2017年06月04日

ナポリ風本格派ピッツァの店


ミラノの大聖堂裏の教えていただいたピザ屋さん。

Trattoria Mozzarella e Basilico


観光客も割と多い地区なので、おいしいお店を見つけるのが難しいエリアなんですが、信頼できる方に教えていただいたのでちょっと行ってみました

イタリアでピッツァと言ったら、

ピッツァ発祥の地で、もちもち生地のナポリ

vs


洗練された都会風でパリパリ生地のローマ

とお互いライバルで、それぞれ地元のピッツァを愛している国民食となってるんですが、それ以外の町にも特徴的なピッツァは多々あります。

ここミラノでは、ローマ風よりも薄いパリパリピッツァが特徴で、ローマよりも薄くって平べったくってパリッとしている...ってのが僕の感想かな?

そしてなんと誰が数えたのかわからないんですが、
ここミラノがピッツァを出す店がイタリア一多い町なんだそうな

ピッツァの人気が高くって、高級店以外は

ピッツァだしまっせ...( Pizzeria )

って看板を出せばとりあえずお客さんが入ってくるとか。

なので、あまりにも粗悪なピザ屋さんが林立したので、ミラノ市もピッツァ認定書なるものまで作ったとか何とか言ってたなぁ...

かなり前の話ですけどね。

なんかピッツァってのは日本でいうラーメンという位置づけに似てるかな?

ってのも、同じラーメンでも札幌福岡ではスープから麺の太さまで全然違うし、
喜多方佐野高山熊本...そして僕の地元京都とかとあげればきりがないですよね。

それぞれ似ているものもあれば、全然違うのもあるし。

そんなこんなでピッツァの話はとりあえず置いといて、今回行ったお店は割と新しい感じのお店。

i-itaria17 (106).jpg



昼の 12:00 から 0:00 までノンストップで営業しているので、
中途半端な時間に行ったら空いてるかな...

イタリア人が食事するのは早くても 19:00 なので、それまでに行ったら空いてるのかな...

と思ってたら、こんな観光地のど真ん中、世界中の観光客が来るので、例えば、スイスやドイツのように晩御飯を食べるの早い国の人たちは 17:00 くらいから入ったりするし、ご飯の時間帯が極端に遅いスペイン人なんかは、17:00 って言ったらまだお昼ごはんだし...

なので、あまり考えず、19:30 頃に行ったらラッキー なことにガラガラでした

i-itaria17 (105).jpg



お店の名前には、特に Pizzeria とは書いていなかったんですが、
ここはピッツァが主体のお店

前菜とデザートが少しあるだけで、メニューはピッツァがほとんど。

やっぱりピッツァは専門店で食べたほうがおいしいですよね

ラーメンも専門店の方が基本美味しいですし。

そんなわけで、まずはビール 🍺 を飲んでお疲れ様...と一人で乾杯し、

i-itaria17 (110).jpg



ピッツァはたくさんの種類があったんですが、せっかくなので、
シンプルなマルゲリータ

それも、

mozzarella e basilico € 9.00
MOZZARELLA DE VUFALA DOP POMODORO E BASILICO

そうです。

水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータにしました

i-itaria17 (113).jpg



やっぱり水牛モノは伸びが違います

味も濃厚だし

牛のモッツァレラに慣れてる人にとっては、チーズチーズして口に合わない人もいるかもしれませんが、僕は個人的にこっちの方が好きです。

そんなわけで、この店はミラノでも珍しくナポリ風のピッツァでおいしく頂きました。


お店
名前 : Trattoria Mozzarella e Basilico Milano PATTARI 店
住所 : PIAZETTA PATTARI 4, 20122 MILANO
TEL  : 0289092613
営業時間 : 12:00 〜 0:00 【 Non Stop 】
定休日 : 特になし
URL  :
 http://www.mozzarellaebasilico.com/

ミラノの中心地、ドゥオーモのすぐ裏手にあるピッツェリア。
正統派ナポリ風のピッツァを提供してくれます。
お値段も手ごろで入りやすいので、ふらっと入って食事するのも楽しいです。





関連ランキング:ピザ | ドゥオモ/ガッレリア周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  








posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック