2018年12月22日

フォーン川クルーズと天姥寺院


ランチの後は、フエの旧市街と新市街を分けるように流れているフォーン川のほとりへ。

ここから名物...というほどのものでもないんですが、ドラゴンボートに乗船🚢

viet18 (176).jpg



ゆっくりとフォーン川をクルーズしてティエンムー寺院へと向かいます。

viet18 (177).jpg



フォーン川は全長約 67km

ラオスとの国境付近が源で、南シナ海に流れています。

viet18 (178).jpg



漢字では香河と書き、上流の山岳地帯で産出されていた沈香 ( 香木 ) が名前の由来のひとつと言われています

約 20 分のクルーズの後、到着したのがフォーン川のほとりにあるティエンムー寺院

1601年に建立された、フエで最も古く美しい禅寺でと言われており、世界遺産にも登録されています

この中国の影響を受けた八角形の慈仁塔( トゥニャン塔 ) がシンボル

viet18 (179).jpg



阮朝第3代目の、ティエウチ ( 章皇 ) 帝が 1845 年に建てたもので、高さ 21.24m ある八角形七層の塔は仏教で悟りを意味する蓮を象っているそうです。

各階には仏像の坐像が安置されており、過去七仏 ( 釈迦如来までに登場した7人の仏陀 ) をあらわし、最上部には釈迦如来像が安置されています。

この塔の後ろをずっと歩いて行って、本堂である大雄殿( ダイフン殿 ) へ。

ここには三尊仏がおかれています。

viet18 (181).jpg



この仏像は 1815年 に鋳造されたもので、タイソン朝を破り、阮朝創始者のザーロン帝を助けたポルトガル人、ジーン・デ・ラクロイスによるものといわれています。

これは...

大黒さんかな?

viet18 (180).jpg



この寺は、漢字で書くと

ティエン= 天

ムー = 姥

名前の由来は、広南朝までさかのぼります。

太祖グエン・ホアンは国を開くためにこの地を訪れた際、村民から伝説を聞きます。

その伝説とは、
ある夜に赤い衣と緑色の裾を着た一人の老婆が丘の上に現れ人々に
「 いつかここに真の主がやって来て、霊気と龍脈をあつめ強力な国をつくるために、寺を建てるであろう。」
と語ったということです。

これを聞いたグエン・ホアンは民衆の願いを叶えることができるように、また慶事の知らせに感謝をして、フォーン川に面する丘の上に寺を建て 「 天姥寺 」 と名付けたとか。

この語った老婆は人間の姿に変化した天女だと言われ、いつしか天女の寺とも呼ばれるようになりました


現在のベトナムでは日本と同じ種類の大乗仏教の信者さんが多いそうです。

ベトナム以外の東南アジアでは小乗仏教が多い中では珍しいです。

ま、いろいろと違いはたくさんあるんですが、
ゴクゴク簡単に大雑把に言うと...

小乗仏教:
きびしい戒律があり、仏教を信じないものはすべて地獄行き

大乗仏教:
どんな宗教に属していても、いいことをすれば極楽に行けます

という根本的な違いがあります。

ベトナムの大乗仏教信者さんも厳しい戒律を守っている人も多く、月に一回ないし二回、その日は魚や肉類を食べることは禁止という人も多くいます。

ベトナムの仏教事情を調べると、儒教との絡みや、日本との違いなど、それだけでものすごい物語が書けそうなので、今回はこの辺で...


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: