2018年11月07日

ヒンドゥー教のお祈りプージャ


プージャ ( puja ) というのは、ヒンドゥー教お祈りの儀式です


神々へのお祈りで、日常的に家で行われるものから、キリスト教のミサのように寺院で特別に行われるもの、お祭りのときに行われるものと様々です。

お寺ではだいたい朝と夜の2回、お祈りが行われるんですが、さすがにここは
聖地ヴァラナシ

聖なるガンジス川周辺に並んでいる寺院では盛大にこの儀式が行われます

特に日没のプージャは幻想的な光景なので、信者さん、観光客問わずに人気があります

ガートと呼ばれる川岸でその儀式が行われるんですが、川の方を正面にして行われるので、船に乗って見ると正面から見られるわけです。

というわけで、今回もその儀式を見に行ってまいりました

今回もものすごい人混みが予想されるので、あらかじめガンジス川の下流の人の少ないところから船に乗って、メインの会場であるダシャーシュワメード・ガートへと移動しました。

indo18 (169).jpg



この日は 19:10 より始まるということで、我々は 18:45 頃到着したんですが、もうすでにものすごい人

それにすごい船の数です。

観光客はカメラを構えてるし、信者さんはお祈りしている人、そしてはるかヴァラナシまで巡礼に来ている人たちは、お祈りをしながら写真を撮っている人たちもいました。

indo18 (170).jpg



もうすでに儀式の準備はできており、大音量でお祈りの音楽とお経がなっていました。

このあたりが、
仏教のお経やキリスト教やイスラム教のミサと全然雰囲気が違います

前者のはいかにも宗教色が強いっていうか、ま、宗教なんですけど...

こちらはお祭りのようなにぎやかなものです。


お祈りの寺院はライトアップされているので、とても幻想的。

indo18 (171).jpg



昼間とはまた違った雰囲気です。

ちょっと引いて撮ったらこんな感じで。

indo18 (172).jpg



何となくわかるかな?

たくさんの船がいるの🚢

indo18 (173).jpg



そして 19:10 になりお祈りの儀式の始まり。

indo18 (174).jpg



内容はよくわかんないけど、ストーリーチックになってるらしい。

バターランプをぐるぐる回すところは、暗い中でも動きもあり目立って見ごたえがあります

indo18 (176).jpg

indo18 (178).jpg



動画はこちらから




さすがにちょっと距離があったのと、暗かったので、僕の iPhone での動画はこれが限界...

というわけで、45 分間やっているんですが、完全に終わってからだともちろん帰るのにすごく難儀しますので、最後の数分を残して船を移動させました

indo18 (179).jpg



信者さんだと最後まで見て、陸に上がって、煙をいただいたりするらしいんですが、我々はそのまま船でもと来た場所へ戻りました。

今回は人込みも避けれてなかなかよかったです


プージャの解説と前回の記事はこちらからね。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: