2016年12月06日

トレドのオシャレなバルにて


トレドの観光、ひとまずキリのいいところでお昼ご飯 🍴

お昼は軽くということで、旧市街にあるバルでタパスを何種類かつまむことにしました

行ったお店は、LA ABADIA

spain16 (91).jpg



外観はトレドの旧市街内にある建物らしく、周りとの調和が保たれて古臭いような感じなんですが、中に入ると打って変わってめちゃオシャレ...

spain16 (94).jpg



お隣のバーカウンター

spain16 (93).jpg



こういう雰囲気のお店は、
一般的な日本人観光客としてはなかなか両極端の賛否両論がある...っていうか、ほとんどの方々はあまり好まないみたいなんですよね。

というのも、お店を予約や選定する人たちにとっては、

スペインらしくない...

とか

斬新すぎる...

とか言ってね。

でも、僕はこういったところ大好きなんです

わざわざこういうの探していくくらいですから。

もちろん、クラシックな内装のお店もそこはそこでいい雰囲気で大好きなんですが、せっかく世界の料理の最先端を走ってるバスク地方があるスペインに来たわけですから、ちょっとモダンな料理もたまには食べてみたいし、皆さんに知っていただきたいんですよね。

というわけで、期待に胸を膨らませて...( 表現が昭和か? ) お店に突入

入り口近くは超モダンっぽい感じだったんですが、我々の席はこれまた面白い感じのお部屋

spain16 (92).jpg



はい、それではここでいただいたものをいってみましょう

タパス形式というか、大皿に盛られてきて取り分ける形式を取りましたが、まずは、

Ensalada de queso tostado con setas vinagreta de membrillo

トーストしたチーズとマッシュルームのサラダ マルメロのドレッシングで

spain16 (95).jpg



マルメロって、カリンの一種で酸味のすごくあるフルーツなんですが、その酸味をドレッシングのお酢の代わりに使用しているもので、人工の酸味にはないさわやかさを感じました

レタスなんかにめちゃ合うんですが、おいそれと手に入る代物ではありませんね。

それと焼いたチーズ、
これまたこれらの葉っぱたちと食べるにはぴったりすぎる味でした。

おそらくドレッシングには塩をほとんど入れてなく、こNチーズの塩味と一緒に食べることを想定しているんでしょうね

たぶん...

お次は、

Croquetas jamón y pollo

ハムと鶏肉入りのコロッケ

spain16 (96).jpg



数個食べてしまってから撮りましたが...💧

これもいい感じで味がついていましたね

日本でコロッケを食べるときは、とんかつソースをつけたりしますが、こちらは塩味も効いているのでそのままいただきます

日本のとはちょっと違う感じですが、これはこれでおいしく頂けるんですよ。

そして、

Crujientes de bacalao marinado con allí-olli de ajos negros

タラのマリネのざく切り天ぷら アリオリのディップ

spain16 (97).jpg



天ぷらは天つゆ...ってのは日本料理なんですが、これ、
アリオリソースに付けて食べるとめちゃうまし

アリオリソースってのはニンニク風味ばっちりのマヨネーズのようなもので、これ、カタロニア地方の郷土料理である 「 フィデワ ( パスタのパエージャのようなもの )」 に付けて食べるのは最高なんですが、僕もよくスーパーで買って帰って、焼きそばに付けて食べたら最高なんですよ

で、これに付けて天ぷらいただくと、これまた最高

その次は、

Puchero de carcamusas a la toledana típico guiso toledano

「 カルカムサス 」 トレドの伝統的な豚肉の煮込み

spain16 (99).jpg



トマトベースのスープの中に、豚肉や豆、チョリソーの入った煮込み料理です

ボリューム満点でした。

それから、

Raviolis de pato confitado al oporto y crudite de verduras

鴨のコンフィ入りラヴィオリ ポートワインのソース

spain16 (98).jpg



何となく東洋っぽいお料理で、落ち着くような感じがしました。

材料も味付けも調味料も、どこにも東洋っぽい要素はないんですけどね。

でもなんか、シュウマイを思わせるようなお料理でした。

もしかしたらシェフはそれを狙ったとか...

こちらは、

PARRILLADA DE CARNES
Ibérico, buey, ciervo, pollo, panceta confitada, salchicha criolla y chorizo ibérico.
Acompañado de salsa chimichurri


肉のミックス鉄板焼き
イベリコ豚、牛肉、鹿、チキン、ベーコン、クレオールソーセージ、イベリコ豚のチョリソー。
チミチュリソースとともに


spain16 (100).jpg



チミチュリソースってのは南米はアルゼンチン地方発祥で、パセリとニンニクのみじん切りを塩とオリーブ油とワインビネガーで和えたものがベースとなるソースです。

これに唐辛子パウダー、オレガノ、コショウなどの香辛料が加えられているんですが、これをつけながらいただきます。

南米では、スーパーにチミチュリソースの素なるものも売っているくらい、メジャーなものらしいですよ。

そして最後は、デザートの盛り合わせ

Selección de postres

spain16 (101).jpg



左側二つが、
Brownie con helado de vainilla y crocante de chocolate
ブラウニー バニラアイスクリームとカリカリチョコ

右上が、Pastel de queso チーズケーキ

右下が、Ponche de mazapán con trufa de chocolate
トリュフチョコレートいりマジパン

ということで、これまたそんなに甘くなく、全部完食

最近スペイン料理って甘さ控えめになったのか、それとも僕の味覚がマヒしてきたのか...ともかく食べやすいデザートが増えてきましたね。

晩御飯は高級料理店に行くからお昼は軽めということだったんですが、またまた食べ過ぎてしまいました 💧

やっぱりおいしかったらみんな食べますよねぇ...


お店
名前 : LA ABADIA
住所 : Plaza de San Nicolas, 345002 Toledo
TEL  : 925 25 11 40
営業時間 : 8:00 〜 0:00
       13:00 〜 16:00 / 20:00 〜 0:00 【 ランチ/ディナー 】
年中無休
URL  :
 www.abadiatoledo.com/

トレドの旧市街にある、創作料理を食べさせてくれるバル & レストラン。
観光客よりもむしろ地元民に人気のお店で、ちょっとわかりにくいところにありますが、地元の人に聞くとほぼ教えてくれます。
そのあたりのバルよりもちょっと高級ですが、お味は間違いなし。
あまり予約を取っていく人は少ないようですが、早い時間だとあまり待ち時間もなく入れますし、食事の営業時間前についても、バルエリアで一杯飲みながら、ちょっとつまみながら待つのも楽しいかもしれませんね。





関連ランキング:モダンスパニッシュ | トレド





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  








ラベル:トレド バル ABADIA
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック