2017年12月24日

クリスマスケーキは日本仕様


今年はクリスマスイブも日本で

こちらが今年のクリスマスケーキ

xmas17 (2).jpg



クリスマスツリー と一緒に

xmas17 (1).jpg



近所の有名なケーキ屋で、クリスマスケーキを予約して、みんなでいただきました

こういう、どノーマルな日本独自の文化もたまにはいいですね。

ちなみに、ど定番のクリスマスケーキ、これは日本が発祥なんだそうです。

あのペコちゃんで有名な不二家が大正 11 年に始めたらしいです。

「 クリスマスにケーキを食べよう 」 キャンペーンをしてね。

スポンジケーキに生クリームをぬって、砂糖やマジパンでできたサンタさんや家などが載せられ、いちごがデコレーションされ、クリスマスツリーなんかがのっかった定番のケーキ...

しかし当時は高価で一般の人々が購入できる代物ではなく、実際に庶民に浸透したのは、昭和 50 年代に入ってからのようですよ。

年に一度のクリスマスにケーキ...

子供たちも盛り上がりますね

では他の国々は何を食べているのかというと、

クリスマスの本場であるドイツは、シュトーレン

フランスアルザス地方はベラベッカって言うドライフルーツがいっぱい詰まったお菓子

イタリアではパネトーネ

フランス全土のブッシュドノエルは生ケーキですが、でも圧倒的に日持ちするドライケーキが主流ですね。

アメリカではクッキーが主流のようです。

ちなみにクリスマスにケンタッキーを食べるのも日本くらいかな?

うちは子供のリクエストで、ファミチキになりましたが


さて、子供たちにはサンタさんは来たのかな?


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: