2017年04月30日

パンテオン近くで黄金の一杯


パンテオンの見学をした後は、長らく

「 ローマで一番おいしいコーヒーを飲ませてくれるバール 」

という触れ込みのお店に、久々に入ってみました。

TAZZA D'ORO

italy17 (164).jpg



昔はこのあたり、コーヒーの焙煎所が軒を連ねていたところで、今でもおいしいコーヒー屋さんがたくさんある界隈です

ちなみに現在ローマで一番おいしいコーヒーを飲ませてくれるお店...

として評判なのが、ちょうどこのお店のパンテオンをはさんで反対側にある、

Sant Eustacchio il Caffe

ってのがありますが、今度機会があったら行ってみよう

で、ここ TAZZA D'ORO ですが、1946 年創業以来、おいしいコーヒーが評判のお店で、
一日 2,000 杯ものコーヒーを売るそうですよ

この日もかなり混んでました。

italy17 (166).jpg



一番奥でお金を払うんですが、全部立ち飲みでエスプレッソ 1 杯 € 0.90

人気店の割には、昔ながらの価格を守っています。

で、カウンターに行って、

italy17 (167).jpg



出てきました

italy17 (168).jpg



イタリアではコーヒーのことを、Cafe っていうんですが、Cafe って頼むと、このようなエスプレッソが出てきます。

我々に与えられた選択権は砂糖を入れるか入れないか...

もしミルクがほしいんならば、このエスプレッソに少しミルクを入れた

Cafe Macchiato

( Macchiato ってのは染みという意味で、エスプレッソにミルクでシミをつけたように見えるから )

って頼まないといけないし、もっともっとミルクを入れるんであれば、

Cappuccino

っていえば、蒸気で泡立てアツアツにしたミルクにエスプレッソを入れてくれるし、

Cafe Latte っていえば、温めたミルクとコーヒーを入れてくれるし...

濃いエスプレッソがどうしてもヤダって人であれば、

Cafe Americano

っていえば、エスプレッソをお湯で割ってくれるし...

本来は、Cafe Lungo っていうんだけど、Americano の方が通じるみたいですね。

あんまりおいしくないけど...💧

よく、カフェラッテとカフェオレとカプチーノとどう違うの?

とかいろいろな意見がありますが、それなりのきまりがあるみたいです。

でも、イタリア人はそこまでこだわる人はいないみたいですね。

バールだとカフェラッテもエスプレッソを使う場合が多いし、ホテルの朝食だとフィルターコーヒーで作ってくれるところも多いし、エスプレッソのお湯割りにミルクを入れるところだってあるし。

カフェオレって言ったら、それはフランス語だよなんて言われることもあるだろうし...

おそらく、カフェラッテとカフェオレを同じ店で飲み比べることのできるところは、
日本かアメリカくらいかな?

なんて思ったりもしていますが...

あ、ちなみにフランスのスタバには、カフェラッテありますよ

このエスプレッソってのはイタリア語で、『 急行 』 という意味になります。

注文して即行で提供してくれるから何でしょうね。

駅のホームで列車の掲示板を見て、

Espresso

って書いてあったら、それは急行列車ってことですよ

そんなことは置いといて、このお店、TAZZA D'ORO ってのは、
“ 黄金の一杯 ” っていう意味です。

italy17 (169).jpg



エスプレッソにこだわり続けて 70 年

italy17 (170).jpg



これからも低価格でおいしいコーヒーを提供していってくださいね


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック