2016年10月30日

インドのマクドナルドって


デリーで一泊した後は、国内線 でガヤの町へ。

はい、そこは仏教の聖地のひとつである、お釈迦様が悟りを開いた地、
ブッダガヤの入り口でもあります。

で、国内線の空港に到着して、時間もなかったので軽くお昼ご飯を。

ほんと、10 分ちょっとくらいしか時間がなかったので、空港内のフードコートにあるマクドナルドで軽く食べました

ind-i16 (9).jpg



インドって、ご存知の方も多いと思いますが、
国民のほとんどが牛肉を食べないんですよね。

ヒンズー教の方々にとっては、牛は神様の乗り物であると同時に神聖な生き物だし、別にヒンズー教徒じゃなくても、牛ってのはとっても神聖なものとしてあがめられています。

子供のころから牛は食べ物ではないって教育を受けてますから。

なので、世界の人口のざっと 12 億人くらいは牛肉を食べないってわけです。

次いで豚肉はイスラム教徒の方々は一切目にするのもダメなので、
世界の人口の 16 億人は豚肉を食べないんですよね。

インドでも半分以上の人たちは豚肉は食べないんじゃないかな?

というわけで、インドで肉と言ったら 90% くらいが鶏肉

どこへ行っても鶏・鶏・鶏...

次いでヒツジやヤギって感じかな?

なので、我々の仲間がインドに行ってきて、帰ってきたらお刺身か焼肉が食べたいってよく言いますね

あとは上流階級の人たちにかなり多いのがベジタリアンの方々

基本的には、生きている動物を殺したものはダメなので、肉・魚・卵はダメなんだそうです。

でも、ミルクなんかは殺していないので牛乳、チーズなんかはオーケーなんだそうですよ。

宗教的にもっともっと厳しい人は、土の中のお野菜もダメなんだとか。

大根やジャガイモ、ニンジンなどなど...

これは小さな虫がそういう食材に入っていて知らず知らずのうちに殺してるかもしれないってことで...

この辺りは信仰していないと決して理解できないんでしょうね。

僕んところの宗教はなんでも食べることができて、ほんとによかった...

って考えてみたら、今の世の中、
ベジタリアンって決して身体にいい食生活ではないんですよね。

なんかめっちゃ偏食...って気もして、身体に逆に悪い気もしますが。

そんなインドでマクドナルドができた時、果たして成功するのかとかなり議論されたそうなんですが...

今のところ大成功を収めています。

なぜかって?

メニューが他の国と全く違うんですよ。

牛肉メニューは一切なし

日本と同じメニューは、フィレオフィッシュとチキンナゲットくらいかな?

ind-i16 (10).jpg



あとはチキン関係とベジタリアンメニューばかり。

そんなマクドで、せっかくなので食べてみたかったのがこちら。

ind-i16 (11).jpg



チキン マハラジャ マック

ind-i16 (12).jpg



チキンパテを使ったビックマックのようなものです。

ind-i16 (13).jpg



ま、チキンパテというか、チキンナゲットの薄いやつって感じなんですが。

そして野菜もたっぷりで、パラペーニョも入っていていいアクセントになっているんですが、ちょっと辛いのが苦手な方はつらいかも。

逆に心配していたカレー風味は一切なかったですよ。

毎回ってわけにはいかないですが、これもありですね。

というか、日本でも出さないかな...?


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インドの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック