2017年08月19日

キト郊外観光の恒例、赤道へ


キト郊外の赤道訪問はこれで 4 回目なので、ここのところの詳しいことはすでに過去に書いたのでその辺を参考にしていただいて...

キトと言えば赤道ですよね!? 2013

立派な赤道記念碑..でも... 2013

とりあえず赤道まで行きました 2014

まずは赤道に行って恒例の実験 2015

今回もやってきたところは、ここ、Museo de Citio Intiñan 赤道博物館

quito17 (44).jpg

i-galapa17 (3).jpg



一応ここに赤道が通ってるということで、
ここで様々な実験が行われています

一応この線が赤道ね。

quito17 (48).jpg



ね、ちゃんと線引っ張ってあるでしょ?



ここでは恒例の様々な実験が行われています

例えば、これ。

quito17 (57).jpg



何やってるかわかるかな?

quito17 (58).jpg



実はこれ、釘の上に生卵をたたせる実験です。

quito17 (61).jpg



赤道上では余計な力がかかってないから立ちやすいんだとか。

ほら。

quito17 (60).jpg



割と簡単にできますので、皆さんもやってみてくださいね

それ以外にも、水が流れるときに渦の巻き方が違うとか、人間の力の入り具合が違うとかいろいろとね。

そしてここは赤道を使って遊ぶことの他に、
エクアドルの様々な原住民のことも紹介しています。

例えばこちらはアマゾン地方に現在でも住んでいる裸族の一つ、ワオナニ族の暮らし。

quito17 (46).jpg



男性の大事なところはひもで縛り、耳に大きな穴をあけているのが特徴です。

そしてこちらは首狩り族

quito17 (68).jpg



高貴な方が亡くなったとか、大事な人が亡くなった時に頭の骨を取り出して残したり、戦いで勝った時に相手の頭の骨を取り出したりと様々なものがあります。

でもさすがに現在では人間の骨をはがすことは禁止されているので、代わりに猿の骨とかをやってるみたいですよ。

これ、うまく皮をはぐために秘薬につけておくそうなんですが、
その成分は今を持ってもまだわからないそうです

こちらはエクアドルの国鳥、ハチドリの像

quito17 (49).jpg



というわけで、ここが本当の赤道...

なのかな?

一応調べてみました

i-galapa17 (1).jpg



はい。

ちゃんと、北緯 0°0' 0" となってるでしょ?

でも...

ね、

これ測定したのは...

ここに引っ張ってる線上ではなくって...

さてどこでしょ?

皆さん、実際に行って測定してみてください


というわけで、赤道博物館を後にしてもう一つの赤道記念碑にも行ってみました。

はい、これ。

quito17 (72).jpg



こっちの方が立派なのは、国が管理してるからなんですよ。

さっきのところは個人のところね。

quito17 (71).jpg



ここから、各国の主要都市までの距離も書かれています。

quito17 (70).jpg



ちなみに東京までは 14,452.11 km だそうですよ


ところで、ここを測量したのはフランス人の科学者なんですが、
なぜここに来たのか?

例えば、

アフリカは砂漠だし、

アジアは熱帯ジャングルだし、

他の地域もほとんど似たようなジャングル系なのでなかなか足を踏み入れられない地域です。

その点ここは赤道直下でありながら、さわやかな気候だし何といっても標高が高いので星の測量なども非常にしやすかったからというのが理由の一つみたいですね。

そんなわけで、
キトに行ったらとりあえずこの赤道、行ってみてください

結構面白いですよ

ちなみに、キト... QUITO って意味は、
現地の言葉で Quitsa To ( 地球の真ん中 ) という言葉からきたといわれています。

本当に真ん中なんですね


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






ラベル:キト 赤道
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: