2017年01月05日

アテネ国立考古学博物館より


古代ギリシャの文化に興味のある方は必ず訪れるという、国立考古学博物館

パリのルーブル美術館やロンドンの大英博物館、ベルリンのペルガモン博物館、バチカン博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館など、ギリシャ遺跡のコレクションは世界中にありますが、やっぱり本家本元のアテネの博物館、地元だけあっていいコレクションがそろっています

といっても、僕はあんまり詳しくはありませんので、詳しく知りたい方はいろいろな研究者の方がサイトを開いてますのでそちらを見てくださいね...

って、またまた人任せな記事になってしまいましたが... 💧

んで、ここの博物館は、
クレタ島以外のほぼギリシャ全土で出土したたくさんのコレクションが収められています。

特に、ギリシャが独立した後に発掘されたものは、基本的にギリシャからの持ち出しは不可なので、特に貴重なものはここに展示されているものが多いみたいですよ。

greece16 (24).jpg



それではここの有名どころをいくつか見てみましょう

この辺のは、シュリーマンが発掘した、今から 3500 年前のミケーネ遺跡からの出土品。

黄金のカップなんて今でも使えそうですね。

greece16 (18).jpg



女性用のアクセサリーなんかもあるんですが、やっぱり昔っから女性はおしゃれなんですね

greece16 (17).jpg



今でもどこかで売ってそうなデザインです。

こちらは、わかります?

greece16 (16).jpg



そうです。

安全ピンですよ

昔っから形、変わってませんね

こういったものはミケーネから出土されたということで、ミケーネの遺跡の模型も置いてありました。

greece16 (19).jpg



ええ。

むかし...といっても、今から 3500 年も前にこんなの使っていたわけですから、すごいですね。

もちろんまだまだあるんですが、次へ。

こちらの壺は、2800 年ほど前のものだそうです。

greece16 (20).jpg



立派なものですね。

こちらの青年の像は、紀元前 6 世紀位のものです。

greece16 (21).jpg



この浮彫は、何かのスポーツをしているものですね。

greece16 (22).jpg



これ、レスリングの原型と言われているスポーツなんですが、
古代ギリシャの花形スポーツといえばレスリング

レスリングの上半身だけで戦うというグレコ=ローマンスタイルっていう、グレコはギリシャという意味なんですよ。

ちょうど、紀元前 1 世紀から 5 世紀にかけて、ギリシャ文化からローマ文化への過渡期の時代のことを、
グレコ=ローマン文化って言ってるので、その時代に流行ったスポーツなんですね。

紀元前 5 世紀のこちらも有名なポセイドンの像

greece16 (23).jpg



青銅でできたものなんですが、これ、ギリシャを占領したローマ人がローマに運ぶ途中、船が転覆して海の底に沈んでいたらしい。

1950 年代位にトロール船の網に引っ掛かって水揚げされたらしいです

最近の研究の結果では、これ、ポセイドンではなくてゼウスじゃないかという話もあるみたいですけどね。

それにしても、魚取りしてたらこんなのが網に引っ掛かるなんて... 🚢

さすがギリシャ...

ですね。


まだまだ面白いものたくさんあったのですが、今回はこの辺で


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック