2017年03月05日

そして博多に向かって最終章


ななつ星 1 泊 2 日のクルーズ

最後の寄港地である由布院を後にし、博多に向かって走り出しました

博多へは 1 号車のブルームーンが先頭車となります。

nanatuhoshi17 (98).jpg



大きな窓からは、DF200-7000 が間近に見え、迫力ありますね

nanatuhoshi17 (95).jpg



ラウンジではピアノの生演奏 があります。

nanatuhoshi17 (85).jpg



博多が近づいたら、乗客全員がラウンジカーに集まり、最前方の窓をスクリーンにして、旅を振り返ってのスライドショー 🎬

sevenstars17 (184).jpg



生演奏 が入りいやでも雰囲気は盛り上がります

sevenstars17 (186).jpg



たった 1 泊 2 日の旅だったのですが、ものすごく充実した内容でしたね。

スライドを見ながら旅を振り返ると、
眼がしらに熱いものがジーンとこみあげてきて...

その後のトレインマネージャーさんのトーク もとっても感動する内容でした。

sevenstars17 (187).jpg



そのあとにマイクを振られて...

かなりウルウルきて喋り辛かったんですが、何とかこの感動を引っ張ることができました


博多駅には定刻通りの 17:31 に到着し、ホームにはまたまた一組一人以上のスタッフがスタンバイ。

ある方は出口へ

そしてある方は再びラウンジ金星へ。


このクルーズトレイン、いろいろな本やネットで紹介されていますが、ほんと、それはもう
乗ってみないとこの感動は絶対に体験できないです。

映像や伝聞では伝わらない感動ってのが 「 旅 」 なんですよね。

こんなクルーズトレイン、世界中どこ探してもないです

内装や食事、スタッフのホスピタリティーはもちろん、
沿線の住民達にもものすごく大切にられている、みんなで盛り上がってるというのが成功の秘訣なのかな?

みんなが手を振って、カメラ構えて...

スタッフの方々も、
本当に自分の仕事に誇りと自信をもって、またとても楽しんで業務につかれているってことがよーく感じ取れました。

ラウンジ金星から帰路に向かう時、皆さん最後まで、笑顔で手を振ってくださいました。

nanatuhoshi17 (100).jpg



今度走る、TWILIGHT EXPRESS 瑞風や、TRAIN SUITE 四季島はどこまでの感動をくれるかな?


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック