2016年12月22日

グランプラスでゆったり夕食


イルミネーションを見た後は、同じくグランプラスに面しているブラッセリーで軽く夕食 🍴

行ったお店は Brasserie de l’Ommegang

xmas16 (24).jpg



あ、この写真は一夜明けて翌日に撮ったものです。

夜は暗くてよく撮れなかったもんで...

で、このお店、以前行ったグランメゾン、La Maison du Cygne と同じ系列で、場所もそのレストランが入ってる建物の地上階に位置しています。

というわけで、今回こちらでいただいたものは、

Puff Pastry of Goat Cheese with Muscat Wine and Salad

ヤギのチーズのパイ マスカットとサラダとともに

xmas16 (16).jpg



ヤギのチーズに熱を加えてとろりととろける感覚はいい感じですね

温めると口の中にも独特なチーズの香りがいっぱいに広がります。

それがサラダと一緒にいただくと、とても食べやすくなりますよ

そしてメインは、

Beef filet “ Rossini ”, Porto Sauce and Roasted Potatoes

ビーフステーキロッシーニ風、ポートワインのソースとポテトのロースト

xmas16 (17).jpg



はい、でました ○○のロッシーニ風

フォアグラをのっけた調理法ですね

ロッシーニ、そうです。言わずと知れたあの音楽家のロッシーニです。

「 セビリヤの理髪師 」「 ウイリアム・テル序曲 」 なんかで知られたあのジョアキーノ・アントニオ・ロッシーニです。

彼は超有名な音楽家 であったと同時に、超美食家 でもあり、大好きなトリュフを探すための豚を飼育するために、音楽家としの絶頂期であった 37 歳に突如として引退してしまうという人だったそうです。

なので、トリュフとフォアグラを使った調理法が有名なんですが、特に牛肉のロッシーニ風というと、通常は、3cm くらいの上質なフィレ肉のステーキの上に、ソテーしたフォアグラをのっけて、トリュフ風味のフォンドヴォーベースのソースにマデイラ酒を混ぜた、ペリグーというソースをかけたものなんだそうです。

今回のはちょっとそのバリエーションで、マデイラ酒の甘さの代わりに、ポルトワインを使ったものなんですね。

で、ステーキの焼き方の基本は Saignon ( レア ) なので、当然僕もレアが大好きなのでレアで注文。

xmas16 (18).jpg



付け合わせはこれもポテトを使ったものが基本で、グラタン風や薄くスライスしたソテーが基本なんだとか。

フォアグラとフィレ肉...いい感じでマッチしますね。

この、ビーフステーキ・ロッシーニ風ってのは、フランス語で、トゥルヌド・ロッシーニ ( Tournedos Rossini ) っていうんですが、これには面白い逸話があります。

ある日のことです。

ロッシーニは新しい肉料理を思いつき、自分のコックに調理させました。

キッチンで調理しているシェフにロッシーニはあれこれ口出しするので、それを煩わしく思ったシェフは、

「 そんなことを言われるとうまく料理が作れません 」と嘆くと、ロッシーニは、

「 それならあっちを向いて調理したまえ、私に背を向けてね ( tournez moi le dos )

と答えたそうです。

そこから、tourne le dos → Tournedos

ってなったとか。

面白いですね。

そして最後にデザートが、

Peer Baked in Batter, Vanilla Ice Cream

洋ナシのバター焼き、バニラアイスクリームをのせて

xmas16 (19).jpg



なかなかこれがしつこくなくっておいしく頂けましたよ。

最後、支払いの件で一人のウェイターと口論になって、かなり気分が悪くはなりましたが、それさえなければとってもお薦めのお店です。

過去来たときはそんなことなかったんですけどね。

ほんとそれさえなければ、コスパもいいし、地の利もいいし、超おすすめなんですが...


お店
名前 : Brasserie de l’Ommegang
住所 : Grand-Place 9 | 1000 Bruxelles
TEL  : 02 511 82 44
営業時間 : 12:00 〜 14:30 / 18:00 〜 22:30
定休日 : 土・日・祝日
URL  :
 http://www.greatmomentsinbrussels.be/fr/brasserie-lommegang/

ブリュッセルの中心地、ブランプラスに面している老舗のブラッセリー。
建物の上の階にある、高級レストラン La Maison du Cygne の系列で、気取らずお手軽にいただくことができますが、味は保証付きです。
人気があるので、週末やシーズン中は早めの予約がいいですよ。





関連ランキング:西洋各国料理(その他) | グランプラス周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック