2016年08月31日

エッギスホルンの展望台から


グリムゼル峠から、一旦峠の宿場町といわれているグレッチェという村に降り、そこからローヌの谷を走って数十分。

フィーシュという村からロープウェイで、エッギスホルンの展望台まで登ってみました。

フィーシュからロープウェイで約 7 分。

フィーシャーアルプというところで乗り換えて、また 7 分。

展望台の駅に着きました

suiss16 (31).jpg



この辺りは標高 2900m 前後なので当然木など生えておらず、石ころだらけの景色。

ここからの最大のハイライトは、目の前に流れる世界最大の氷河、
アレッチ氷河がドドーンとみられるってことです

まずはきれいにみられる場所まで行ってみましょう。

suiss16 (38).jpg



アレッチ氷河はユングフラウエリアでは有名な世界遺産にも登録されている氷河で、よく観光で行くのはユングフラウヨッホから眼下に流れていく姿...

つまり上流から下流方面を見るパターンが多いんです。

でも今回は下流から迫ってくるような形で見られるってことで、めちゃ楽しみですね

というわけで、完璧な天気の中見えたのがこちら。

suiss16 (34).jpg



左側の一番高い山が、標高 4,158m のユングフラウ

そして正面の谷間に何となく見える人工物が、ユングフラウヨッホ展望台

そして右側の山が、標高 4,107m のメンヒ

その手前の真っ白い山が、標高 3,933m のトルークベルク

その向こう側の右端に見えるあまり雪がくっついてない山が、標高 3,970m のアイガー

と、このあたりの山々も富士山より高いのがたくさんあります。

それにしてもここまできれいにみられるなんて...


ユングフラウエリアが展望台から見て北側なんですが、南西側を見るとこれまたきれいにこの山が見えました。

suiss16 (40).jpg



はい、マッターホルンですね。

とんがり三角の山です。

その左の山の塊は、テッシュホルンとかドームとかそのあたりの山々なんでしょうね。

そして、西側を見てみると遠くにモンブランが見える ということなんですが、見えますかねぇ..

suiss16 (37).jpg



見えてるんですが...

拡大投影

montblanc16.jpg



はい、がっつり見えました

これでアルプスの三大名峰征服...ですね

では改めて全部見てみましょう




こちらは下の村...かな?

suiss16 (29).jpg



このエッギスホルンエリアでは、氷河を間近に見たりできる数々のトレイルが出ているので、ハイキングなんか好きな方は楽しめそうですよ 👟 👟 👟


ところでこの展望台に不思議なものを発見 👀

suiss16 (45).jpg



この棒の上に積まれた石は...

なんでもパワースポットのような場所で、この中に入ると気持ちがよく感じるポイントがあるそうで、そこにたたずむとリラックスできるとかなんか書いてありました

時間もたくさんあったので、この中をうろうろと...

目をつぶりながら...

大地の息吹を感じながら...

自然のエネルギーを感じながら...



全然わかりませんでした...


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック