2020年06月29日

馳走麺狸穴監修ラー油肉蕎麦


こちらのスーパーでたまたま山積みされていたので、買ってみました

東京池袋の名店、馳走麺 狸穴 監修ラー油肉蕎麦

nikusoba20 (1).jpg



今回はラーメンではなくて日本蕎麦

日本蕎麦にしては珍しく、ラー油を入れるんだとか

珍しいね

カップの横にはお店の簡単な紹介。

nikusoba20 (2).jpg



馳走麺 狸穴とは、池袋では行列のできるつけ麺のお店

日本蕎麦というよりラーメン屋さん、つけ麺屋さんなんですね。

で、ここのメニューの中に中華麺ではなく日本蕎麦を使った、肉盛りつけ蕎麦ってのがあるんですね。

それをアレンジしたカップ麺だそうです。

肉盛りつけ蕎麦には、だしに温玉が入ってるんですが、こちらもそれをするのがおすすめとか

nikusoba20 (3).jpg



蓋を開けると、縦型カップ麺らしくスープ、かやく類は全部こみこみ

nikusoba20 (4).jpg



ラー油らしき小袋のみ別添でした。

で、ここに卵を落として...

nikusoba20 (5).jpg


熱湯を注いでみました

出来上がってから温玉を落としてもいいんですが、温玉作るのめんどくさいし、熱湯で4分だったらそこそこいい感じに仕上がるかな?

で、卵を最初に入れるから、お湯の温度が若干下がるため、4分半とかの
ちょっと長めの方がいいのかもしれませんね

というわけで、完成

nikusoba20 (6).jpg



いい感じになってますよ

これに小袋の油を入れて...

nikusoba20 (7).jpg



卵が入ってるので、混ぜるのがちょっと大変でしたが、うまく卵を崩さないように全体的に混ぜていただきます。

蕎麦はだしが濃いめにできているらしく、若干太目で食べ応えあります。

ただ、だしが濃いためか、ラー油が邪魔していたのか、そばの香りはあまり感じませんでした

若干甘みのあるだしと卵は予想通り相性ばっちり

でも、卵を落とすのを前提にするのなら、もうちょっと濃い方がいいかもしれませんね。

そうすると、卵なしだと濃すぎる感があるかもしれませんが

今度、リニューアル商品として、しびれを前面に出したシビ辛バージョンが出たとか。

見かけたら買ってみよう。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村














posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

現代によみがえった名ビール


サッポロビールから、6/16 に発売されたビール。

サッポロ サクラビール 2020

明治 45 年 ( 1912 年 )北九州は関門海峡近く、門司の町で地元の鈴木商店の支援の下に設立された帝国麦酒株式会社

翌年の大正 2 年 7 月に、「 サクラビール 」 というブランド名で造られたビールは、日本国内をはじめ、海外にもたくさん輸出されたそうです

2年ほど前にベトナムに行った際、阮朝第 12 代皇帝であった、カイディン ( 啓定 ) 帝 ( 1916 〜 1925 年 ) のお墓に行ったんですが、そのとき、
建物の一部にこのサクラビールのボトルの一部が使われていたんですよ。

第12代皇帝カイディン帝陵


その後、昭和 4 年 ( 1929 年 ) には帝国麦酒からビールブランドであった桜麦酒に社名変更もしたんですが、昭和 18 年 ( 1943 年 ) には大日本麦酒株式会社に吸収合併されてしまいました。

この大日本麦酒株式会社ってのが、サッポロビール、アサヒビール、ヱビスビールの前身だったビール会社が合併してできた巨大な会社で、キリンの前身だったジャパンブリュワリーと双璧を成す巨大な企業でした

ところが、昭和 24 年 ( 1949 年 ) この会社も解体され、朝日麦酒 ( 現アサヒグループホールディングス ) と日本麦酒 ( 現サッポロホールディングス ) に分割されました。

ここで、サクラビールの歴史は終わってしまいました


って、ざっくり書きましたが、この辺りの詳しいことはビール検定を受験すればいやでも勉強しますので、受ける予定のある人はしっかりと勉強してくださいね

吞兵衛まっしぐらの検定試験

前置きが長くなりましたが、そんな日本のビール史を語るうえでとっても重要な位置を占めていたビールが、サッポロビールから復活

sakurabeer20 (2).jpg



昔のロゴと 2020 の文字がいいですね

それにレトロな感じが...

でも何となく中途半端かな

なんとなくレトロで、でもなんか今風で...

どうせならフォントも含めてもっとレトロ感を出した方が目立ったかも...

缶の裏には簡単な説明がありました。

sakurabeer20 (1).jpg



ビールの色は、いまどきのビールに比べると気持ち琥珀色が濃いめかな?

味わいはまろやかで、昔ながらのビールの特徴である、ガツンとくる苦みはあまりなく、割と飲みやすい感じでした。

昔のビールというと、キリンクラシックラガーやサッポロ赤星のような、熱処理をしたガツンとした味わいのビールを想像していたんですが、こちらは非熱処理の生ビール。

当時はどうだったのかわかんないけど、これが現代風にアレンジってことなのかな?

苦みは割と少なく、まろやかな感じでおいしく頂けました🍺

当時は、全国シェア9% をとっていたサクラビール。

限定醸造なので、試したい方はお早めに


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

北習志野の本格たこ焼き店


東葉高速鉄道と新京成線の乗換駅、北習志野のとある場所にちょいちょい行くのですが...

その時に気になったお店発見👀

たこ焼き御殿

takogoten19 (1).jpg



北習志野駅から東葉高速線沿いに ( と言ってもこの辺りは地下を走ってるので感覚でね ) となりの船橋日大前駅方面へと商店街を歩いていって、商店街が無くなり住宅街が広がって、そのあと少しお店が増えてきた辺りにあるお店

この前行った勝田台駅近くのたこたこ団と同じような雰囲気を醸し出しているこのお店、やっぱ気になりますよね

この前を車で通ることは何度かあったのですが、なかなか入る機会もなく...

ということだったのですが、ついにその機会があって、たこ焼き好き娘と一緒に入ってみました。

一人で行っても詰まんないですからね。

なるべく本場に近いたこ焼きを食べさせたいなと。

どうせなら。


お店は縦に細長く、入り口ではちょいちょい持ち帰りの人たちがやってきていました。

中はイートインって感じで、カウンターとテーブル席が少しあります

takogoten19 (2).jpg

takogoten19 (3).jpg



テーブルについて、メニューを見て。

たこ焼きは

6個 ¥380

8個 ¥480

10個 ¥580


ということで、数が多くなると若干お得になります。

ここは10 個を注文ですね。

で、ソースは、

・甘口ソース

・辛口ソース

・めんたいマヨ

・だし醤油

・だしポン酢

・モンゴル岩塩


の6種類から選べます。

気さくなお店の型に聞いたら、基本はオーソドックスな 「 甘口ソース 」だということなので、基本に忠実にそれを注文。

これに、マヨネーズも

ノーマルマヨネーズ

からしマヨネーズ

わさびマヨネーズ


と選べるので、これもノーマルで

めんたいマヨネーズは選べないので、始めっからめんたいマヨのソースを選びましょう。

お水はセルフでね。

しばらくしてたこ焼き到着

takogoten19 (4).jpg



時間かかるかなと思ったんですが、お昼時ということもあってどんどんと地元の人らしき人たちがテイクアウトしに来ていたので、お店の方もどんどん焼いていたから、すぐ来たんですね

割と大玉で、ふわトロ感ばっちりのたこ焼きは、まさに大阪の味

takogoten19 (5).jpg



タコも大きくて、しっかりと味もついていました

このお店、大阪は枚方に本拠地があるたこ焼き店、なんば一番の FC だそうです。

通りでおいしいはずだね。

アルコール類もいくつかあるので、たこ焼きをつまみにサクッと一杯ってのも悪くないですね🍺


で、もう一つ関西人にとってうれしいのが、関東じゃいくら説明してもわかってくれない、「 イカ焼き 」があるんですよ。

メニューでは、イカパンチなんて書いてあるんですが、まぎれもないイカ焼き

イカの姿焼きに醤油なんかを塗ったものではありませんよ

あれは焼きイカ

イカ焼き、注文したかったんですが、たこ焼きでお腹いっぱいになってしまったので、これはまた次の機会に

あのイカ焼きは専用の機械がないとできないので、関東の知名度じゃなかなか難しいのかな?

でも、次は注文するよ。

よろしくお願いします。

こちら、駐車場がないので、路駐してパーキングチケットを発券することになります。

でも...

お店のすぐ裏の TIMES の方が若干安いかな?

ちょっとした情報でした。


早く自粛解けてくれないかなぁ...


お店
名前 : なんば一番 たこ焼き御殿
住所 : 千葉県船橋市習志野台 2-73-13
TEL  : 047-436-8886
営業時間 : 11:00 〜 20:00
定休日 : 月曜日


東葉高速鉄道、新京成線 北習志野駅東口 (T4出口) よりアーケード街をまっすぐ徒歩 12 分。
大阪のなんば一番の FC であるこのお店は、本場大阪の味を継承しており、関東では数少ない本場のたこ焼きが、6個¥360 というリーズナブルな価格でいただけます。また、これも大阪では定番ですが、関東では全く知名度のないイカ焼きも楽しめるので、大阪の味が恋しくなった方はぜひ来てみてください。



なんば一番 たこ焼御殿たこ焼き / 北習志野駅船橋日大前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする