2016年07月27日

アルザス・欧州日本学研究所へ


翌日...

今回の旅の最大の目的である、CEEJA ( アルザス・欧州日本学研究所 ) を訪問しました。

アルザスの有名な町、コルマール近郊のキーンツハイムという村に、2001 年に創設された施設です。

CEEJA とは、
CENTRE EUROPEAN d’ETUDES JAPONAISES d’ALSACE ま、直訳して、アルザス・欧州日本学研究所って意味になります。

日本とフランスの文化を互いに紹介したり、交流したり...

コルマールには約 5000 人が現地の日本企業で働いていることもあり、このあたりの人たちは日本に対して非常に興味を持っているという土地柄もあるんですよね。

また、この施設は、現在既に日本のいくつかの大学と、教育や研究に関わる提携を結んでいて、たくさんの学生さんがこちらの施設で勉強、研究されています。

そんな施設の方々と、今回はイベントの打ち合わせ。

そんなわけで、キーンツハイムって村には非常に行きにくい...場所なので、近くのコルマールまで列車で移動。

alsashita (103).jpg



駅員さんは女性でしたよ

alsashita (105).jpg



ま、どーでもいいんですが...

で、列車に乗って約 30 分。

コルマールの駅にスタッフが迎えに来てくれて、そこから CEEJA の施設へ 🚙 💨

alsashita (111).jpg

alsashita (112).jpg



ミーティングの前にちょこっと中を見させていただいたんですが、日本関係の本もたくさんありました

alsashita (113).jpg

alsashita (114).jpg



こんな田舎 ← 失礼... でこんなにたくさんの日本語の普通の本を見かけるとは思ってませんでしたけどね。

それ以外にも様々な日本を紹介する本や、歴史書、専門書も充実していました

alsashita (115).jpg



そんなこんなで、この後キーンツハイムの村へ。

そしてブドウ畑の中を通りながら隣村の有名なリクヴィルの村まで行きました。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック