2016年11月13日

ヒンズー教徒の日没のお祈り


聖なる河ガンガーでは、毎日日の出とともに礼拝が行われますが、日没も礼拝が行われます

早朝に来た同じガートに来ると、朝も人はたくさんいたんですが、それよりもものすごい人

india16 (230).jpg



礼拝 ( プージャー ) の準備が整っています。

india16 (231).jpg



たくさんのガートの前では、そのお寺が主催する礼拝が行われるんですが、我々は一番行きやすい
ダシャーシュワメード・ガートの礼拝を見ました。

こちらの礼拝は川の方に向かって行われるので、船から見るのが一番見やすいんですよ。

india16 (232).jpg



ほぼほぼ正面の船に陣取って待機

india16 (234).jpg



しばらくしてお坊さん数人がやってきて始まりました

まずはお祈り、そしてこちらはお香をぐるぐる回す儀式

india16 (235).jpg



こちらは動画 🎥




そのあとは、バターランプをぐるぐる回す儀式

india16 (242).jpg



こちらも動画 🎥 で。




この日はヒンズー教のお祭りの日とも重なっていたので、いつもより人出はすごかったみたいです

ヴァーラーナシーに来たらやっぱりこれも見ないとね。

というわけで約 45 分の礼拝が終わったら皆さん帰るわけですが、
帰りもやっぱりものすごい人

india16 (245).jpg



先ほどのお坊さんがいたところでは、まだバターランプが燃えておりその煙を手に取って、頭ならぬ額に皆さん付けてお祈りをされていました

india16 (247).jpg



そんな光景を見た後の帰り道...

はい、予想通りの激混み

india16 (249).jpg


この中をリキシャのおっちゃんが頑張って...こげないので押しての移動

乗り合いオートリキシャでは 「 そこまで乗るか!! 」 ってくらい人が乗ってるし...

india16 (250).jpg



車にも乗れるだけのっけタレ...

india16 (251).jpg



ってね。

というわけで、夜のヴァーラーナシーもとっても盛り上がっていました


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック