2018年12月13日

ベトナムのつけ麺ブンチャー


お昼はハノイ市内のレストラン

Maison de Yen で。

vietnam18 (41).jpg



午後は飛行機に乗って移動なので、ちょっと早めのお昼

11:00 過ぎに行ったらガラガラでした

vietnam18 (39).jpg

vietnam18 (40).jpg



この日のお昼は、ベトナムのつけ麺ともいわれている麺料理、ブンチャーをいただきます

もともとハノイ発祥の麺料理で、今ではベトナム全土に広がっています。

ブンチャー ( Bun Cha )というのはいわゆるつけ麺

ヌクチャム ( ヌクマムに唐辛子、ニンニク、ライムなどをミックスしたもの ) とお砂糖でちょい甘口に味付けし、あっさりのスープには炭火でローストされた豚肉、豚肉のミンチで作った肉団子などが入っています

vietnam18 (31).jpg



ベトナム料理はタイなどと違ってそんなに辛い料理はあまりないです。

辛さがもうちょっとほしい人は、テーブルにある唐辛子やスパイスを追加でいれる人が多いみたいですよ。

そこにブン ( 米粉で作った麺 ) を入れてハーブ類 ( パクチーやシソなど ) を入れていただきます。

vietnam18 (30).jpg

vietnam18 (32).jpg



これが...

なんか病みつきになるくらいのうまさ

替え玉は無料で持ってきてくれるところが多いですよ

結構これだけではまってしまいましたが、ランチはこれだけではなくほかにもあるので、適当に切り上げて...

他のお料理は

青パパイヤとビーフジャーキーのサラダ

vietnam18 (33).jpg



タイでこういうのをいただくと強烈に辛かった記憶がありますが、こちらは辛さはあまりなくさっぱりとしたお味

豆腐とキノコの炒め物

vietnam18 (34).jpg



テーブルの上でもぐつぐついっていたのこのお料理、日本人の口にも合い、また白ご飯と一緒にいただくと、とっても合っておいしかったです

豚肉のソテー

vietnam18 (36).jpg



これもちょい濃いめの味付けでご飯によく合います。

グリルチキン

vietnam18 (37).jpg



酢豚の鶏肉バージョンといった感じでした。

野菜炒め

vietnam18 (35).jpg



ま、普通においしかった。

最後にデザートは、蓮のチェー

vietnam18 (38).jpg



チェーってのはベトナムの伝統的なデザートで、もともとは、遠方から訪れたお客様をもてなすために、その土地でとれた天然素材を使ってデザートを作ったことが始まりなんだとか

今では手軽なおやつとして日常的に食べられるようになり、特に女性や学生からの支持を集めているそうです。

ヘルシーで身体に優しい素材から作られていることが人気の理由みたいですね

ものは、その土地によっていろいろですが、豆類や芋類、寒天や果物などいろいろな具材を砂糖などで甘く煮てつくります。

温かいものと冷たいものがあり、
温かいのはぜんざいのような味わいのものもありますよ。

冷たいのはシロップのような感じで、氷にかけてまさにかき氷

今回のは蓮の実が入った温かいチェーでした


お店
名前 : MAISON DE YEN
住所 : 10-12 Hang Chinh Street, Hoan Kiem, Hanoi City
TEL  : +(84-24) 3938 0999
営業時間 : 9:00 〜 22:00
年中無休
URL  :
http://maisondyen.com/


ハノイ市内にあるハノイ伝統料理の店。昔から家族で食卓を囲んでいたベトナム料理を現代風にアレンジして提供してくれます。繁華街より少し離れますが、地元ハノイっ子たちには人気の店です。家族で、仲間うちで、大人数でワイワイとにぎやかに食事を楽しまれています。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: