2018年02月16日

今回も来たバルサミコ熟成所


モデナの名物バルサミコ

何度かこの熟成所には来て、たくさん通訳したので、だいぶ作り方とかも覚えてきました

今回もやってきた、モデナでの老舗ACETAIA MALPIGHI

この会社の詳しいことバルサミコのことは過去の記事を見てね

本物のバルサミコを求めて

バルサミコのテイスティング

こちらが樽熟成場所

buono18 (73).jpg



100% 自然環境下での製造なので、空調なんかは一切入っていないんです

夏は暑く冬は寒い...

この夏の暑さで揮発していかなければならないんですね。

伝統的な樽移し替え製法で作られる本物のバルサミコ

12 年もしくは 24 年の法定熟成期間を経て世に送り出されるのが、

Balsamico Tradizionale di Modena D.O.P.

でも、そんな高価なものを買っても、なかなか日本人の場合は料理にアレンジしづらいです。

そんなときは、まったく同じ原料、同じ製法で作られるもので、4 年熟成とか、6 年熟成の物を買われた方が日常的にも使い勝手がいいですよ

buono18 (74).jpg



最近の僕の好みは、フルーツなどのフレーバーの入ったもの。

テイスティングさせていただいたものの中には、

オレンジ

ミント

サフラン

イチジク

リンゴ


とあったのですが、中でもリンゴが僕のお気に入り

サラダとかヨーグルトとかなんにでも合ってさっぱりいただけて...

あまり続くと飽きるけど、いろいろなものにアレンジできて楽しいです

やっぱりこういうのって、
テイスティングしてアドバイスを聞かないとなかなかわからないですね。

ちなみに今回訪れたマルピギ社のバルサミコ、

こちらからも購入できますよ



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: