2016年10月14日

ナイアガラ・オンザレイクの町


1792 年、イギリス人がカナダの地にやってきて、初めの総督府がおかれ、
首都としての機能を持たせた町が、オンタリオ湖畔の、ナイアガラ・オン・ザ・レイクという町です。

現在では 19 世紀のイギリス風町並みが残されているとってもきれいな町で、カナダ人の住みたい町 No.1 にも選ばれたことがあるという、とっても落ち着いた可愛らしい町です

メインストリートの Queen Street は約 200m でその両側にいろいろなおしゃれな店が立ち並んでいます

こちらは、この町のシンボル的存在の時計塔

canada16 (47).jpg



Queen Street のど真ん中に建っていて、その存在感はすごいですね

時間を見るって目的もあるんですが、これ、もともとは第一次世界大戦で命を落とした戦士のお墓として建てられたものです。

そしてそのすぐ脇には、元裁判所だった建物で、現在のコートヤード劇場。

canada16 (49).jpg



そして、その他もかわいらしい建物がずらっと並んでいます

canada16 (46).jpg



こちらは一年中クリスマスグッズを売っているお店

canada16 (48).jpg



おしゃれな雑貨屋さんなど

canada16 (44).jpg



有名なのは、手作りのジャムやさんとか、カナダワインのお店とか...

可愛らしいお店が多くて、すべてのお店を覗いてみたくなりますね

時間もすぐにたってしまいますよ


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック