2019年01月25日

京都でのラーメン今回はこちら


毎回、実家の京都に行くとラーメン店に行くんですが、最近は来来亭が多いんですよね

でも今回は、何度となく前を通って気になっていたラーメン店に行くことにしました。

気になるって、こんな看板ですからね

kyoto18-19 (15).jpg



京都らしい看板といえば京都らしいんですが...

というわけで、行ってみました

たかばしラーメン

kyoto18-19 (16).jpg

kyoto18-19 (8).jpg



看板にもしっかりと「 京都ラーメン 」と主張しています

というわけで、入ってみましょう

kyoto18-19 (11).jpg



長細い店内は、カウンターとテーブル席とが並んでいます。

テーブルのセット

kyoto18-19 (12).jpg



お茶はテーブルにジャスミン茶の濃いのが置いてあり、好みで水で割って飲みます

kyoto18-19 (9).jpg



というわけで、ここはオリジナルの

たかばしラーメン ( 並 )¥650

kyoto18-19 (13).jpg



ネギ多めにしてみました。

スープは豚骨 100% だけど、博多のように濁ってなく透明系

それに醤油が入って絶妙なお味

ドロドロ系ではなくサラサラ系のスープなんですが、そこはやはり京都。

コクはがっつりあって食べ応えあります

kyoto18-19 (14).jpg



中細ストレート麺にうまい具合に絡んできますね

見た目は、同じ京都のますたにラーメンと似ているんですが、
ますたには鶏ガラベースのちゃっちゃ系

たかばしは豚骨醤油味と根本的に違うわけです。

どちらかというと、超マニアックなお店になるんですが、僕が小学生の時にちょいちょい両親に連れて行ってもらったラーメン店夜鳴きやの味に近いものがありますね

なんか食べていて懐かしく感じました


店名のたかばしってのは、京都駅の東側、ちょうど八条口と烏丸口を結んでる道路なんですが、その北側に昔からあるラーメン店、

第一旭新福菜館があります。

新福菜館は、一時は新横浜のラーメン博物館にも出店していたこともあって、ご存知の方も多いかもしれませんね。

1938 年オープンのこのお店は、濃い口しょうゆを使った
真っ黒ケッケのスープが特徴の醤油ラーメンがウリです。

そして第一旭はその新福菜館のお隣にあって、1947 年創業。

まだラーメン店は屋台が主流の時代、店舗を構えた珍しいお店です。

早朝から深夜まで営業しているんですが、いつ行っても行列です

そうです。

朝 5:00 から行列なんです

そんな第一旭からのれん分けをしたお店がたかばしラーメン

郊外のロードサイドでチェーン展開をしています。

屋号が第一旭のあるたかばしからとってるだけあって、
正統派後継店なんでしょうね

横綱や来来亭、天一もいいけど、ここも正統派京都ラーメンと言って友人にも勧められるかな。


お店
名前 : たかばしラーメン 京都東インター店
住所 : 京都市山科区大塚野溝町 86 番地 61
TEL  : 11:00 〜 24:00
年中無休
URL  :
https://www.takabashi.com/


京都東インターを降りて国道一号線を数分走った右側にあるお店。
京都駅近くのたかばしにある老舗ラーメン店第一旭からのれん分けされたチェーン店で、本家の味をそのまま継承している正統派とんこつ醤油ラーメン店です。



たかばしラーメン 京都東インター店ラーメン / 東野駅

昼総合点★★★★ 4.0





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: