2017年01月19日

アテネの地下鉄に乗って


ギリシャの旅の最終日、空港に向けて出発...

なんですが...

この日は、某国の某大統領がいらっしゃってるということで、あちこちで道路規制が...

ギリシャもメンツがあるのか警察や機動隊だけではなくて、
軍隊まで出して警備しているという厳戒態勢

なもんで、市内中心部にあるホテルの周りには車が乗り入れることが不可能となり、また地下鉄の駅もいくつかは閉鎖...

セキュリティー関係は大まかなスケジュールは事前にネット配信されてはいましたが、詳しいことはその場にならないとわからないので ( 当然ですよね )、
どう転んでもいいような手を打ちつつ...

なもんで大きな荷物は朝早く規制が行われる前に、ホテルに車で来てもらって積み込んで...

我々は地下鉄で街はずれまで行ってそこから車で空港へ。

幸いホテルの真ん前のシンタグマの駅は開いているということだったので、これはラッキーでしたね。

我々が使ったのは、3 号線なんですが、これ、空港までつながってるのでそのまま空港まで行けばいいかなとも思ったんですが、空港閉鎖も考えられるので...
( 現に 14:00 〜 16:00 までは空港駅閉鎖になっていたそうです ) 安全をとってってことですね。

ンなわけで、シンタグマ広場から地下鉄乗車

greece16 (1).jpg



アテネの地下鉄は、1 〜 3 号線まであるんですが、これ、運営会社が違うんですよね。

歴史的にみると、始めは 1869 年にアテネ − ピレウス感を結ぶ蒸気鉄道として開通し、1904 年に電化されたのが、ISAP 社が経営している、1 号線。

テーマカラーは緑です。

こちらは、もともと蒸気鉄道ということもあり、アテネ市内中心部は地下を走っていますが、郊外は地上を走ってる部分が多いです。

次に、アテネ市内の渋滞と公害削減を目的に、1991 年より工事を開始されたのが、
テーマカラー赤の 2 号線とテーマカラー青の 3 号線です。

で、このアテネってところはご存知のように古代遺跡の上に現在の町があるところ

地下を掘ったら、何か出てくるんですよ。

掘る → 遺跡発見 → 調査 → また掘る → また遺跡発見 → 調査

の繰り返しでなっかなか工事が進まず、結局 2000 年の 1 月に開通。

その後、2004 年のアテネオリンピックのために 3 号線は空港まで延伸されたってわけです。

この 2 と 3 号線は、アッティカ・メトロ運営会社による運営です。

運営母体が違っても、切符は共通だし、乗り換えも特に何もないのでわからないとそんなことは感じないですよ。

切符は一番安いのが、70 分有効で € 1.40

一番初めに乗車するとき、構内の打刻機で時間を刻印し、その時間から 70 分間有効になります。

この方式はドイツ語圏や中欧諸国なんかではおなじみですね

ちなみに切符持ってても打刻してなかったら無賃乗車扱いになるので、注意ですよ。

また、工事のときに出てきた出土品はいろいろな駅に展示されています。

今回はその場所は通らなかったけど、そんじょそこらの博物館並みの物あったりするので、なかなか楽しいですよ。

そんなこんなで、電車がやってきました

greece16 (2).jpg



真昼間なのか、車内はガラガラ...

greece16 (3).jpg



よく外国の電車は車内放送がないからよくわかんない...なんて言われたりしてますが、最近はどの国でもしっかりと車内アナウンス、ありますよ。

日本ほどしつこくはありませんけどね。

でも...

ギリシャ語なので何言ってるかは全然わかりませんけど... 💧

ちなみにアテネの地下鉄、
2000 年開業当時は冷房がついていなかったとか...

こんな暑い国なのになんで

ってお思いの方、多いと思います。

経費削減?

技術的な問題??

構造的な問題???

いえいえ

注意してみてください。

地下鉄が走ったのが、2000 年の 1 月なんです

1 月...

💡 ✨

そうです。

暑くはないんです

なので、冷房のことまで頭が回らなかった....

ってのがどうやら真相のようです

んなアホな...

とお思いの方、これが世界標準ですよ

多分...

現在は冷房が取り付けられていて快適です


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック