2017年06月24日

フィレンツェでトリュフぅぅ


フィレンツェに戻って、いろいろな方と会って分刻みで動いて...💦

夕食は...あんまりお腹空いていなかったので ( そらあんだけ肉食べたから... )、軽く、トリュフでも...

というわけで、旧市街の中にあるトリュフ専門店

The Truffle Experience へ。

i-itaria17 (250).jpg



以前から気にはなっていたんですが、なかなかフィレンツェだと ってイメージがあるので入ったことはなかったです。

なので今回初の入店

ま、簡単にシェアして食べるからということで、テーブルについて。

まずはアミューズが出てきました。

i-itaria17 (251).jpg



こちらはオリーブの実

そして、

i-itaria17 (252).jpg


すりおろしリンゴにキャビアと、なかなか凝ったものですね。

で、トリュフといえばこれですよね。

Tagliolini del Caponi al tartufo fresco

カポーニのタリオリーニ フレッシュトリュフ

i-itaria17 (253).jpg



カポーニってのは、ピサ近郊のパスタメーカーで、昔ながらの手作業で卵を練り込んで作っており、最終工程では、25 〜 35℃ という低温で 70 〜 80 時間かけてゆっくりと乾燥させます。

そんなブランドのつるつるパスタと、上から削りかけた黒トリュフは最高の組み合わせです

トリュフだけかけてあるからあとはどーでもいい...っていう二流の店とは違って、しっかりとしたものを提供してくれます

もう一品は、黒トリュフのリゾット

i-itaria17 (255).jpg



これも素晴らしい味わいでした。

もう一品、

Tartare di fassona piemontese alla senape, con mousse di panna cotta al thè verde e cipolle in agrodolce

ピエモンテ・ファッソーナ牛のタルタル マスタード仕立て、
パンナコッタのムースと緑茶と玉ねぎ風味


i-itaria17 (254).jpg



はい、こんな食べ方もありなんですね。

ファッソーナ牛というのは、ピエモンテ州のブランド牛で、脂肪分が少ない赤身が特徴です。

バローロ地方では赤ワイン煮込みにしたり、やっぱり生でタルタルで食べるのが一般的みたいですよ

そしてデザートは、

Tortino al cioccolato profumato al tartufo con crema al mandarino

トリュフの香りのチョコレートタルト ミカンのクリーム


i-itaria17 (256).jpg


と、最後までトリュフ尽くしでいただきました。

今回は初夏に行ったのですが、秋になると白トリュフも出回ってくるので、そちらも楽しみですね。


お店
名前 : The Truffle Experience
住所 : Porta Rossa, Via Porta Rossa, 19, 50123
TEL  : 055 399 5913
営業時間 : 12:30 〜 14:30 / 18:30 〜 22:30
年中無休
URL  :
 https://www.nh-collection.com/hotel/nh-collection-firenze-porta-rossa/restaurants

フィレンツェの旧市街、ウフィッツィ美術館からブランド物買いのトルナブオーニ通り方面に行ったところにある、NH コレクションホテルのロビーにあるレストラン。
お洒落な空間で、トリュフ料理を堪能できます。
トリュフはミラノの老舗サヴィーニが監修しているので、その品質は間違いありません。
一年中トリュフ料理を楽しめますが、秋には白トリュフも出てくるので、一層人気が高まります。





関連ランキング:イタリアン | ヴェッキオ橋周辺





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック