2016年11月12日

サイクルリキシャで町を走る


夕方

日没のガイガーでのお祈りを見るためにホテルを出発

ホテル脇に止まっていたリキシャに乗って

リキシャというのはインドでは定番の乗り物なんですが、インド中で一番多いのはオートリキシャという、ガソリンもしくは天然ガスで走るオートリキシャです。

もういろいろな町、いろいろな場所で我が物顔で走っています

最近、電動リキシャなるものもあるみたいですが...

で、もう一つ、西インドのコルカタのみとなってしまいましたが、それこそ人力車も観光目的ではなくって、まだまだ現役の交通手段として走っています。

でも人力車は、新規営業許可証が下りなくなっているので、そのうち無くなってしまうのかな?

そして今回乗ったのは、デリーではほとんど見かけないんですが、昔はどの町でも生活の足として使われていたサイクルリキシャ

india16 (216).jpg



おっちゃん...( 大体がおじいさんかな ) がチャリンコを漕いで、人が座る台を引っ張って走るものです。

india16 (221).jpg



エンジンの音は当然しないんですが、ペダルをこぐ音がキーコキーコと。




なんか...
若い僕が座っていておじいさんがこぐってのもなんか悪いような気もしないでもないですが...

で、このおじいさん、これだけ重いものを引っ張って ( だいの大人が二人乗ってました ) いたんですが、かなりのスピードで走っていましたよ

僕ならそこまで走れないかも...

変速機もついてないしね。

最近、電動アシスト付きサイクルリキシャも出てはいるみたいですが...

そんなこんなでヴァーラーナシーの町をどんどん走って...

india16 (224).jpg



この日はヒンズー教のお祭りだったそうで、日没に近づくにつれどんどんと道路も混んできました。

india16 (226).jpg



大勢の人やバイク、他のリキシャ、オートリキシャ、自転車、車、牛などをかき分け走っていきました

india16 (227).jpg



快適...とは言えませんが、大渋滞のヴァーラーナシーの町にはこれが一番早いかも...

でも今回はちょっと距離が長かったので、
50 分くらい乗っていたらお尻と腰がものすごく痛くなりましたけどね。

リキシャ系は、よくぼったくられるとか聞きますので、ちゃんと相場を知ってちゃんと交渉してから乗ってくださいね。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック