2017年12月07日

アルノ川沿い一つ星ディナー


前回も行きましたが、今回も行ってまいりました。

BORGO SAN JACOPO

前回は人数が少なかったので、地上階のメインダイニングでしたが、今回は割と人数がいたので、上の階にある一つの部屋を貸し切り

貸し切りといっても、10 人ちょっと入ったら一杯になるところですけどね

で、お食事は前回とほぼ同じなんですが、若干変わっていて...

最初のトマト入りパンは同じでしたが。

buonoita17 (119).jpg



お次のプリモは、トスカーナの郷土料理である
“ リボリータ ”

よく、トスカーナ地方のパン入りスープなんて訳されたりしますが、我々がイメージしているスープというような液体ではなく、パンが液体を思いっきり吸っていて
ほとんど固形という感じのものです...

って言ったらあんまりおいしそうには聞こえないんですが、おいしいですよ

今回はその伝統的家庭料理をこの店風にアレンジして持ってきてくれたのがこちら。

buonoita17 (120).jpg



はい、おしゃれにきましたね

オリーブ油もふんだんに使い、脂っこいこてこてのような感じに見えますが、意外とさっぱりして食べやすかったですよ

そしてお次は、前回と同じ、

7 年熟成のアクエッロ米のリゾット
サボイキャベツ リンゴ マスの卵、黒トリュフ


buonoita17 (121).jpg



しっかりと熟成米を味わって噛みしめて食べました

そしてメインも同じく、

スズキのグリル
季節の野菜を添えて


buonoita17 (122).jpg



この二品は前回と同じだったのですが、デザートはまた代わって、

二色のチョコレートムース

buonoita17 (123).jpg


そんなに甘くなく、おいしく頂きました。

やっぱりおしゃれな店内は料理もおしゃれですね

やっぱりこれくらいの量が一番おいしく頂けると思いますよ。

決して日本人用に少量にしているわけではなく、これが通常量ですからね


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


    






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: