2017年01月21日

ずっと変わらないラーメン店


京都に帰るととりあえずどこかしらラーメン店 に行くのが、もう定番になっているんですが、

例えば、来来亭や、

近江ちゃんぽんとか、

ラーメン横綱...( あ、この記事は千葉のお店ね )

天下一品総本店

ラーメン天

あとは、ブログにはまだ書いてないけど、小学生の時から通ってた、
夜鳴きやとか、第一旭ラーメン藤京都拉麺小路の中のお店、そしてもうなくなってしまった、BIG ラーメン...( ← これ知ってる人かなりの通かな? ) などなど...

で、今回は、僕の通っていた中学校のすぐ近くにあり、高校のとき友達同士でちょこちょこ食べに行っていたお店、

名門 に行ってみました。

meimon17 (8).jpg



昭和 50 年ごろに建てられたこの建物、そのまんま使っていて、もうボロボロ...

僕とかは知ってるから普通に入るけど、これ、
初めての人だとあまり入りたくないようなお店ですね

現在はお店から数十メートル離れたところに数台分の駐車場があるので、路駐しなくても済みますが、これも知らないと駐車場ないんかな? って思ってしまいますよ。

お店に入ったら、懐かしさが...

っていうのも、床が油でつるつる

気を付けて歩かないと滑って転びます

店内はカウンターと小上がりのテーブル席。

モロ昭和の香りがいっぱいですね

meimon17 (3).jpg



壁に貼られたメニューもいったいいつから使ってるの?

って感じでいい味出してます

meimon17 (5).jpg



テーブル席には入れ放題のネギ食べ放題のキムチ

meimon17 (4).jpg



それに、ま普通の胡椒や餃子用のたれ、そしてラーメン用のたれ

で、基本のラーメン ( 並 ) ¥700ライス・小 ¥150 を注文して、しばし待つ間にキムチをいただいて

若干甘目に味付けされていました

しばらくするとラーメン登場

meimon17 (6).jpg



どうです?

この超シンプルなラーメン

それでは恒例の動画🎥




ここにネギを少し入れて...

meimon17 (7).jpg



お味は、京都の伝統というか、天一のコッテリ感を滑らかにしたような味で、これが京都のラーメンの原点なのかな?

懐かしさとおいしさとで、大満足

京都のラーメンを知るにはまずこの名門のラーメンから...ってのは大げさかもしれませんが、全国展開してないから知名度は全くと言っていいほどないけど、
京都の超有名店なんですよ。

ちなみに...

この名門グループの中ではこの店舗が一番古いそうで、他の店舗は今風のおしゃれなところが多いと聞きました。

でも、やっぱり僕は自分の歴史とともに歩んできたこのお店...ずーッとこのままでいてほしいなぁ


お店の外には山科川が流れています。

meimon17 (1).jpg



僕の中学生くらいのときは、きったない川 って印象がありましたが、今は水も澄んでいてとってもきれい

子供たちが川に入って水遊びしても全然問題ないくらい。

今度は夏に来て子供たちを遊ばせてみよう


お店
名前 : 名門
住所 : 京都府京都市山科区勧修寺平田町 155
TEL  : 075-593-0146
営業時間 : 11:00 〜 14:30 / 17:30 〜 24:00
定休日 : 火曜日と年末年始


京都市山科区の名神高速道路と外環状線の交差している場所辺りにあるお店。
一見、入店するのを躊躇させるような建物だが勇気を持って入ってみてください。
昭和の時代から味もスタイルも店舗も変わることなく、伝統を守り続けてる正真正銘の京都ラーメンです。
そこにはオシャレさも何もないただ職人が作るラーメンがあります。
お店の中は滑りやすいので注意が必要ですよ。



div>名門



関連ランキング:ラーメン | 小野駅椥辻駅





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック