2017年11月27日

パルミジャーノ・レッジャーノ


やっぱ、チーズの名前だけで文字数オーバーしますね 💧

あ、何度も書いてますが、決して
タイトルの 13 文字数制限という決まりはありませんからね。

20 文字でも、30 文字でも何でもありなんですが、何となくこれくらいにしようと...

というわけで、今回もやってきました、パルミジャーノ・レッジャーノ工場

このあたりいくつかあるんですが、観光客受け入れしているところではなく、せっかくなのでプロの方々がし刺すに訪れるところへ。

これで 3 回目なんですが、建物の入り口入ったらオーナーさんが興奮してスマホ画面を見せてくれて...

全部イタリア語で書いてあったので、何もわからなかったのですが、このお店のチーズ、

ロンドンで行われた World Cheese Awards

Gold



Super Gold

を受賞したとか。

パチパチパチパチ

それのニュースが我々の到着前にネットで流れたみたいで、とっても盛り上がっていました

なんでも、昨年初めて出展して Gold 受賞

そして、今年 2 年目で Super Gold と Gold を受賞したということで、すごい快挙みたいです

ちなみに 2017 年は 3000 ほどのチーズが出展され、Super Gold は 66 だったとか。

The world’s 66 best cheeses ということで、すごい栄誉みたい。

そんなチーズ工場、Traversetolese へ今回もお邪魔しました。

この工場のことは、春行ったときに詳しく書いたのでこちらから見てね

チーズの王様といわれる所以

チーズが金塊に見えてきます

今回は予定よりも若干早く到着したので、工場ではまだ少しチーズが作られていました

buonoita17 (41).jpg



1000 ℓ の牛乳から 40kg の塊が 2 個できるんです。

buonoita17 (42).jpg



それを隣の部屋に運んで、型に入れるんですね。

3 日たった後、塩水に浸けて熟成庫へ。

parmigia17.jpg



ここの熟成庫にあるチーズだけでざっとン十億円

それにこのパルミジャーノ・レッジャーノだけは
これを担保に銀行から金を借りられるということなので、どうせ 2 年ほど熟成させるのであれば、その分で金借りて設備投資にするところも多いんですよ。

ここは...

どうかわかんないけど、すごい財産だからやってるのかもね。

というわけで、ここにはチーズ釜が 48 個あるんですが、その中の 2 つだけは特別なチーズを作っています。

パルミジャーノ・レッジャーノ D.O.P. なんですが、牛に与える餌に工夫をして、
オメガ3が豊富に含まれるチーズを作ってるんだとか。

どうせ買うならこちらを買った方がいいですね。

値段もキロ当たり数百円しか変わらないから。

ここで
パルミジャーノ・レッジャーノを買うときの注意やポイントもたくさん教えてくれましたよ。

今後スーパーなどでこのチーズを見たらついつい目が 👀 行ってしまいます。

ンでここのチーズ、この前買って帰ってみんなで食べたらめちゃくちゃ好評でした。

また次行ったら買ってこよう

あ、もちろんここで試食もさせてくれたんですが、どんどん進んでいって...

チーズにすごく合うスパークリングワインも出してくれたりして、とっても盛り上がってしまいました


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: