2018年05月27日

らあめん花月の豚とろ・どん


久々に行って来ました、らあめん花月

以前は僕のよく行くショッピングモールのフードコートにあったので、ちょいちょい行っていたんですが、そこから撤退してしまったのであまり行く機会もなくなりました

また、成田空港第一ターミナルのフードコートにもあるんですが、最近は羽田空港出発の国際線が増えてなかなか成田には行かなくなったので、こちらもちょっと遠のいてしまいました。

今回は時間も中途半端になったにもかかわらず、近辺のラーメン屋は何処も行列ができていて...

で、ふらっとのぞいてみた花月が空いていたので、そこにしてみました

らあめん花月 嵐 八千代中央店

入り口すぐ右手に食券の販売機があり、そこで食券を購入。

ここのレギュラーメニューは、ニンニクげんこつらあめんなんですが、これもそこそこおいしくて僕も好きなんですけど、
もう一つのお楽しみが期間限定らあめん

今回のは、鹿児島ラーメン 豚とろ・どん¥750

ちょっと気になったので、こちらにしてみました

席は子供連れだったので、カウンターではなくお座敷に通してもらって

テーブルには各種調味料と、いろいろなご案内がありました。

kagetsu18 (1).jpg



向かいのカウンターは数人のお客さん。

kagetsu18 (2).jpg


しばらく待っていると、ラーメン到着

kagetsu18 (3).jpg



九州のラーメンというと、ほとんどが久留米ラーメンの影響を受けてるとかで、豚骨ベースが多く、なかでもとくに有名なのが、福岡、熊本のラーメンですね

鹿児島のは豚骨ベースではあるものの、久留米からは距離的にも遠くてそれほど影響を受けてないんだとか。

鹿児島の豚骨スープは他県の物とは考え方が違うらしく、沖縄の影響を受けていてそこから豚骨って手段を選んだんだらしい。

なので、他県のように白濁させずに割とクリアなスープがベース

それに野菜類や鶏ガラ、魚介などをブレンドするんですが、これは鹿児島ラーメンがこれだ...ってよりも、各店舗によって独自に提供しているので、あまり特徴は感じなんですね。

今回の花月の鹿児島ラーメンは、豚骨ベースで魚介類をブレンドした、いわゆるハイブリッドスープ

でも横浜家系のようなコッテリではなく、意外とあっさり系です。

具材は、きくらげ・もやし・万能ねぎと豚とろのチャーシュー

フライドオニオンが芳ばしさをプラスしています。

麺は中太ストレート

kagetsu18 (4).jpg



この辺が他県の細麺とちょっと違うところかな。

ちなみに、らあめん花月のホームページで鹿児島ラーメンの紹介をしています。

鹿児島ラーメンは、比較的あっさりと炊きだした豚骨スープに魚介の旨みを足し、中太ストレート麺の組み合わせというのが定番です。そこに、お店毎の創意工夫が施され、様々な独自の味わいが楽しめるというのが鹿児島ラーメンの特徴と言えます。細切りにしたキャベツが盛り付けられたり、豚とろのチャーシューが使用されたりと、『鹿児島ラーメン』は独自に生まれたと言われています。元々、豚肉を多く食べる沖縄との交流が深かったこともあり、鹿児島のラーメンはその影響を受けて、豚を用いた独自のラーメンが生まれたという説もあるようです。
一部抜粋


7 月末まで販売してますが、それが終わった終了します。

でも、人気があったらまた復活するかもしれませんね。

ということでおいしく頂けました


お店
名前 : らあめん花月 八千代中央店
住所 : 千葉県八千代市ゆりのき台 1-4-1
TEL  : 047-455-3588
営業時間 : 11:00 〜 24:00
年中無休
URL  :
http://www.kagetsu.co.jp/index.html


全国に 229 店舗展開するラーメン FC です。ニンニクげんこつらあめん、醤油・塩・みそをメインに様々なバリエーション、そして期間限定ラーメンでリピーターにも人気のあるラーメン店です。八千代中央店は東葉高速線の駅からは徒歩 10 分くらいと少し離れてますが、地元の人たちに人気の店です。常に新しい取り組みをしており、目が離せないラーメンチェーン店です。


らあめん花月嵐 八千代中央店ラーメン / 八千代中央駅

昼総合点★★★★ 4.0





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: