2017年09月05日

プンタピットのカツオドリ達


お昼を食べた後は少しクルージングして、
サン・クリストバル島の北西に位置するプンタピットへ。

ここは、三種類のカツオドリが見られるってことで、カツオドリ好きの僕にとってはちょっとうれしい場所でもあります

というわけで、ウェットランディングで上陸

上陸地点のとってもきれいなビーチには、こちらにもアシカのコロニーがあって、のんびりと横たわっていました

galapagos17 (206).jpg



ほんと、のんびりしてますねぇ

ビーチで靴に履き替えて、👟 この後ちょっとした山登りの開始です。

ビーチを離れるとヘビ発見 👀

galapagos17 (207).jpg



ヘビは本当になかなかお目にかかれないらしく、僕も過去に一回だけ見ました。

どれくらい珍しいかというと、このヘビ見かけて、
ネイチャーガイドさんが一番びっくりしていましたからね。

ガラパゴスのヘビは毒は持っていなく、獲物を体に巻き付けて捕獲するんだそうです。

主にヨウガントカゲやバッタとか...

というわけで、ここからトレイルに入ってちょっとばかし急な坂道を上って...
15 分ほど行って...💦

頂上付近からはまたまた素晴らしい景色が見られました

galapagos17 (211).jpg



この後少し下っていくと、トレイル脇にアオアシカツオドリがいました。

galapagos17 (208).jpg



こちらは親子かな?

galapagos17 (210).jpg


galapagos17 (213).jpg



卵を温めているアオアシカツオドリ

galapagos17 (214).jpg



で、ずっと歩いていくと、木の上にアカアシカツオドリがいました。

galapagos17 (215).jpg



海近くのがけ辺りはアカアシカツオドリの営巣地になってるようです。

galapagos17 (216).jpg



アカアシカツオドリの帰還

galapagos17 (218).jpg



アオアシカツオドリは陸地に巣を作るのに対し、

アカアシカツオドリは木の上に巣を作るってのが大きな違いみたいですね

もちろん、足の色の違いが一番大きいんですが...

そんなこんなで、もう一種類のナスカカツオドリもたくさん飛んでいたんですが、なかなか僕のカメラの腕ではとらえきることができず...

ちょっと残念

たくさん見終わった後、また山を越えて船に戻りました。

船に戻ったら、またまたキッカーロック付近まで戻り、夕暮れ時の写真を撮りました。

ガイドさんが見せたかったのは、夕日にあたって真っ赤に染まるキッカーロック

galapagos17 (221).jpg



ちなみにこの 1 分ほど前が、岩全体が真っ赤に染まった瞬間でした。

その時間帯はちょっと僕も他の方々の写真を撮っていたので、その直後の写真がこれです。

なかなか素晴らしいでしょ?

というわけで、上空にはグンカンドリも旋回していて...

galapagos17 (222).jpg



ゆったりと旋回していたので、撮りやすいっていえば撮りやすいんですが、かなり暗くなってきていて、シャッター速度も 1/60 までしかいけなかったので、この辺で止めました。

日もどんどんと落ちてきて、ガラパゴスクルーズの最後の夜を迎えようとしていました。

galapagos17 (219).jpg



この後、最後のブリーフィングとディナーが待っています 🍴


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: