2018年05月12日

ボローニャ創作デギュスタシオン


そんなわけで、クラテッロをたくさん食べた後、クラテッロの熟成庫を見学しボローニャへ

ボローニャのホテルはこれまた

Ill Grand Hotel Majestic “ già Baglioni ”

そして夕食🍴ホテルのメインダイニング

I Carracci restaurant

メニューはこの前とほとんど同じ、シェフの創作 6 皿コースなんですが、若干盛り付けが違ったりするんですよ

ちなみにお店の雰囲気や過去のメニューはこんな感じでね。

シェフの創作ボローニャ料理

ボローニャ料理のフルコース

今回もいってみましょう。

まずはアミューズで、
アスパラガスのムース カリカリ玉ねぎとパプリカのパウダーをかけて

buoita3-18 (43).jpg



ライトな食感で、そのまま食べてもおいしいし、パンにつけてもおいしいし。

で、一皿目

Braised reef octopus with lemon scented black Taggia olives
pistachios, Bologna potato and ginger cream


リーフタコのブレゼ レモン タッジャスカオリーブ
ピスタチオ、ボローニャ産ポテトとジンジャークリームスープ


buoita3-18 (44).jpg



泡がとってもライト。

タコも味がしっかりしていましたよ。

二皿目

Beef cube “ Modena breed ” cooked in salt and citrus, braised
swiss chard and walnuts in apple vinegar and frozen
Calvados shot


“ モデナブリード ” 塩とシトラスで調理した牛肉のキューブ
フダンソウのブレゼとアップルビネガー風味のクルミ
凍らせたカルバドスのショットをかけて


buoita3-18 (45).jpg



今回のビーフはカルパッチョのようなスタイルでやってきました。

とろけるような柔らかさではなく、サクッと噛める柔らかさ。

三皿目

Carnaroli risotto with Fossa of Sogliano D.O.P. cheese,
passion fruit marinated asparagus and toasted hazelnuts


カルナローリ米のリゾット フォッサチーズを使って
パッションフルーツでマリネしたアスパラガスとトーストしたヘーゼルナッツ


buoita3-18 (46).jpg



しっかりと歯ごたえのある茹で方の米でした。

四皿目

Its majesty tortellini with parmesan cream, porcini
mushrooms dust and black olive crumbles


パルメザンクリームのトルテリーニ
ポルチーニ茸のダストと黒オリーブのクランブル


buoita3-18 (47).jpg



ちょっと味が薄く感じたかな?

五皿目

Roasted snapper from our shores served in a mussel and
clam casserole, with sesame biscuit


フエダイのロースト ムール貝のキャセロール

buoita3-18 (48).jpg



ここで一気にボリューミーにやってきました。

なかなかヘビーになって、

六皿目

Roasted pork belly with forest fruit jelly, mustard seeds,
stewed leek and cucumber


豚三枚肉のロースト
森のフルーツゼリー、セロリのソテーと粒マスタード


buoita3-18 (49).jpg



はい、とどめの一発

とっても柔らかくっておいしいんですが、さすがに苦しくなりました

そして最後のデザートは、

シルキーなバニラアイスクリーム

buoita3-18 (50).jpg



可愛らしい量で、ホッ

というわけで、お昼はかなりというかむちゃくちゃセーブしたんですが、お腹いっぱい、苦しくなってしまいました。

でもしっかりと最後まで食べてしまいましたけどね


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: