2018年02月12日

ミラノの大聖堂とアーケード


一夜明けてミラノの観光はやっぱり徒歩で 👟 👟 👟

そらそうですよね。

バス乗っても降りるところがホテルよりもかなりかなり遠いところだから。

というわけで、もうドゥオーモのことは大丈夫ですね。

こちらを見ていただければ。

ミラノといえばやっぱり大聖堂

でもやっぱり大聖堂の雄姿でも

buono18 (47).jpg



イタリア国内では非常に珍しいゴシック建築の建物で、大聖堂としても世界で3番目とか、4番目と言われているとっても大きな建物です。

あ、世界で○番目とかいうのは、それぞれ測り方が違うので何とも言えないんですが。

縦の長さ、床面積、容積、敷地全部とかいろいろ...

中も 35,000 人ほどは入れるんだそうですよ。

buono18 (20).jpg



最近、満席になったのは、1997 年に、ミラノのファッション界の巨匠、
ジャンニ・ヴェルサーチの追悼ミサが執り行われたときに一杯になったといわれています。

故ダイアナ元王妃やエルトンジョンなどが出席にて、大聖堂の外には長蛇の列ができたといわれています。

ちなみに、アメリカのマイアミで殺害されたヴェルサーチ、
アメリカ人は最初はどう発音していいかわからなかったそうです

VERSACE

ヴァーセイス...とか...

って我々からしたら誰やねん....って思いますね。

高級ファッションや高級ブランドに全く興味のないアメリカの人たちにとっては、見たことも聞いたこともない発音だったみたいですから。

というわけで、大聖堂の中を見た後は、こちら大聖堂前広場

buono18 (21).jpg



そしてそこから伸びている、アーケード

この辺りは定番ですね。

アーケードの真ん中には、イタリアの老舗が居を構えてきます。

buono18 (25).jpg



現在この角っこの超特級地にあるのは、プラダの本店、ルイヴィトン、ヴェルサーチ ( まだあったかな ) などがあります。

昔はマクドがばっちり目立っていたんですが、契約更新で追い出され !? て、そこをプラダとアップルがせったらしく、結局プラダが勝ち取ったみたい。

現在、プラダのメンズが入っていて、その上の階がこれまたプラダが買い取った老舗のお菓子屋さん、

Marchesi が入っています。

ここの窓際に座って、アーケードを行き交う人たちを見下ろしながらお茶とケーキ ってのもおしゃれですね

このアーケードのモザイクで特徴的なのは、もうガイドブックやネットでもおなじみのこれ。

buono18 (23).jpg



ここ、イタリアで過去に首都となった4都市の紋章がモザイクになっているんですが、そのうちの一つ、トリノの紋章、牡牛です。

これの股間部分に踵をのっけてくるりと3回転できれば幸せが訪れるとか

そんなこんなで、何十年も毎日毎日何千人って人がそんなことをやっていたので、かなりくぼみができてしまいました。

でも、昨年、最新の修復したので、キレイになりましたよ。

buono18 (22).jpg



そしてもう一つ、ミラノの高級マンション

ここ

buono18 (26).jpg



垂直の森と名付けられたこのマンションは、ベランダや壁から木がいっぱい茂っています。

建物の高さは 112m の 26 階建てと 80m の 18 階建てのツインタワーで、テラス面積は 8900u、樹木と呼ばれるいわゆる 「 木 」 が合計で 900 本 ( 550 本 + 350 本 ) 植えられています。

それ以外にも低木が、約 4000 本、その他の植物が 1500 本と、
1000 種類以上の植物があるそうな。

もう、完全にジャングルですね

これ、購入も、一番小さい部屋 3,200 万円から 2 億 6000 万円とお高いんですが、それだけではなく、
管理費が月 200 万円程すんだとか。

すごいですねぇ。

マンションから飛び出した樹木が目立ちますが、最新設備を持ったマンションであることは確かです。

この近くは、近未来てきた建物なんかがたくさん建っているので、イメージしているのとちょっと違った今のミラノが体験できますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: