2018年10月21日

インド人の食事は毎日カレー?


インドの旅行とカレーは切っても切れない関係です

なんせ、デリーやムンバイといった都会は別として、
田舎に行くとほとんどがインド料理屋さん。

で、インド料理というとカレーなんですよ。

一言でカレーというと、1種類と思ってしまいますが、現地の人にとっては前にも書いたと思いますが、カレーというのは日本人にとっての出汁みたいなもので、具材やスパイスの配合で全然別の料理となります。

日本でも、肉じゃが、おでん、ほうれん草のお浸し、揚げ出し豆腐、切り干し大根、みそ汁、お吸い物、豚汁...

などなどにお出汁を使いますが、全部別の料理ですよね

でも、外国人にとっては同じ味と感じる人もいるみたいです。

出汁も、鰹節、昆布、椎茸、醤油などのほかにも、いろいろな魚やお野菜からエキス分を抽出し、微妙な味わいを楽しむんですが、これもなかなか慣れてない外国人にとっては同じ味...ってなるみたいですね。

インド料理でメインで使うスパイスが、

ターメリック ( うこん )

パプリカ

ブラックペッパー

クローブ ( 丁字 )

コリアンダー

コリアンダーシード

グリーンカルダモン

クミンシード

スターアニス

シナモン

ベイリーフ ( 月桂樹 )

ジンジャー

ナツメグ

マスタード


なんかは有名ですが、それ以外にも、

アジョワン、メース ( ナツメグの周りの皮 )、カレーリーフ、ヒング、ファンネル、カロンジ、フェヌグリーク / カスリメティ、キャラウェイ...

唐辛子一つとっても何十種類とありますから

フランス料理なんかでもよく使われているものもありますよ

通常こういったものの中から、食事に合うものを数種類ブレンドして使うんですが、めんどくさければ、ミックススパイス ( ガラムマサラ ) を使って料理することもあります、というよりそっちの方が多いです

このガラムマサラもメーカーによってさまざまな特徴があります

めちゃくちゃ奥が深いのがインド料理のスパイス

ンで、カレーというのも今でこそインドでもどこでも通じますが、そもそも外来語で、
いろいろなスパイスを配合した煮込み料理をひっくるめてカレーとくくったんだそうです。

日本でいう、煮物ってひっくるめたようなものなのかな?


そんなわけで、インドのカレーも、我々にとってはチキンカレー、バターチキン、赤豆カレー、黄豆カレー、野菜カレー、カリフラワーのカレー、卵のカレー... などなどとたくさんの種類がありますが、食べてみると微妙に味わいが違いますよ。

ま、気を付けてないと我々にはなかなかわからないレベルですけど。

また、北部と南部、中央高原地帯と山岳部などなどで全然変わってくるんですよ。

でも、カレーですけどね...

と、いろいろと難しい話は置いといて、今回最初にいただいたインド料理はこちらの BUFFET

indo18 (42).jpg



インドで肉と言ったら、90% がチキン

なので、当然チキンカレーは定番です。

indo18 (43).jpg



鶏の揚げ物もありました。

indo18 (44).jpg



インドでは、
中 〜 上流階級のほとんどといっていいくらいの人たちがベジタリアンのようです

今までインドでお会いしたガイドさん達は全員ベジタリアンでした

ま、両親がベジタリアンの家で育つと、肉は食べ物ではないという認識なので、自然とベジタリアンになるみたいです。

宗教的にベジタリアンって人も多いんですが、今やほとんどが子供のころから肉は食べてない...食べ物じゃない...って育ってるみたいで、今更おっかなびっくり食べるのもなんだし...という人が多いようです。

もちろん大人になってから肉食べて、

「 こんなにおいしいものがこの世にあったのか...」

とはまる人もいないわけではないんですが、超少数派みたいです


ということで、肉はチキン

たまにヤギや羊も食べたりしますが、こちらも山岳地方など限られたところみたいですよ。

シーフードもコルカタやムンバイなど海岸に面したところくらいしかあまり食べないみたいです。


あ、あと日本でインド料理と言ったらナンが出てきますが、
一般のインド人はナンは通常食べません

というか、普通では食べられません

インド人の中でも、
日本に来て初めてナンを食べたって人もいるくらいですから

なぜナンを食べないって?

これ、作るのはタンドールという釜が必要なんです。

あのタンドリーチキンを焼く釜ですね。

もともとは土でできた釜で、300 〜 500℃ くらいで焼き上げる ので、外はパリッと中はもちもちとした食感になります。

そう、ナポリのピッツァと同じような原理ですね。

でも、そんな釜、一般家庭にはありません

インドでも限られたお店にしかそんなもの無いので、一般的にはなかなかお目にかかれません。

通常インドの人は、フライパンで同じようにして作った何の薄いバージョンである、
チャパティーパラタをよく家庭で作ります。

食感も軽くて食べやすいですよ。


話が長くなってしまいましたが、今回 BUFFET から盛ってきてこんな感じになりました。

indo18 (45).jpg



割とおいしかったですよ。

インドの食事、まだまだ日本に情報が入ってない部分が多く、書きごたえはありますが、今回はこの辺でね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | インドの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: