2016年09月17日

ハイキング途中で出会ったお花


スイスの夏というと、高山植物を見たいという方々が多くて、

「 いつ頃がお花きれいですか 」 なんてよく聞かれるんですが、その答えはなかなか難しいですよね

お花の種類によって、また標高によって咲く時期が変わってくるので。

例えば、エーデルワイス...ってなかなか見つけられないんですが、これは 7 〜 8 月の初旬にかけてだし、6 月くらいから 8 月くらいまでいろいろなお花が入れ代わりたち代わりで咲いているので、それこそ 3 カ月くらいずーっといないとなかなか...ねぇ...

また、山がメインだと 8 月後半から 9 月が晴れる確率が高くなり空気も澄んでくるので、それくらいがベストシーズンだし...でもその頃はお花の種類はだんだんと少なくなってるし、お花のたくさん咲いている 7 月くらいはまだ天候が不安定だし...

ということを考えると全部一緒ってのはなかなか難しいですね

そんなわけで、今回行ったのは 8 月の後半。

つまり、天気がとても良い時期に入ってきているので、あれだけ素晴らしいマッターホルンやユングフラウを眺めることができたのですが、果たしてお花は...

でも、この辺りは割とたくさん咲いていて

こちらは、ヒメイトジャシン

suiss16 (348).jpg

suiss16 (358).jpg



こちらのちょっと薄い色のは、きっとミヤマツリガネソウ

suiss16 (352).jpg



おんなじように見えるんですが、やっぱりちょっと違うんですよね。

そしてこちらは、シレネ・ブルガリス

suiss16 (353).jpg



日本語名では、シラタマソウなんて言ってるみたいですね。

こちらは、ナデシコ科の花かな?

suiss16 (356).jpg


これはマメ科の、アンティルス・ブルネラリアだと思うけど

suiss16 (357).jpg



そして、このどこにでもありそうな黄色は、キンポウゲの種類ですね。

suiss16 (367).jpg



キンポウゲはこの時期にはとてもたくさん見かけます。

というのも、放牧されている牛さんが、牧草やお花なんかもまとめて食べるんですが、キンポウゲはなんでもちょっとした毒があるらしく、牛さんは食べないんですよね。

ま、毒といっても深刻なものではなく、ちょっと下痢したりとかその程度らしいんですけど。

なので、ほかのお花はどさくさに紛れて食べられてしまうことが多いのですが、キンポウゲは残るのでまだまだたくさん咲いているってわけです。

もう一つ紫色のお花でこちらは、フクロソウの仲間?

suiss16 (361).jpg



こちらは...なんか説明してくれて面白そうで撮ったのですが...

suiss16 (350).jpg



忘れてしまいました...

というわけで、まだまだこの時期でも何とかお花は残っているので、このあたりのハイキングはお花を見るのも楽しいかもしれませんね。


食事には詳しいがお花はいまいちよくわからないまいど!でした...


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック