2019年12月05日

ホテルのメインダイニングで夕食


リヨンの夕食は宿泊しているホテルのメインダイニング

美食の町なのでいろいろなレストランが街中にあるんですが、今回は宿泊しているホテルが、つい最近できたホテルということで気合が入ってるはずですからね。

シェフはブールジュ出身のまだ若い、Mathieu Charrois という方で、
パリの La Table du Lancaster や、三ツ星レストラン、TROISGROSで経験を積み、その後は、インターコンチネンタル・タヒチ、インターコンチネンタル・マルセイユのシェフなどを経て、ここリヨンのシェフに就任したそうです。

どんな料理が出るのかな?

というわけで、お食事開始

場所はメインダイニングで朝食場所でもある、

LE RESTAURANT ÉPONA

テーブルについて、ワインなどの飲み物を注文した後、アミューズとして出てきたのが、

クリームチーズと自家製クルミパン

france19 (69).jpg



このクルミパンは朝食の時にはなかったので、夜のために毎日というか毎回作ってるんですね

そして前菜が、

サバのロースト

france19 (70).jpg



内陸の地リヨンでは珍しい海の魚、それも足の速い魚が使われているのにびっくりしました

もちろん、市場ではサバも売っていましたけどね。

そして火入れはギリギリ火が入ってるというか、
魚の食感を生に近い本来のうまみを極限にまで残したロースト

少しでも火を入れすぎるとぱさぱさになってしまうサバをうまいこと調理していますねぇ

そしてメインは、

カワスズキのロースト

france19 (71).jpg


こちらも、もう完璧な状態の調理方法で...

昔からフランス料理は肉の温度管理は素晴らしいものがありましたが、お魚の焼く温度管理に関してはいまいち感もあったけど、最近はめちゃ凄いですね

やっぱり
魚のたんぱく質が凝固する温度とかも全部科学的に分析して調理してるのかな?

と思ってしまうほど上手です

今度、調べてみようかな?

というわけで、おいしく頂いたあとのデザートは、

メレンゲとモカ、チョコレートのトルテ

france19 (72).jpg



そんなにめちゃめちゃ甘くなく、お上品な味でした。

でも日本のお菓子に比べるとやっぱり甘いですが、昔のようにただ甘いだけではなくって、モカの香りやナッツの香りなんかも十分感じさせていただきました。

おいしく頂きました。


お店
名前 : LE RESTAURANT ÉPONA
住所 : 20 quai Jules Courmont, 69002 Lyon, FRANCE
TEL  :  04 26 99 24 24
営業時間 : 07:00 〜 10:00 / 12:00 〜 14:00 / 19:00 〜 22:00
年中無休
URL  :
http://lyon.intercontinental.com/en/the-epona-restaurant/


4カ月前にリヨンのシンボル的だった中世から続く病院を大改装してオープンした、インターコンチネンタル・リヨン・ホテル・デュー内にあるメインダイニング。若手のシェフ、マシュー・シャロワが繰り出す独創的な料理は、美食の町リヨンのレストラン激戦区にあってその中の老舗レストランたちにも負けない料理を提供してくれます。行かれる場合は要予約です。


LE RESTAURANT ÉPONAフレンチ / リヨン)

夜総合点★★★☆☆ 3.7





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする