる...というか、この駅を使うのですが、その時にちょいちょい見かけたお店

ドネルケバブ

kebabu19 (4).jpg



超ドストレートなこのネーミングのお店は、最初、店名とは思わなかったです

ドネルケバブってのは、トルコや中東などではメジャーなファストフードで、店の前に大きな肉が回転して炙られており、それをオーダーが入ったらスライスしてピタパンなんかにはさんで提供してくれます

このお店も店頭で肉が回転していました。

このドネルケバブ、僕自身はトルコにはそんなに行ったことないんですが、
ドイツに行ったときによく食べてました

ちょうど小腹が空いたときにいいんですよね

マクドや吉野家的なノリで...

ドイツは、トルコ人移民者が結構多いんですが、それは第二次世界大戦後の労働力不足を補うためトルコから労働者 ( 主に単純労働 ) を招き入れラタンだそうです。

ドイツ政府がとった「 ゲスト労働者政策 」 というんだそうで、そうなると
自国の食文化もたくさん持ち込んでくることになり、手軽に食べられるこの食事も結構定着していますよ

そんな感じでちょっと懐かしくなってお店に入っていました

流ちょうな日本語を話す、トルコ人?のおっちゃんにドネルケバブをオーダー。

ソースは何種類か選べるんですが、ここは一番人気のオリジナルソース

中に5人くらいは入れるイートインスペースもあり、これからの寒い時期にはいいですね。

kebabu19 (3).jpg



というわけで、出てきました

ドネルケバブ¥600

kebabu19 (2).jpg



ピタパンの中には溢れんばかりの具がぎっしり

kebabu19 (1).jpg



食べてみると鶏肉がとってもジューシーでおいしい...


え?

鶏肉??



羊だと思って食べてみたら、まぎれもない鶏肉でした。

ま、今まで何の指定もなしにケバブ頼んだら羊が出てきたので、そうかなと思ってたんですが、日本の場合はチキンなんですね。

お店の人に気いたら、
日本だとなかなかいい羊肉の塊が手に入らないってことと、
お値段が高くなるってこと。

そして何より日本人に羊はウケないってことらしいです

羊肉...

ちゃんとしたものをちゃんと料理したらめちゃ美味しいんですけどね

確かに日本のスーパーなどで売ってる羊肉は甘みのあるジューシーな味がするより、
独特の臭いが気になります。

北海道や都内の高級料理店以外ではなかなかおいしい羊、巡り合えないかもしれませんね


そんなわけで、鶏肉バージョンのドネルケバブ、これはこれでおいしかったですよ。

ほんのりと異国のスパイシーさも感じられ、でも本場ほどそんなにきつくはないので、気軽に食べられます。

量が少ないと感じられる方は、+¥100肉大盛りにもできますよ。

どんだけの量になるかはわかりませんが...


このあたりにはいくつかケバブ屋さんがあるので、今度はまた違う店に行ってみようと思います。


ちなみに葛西駅周辺は、
イスラム系の人たちが生活するには絶対になくてはならない
ハラル認証のスーパーや飲食店が割とたくさんあります。

イスラムに人たちにとって、ハラル認証のお店では何買っても、何食べても安心できるんですが、そうじゃないお店だと、原材料名の表示を調べて、製造工程をネットで調べて...

そんなこと現実にはほぼ不可能ですよね。

最近は SNS なんかの口コミで、この食材は大丈夫って書き込みもあるみたいなので、だいぶ楽にはなってるって聞いてますが。

飲食店も、食材や調理工程だけではなく、調味料の製造工程、店内清掃の薬品まで気にしないといけないので、やはり安心はできないようです。

そんなわけで、イスラム系の人たちにとっては、この町は過ごしやすいみたいで、結構集まって暮らしてるみたいですよ。

この店がハラル認証かどうかはわかりませんでしたけどね


お店
名前 : ドネルケバブ
住所 : 東京都江戸川区中葛西 5-43-10
TEL  : 10:00 〜 24:45



東京メトロ 東西線 葛西駅 西出口改札出て左へUターンしたところ。
トルコ出身の店主が提供するトルコのファストフード、ドネルケバブ。スパイスは控えめで食べやすい味付けですが、ほのかに異国の香りが漂い、何となく本場トルコを感じられます。テイクアウト主体の店ですが、イートインスペースもあるので気軽に立ち寄れそうです。



ドネルケバブトルコ料理 / 葛西駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする