2016年10月31日

仏陀がスジャータと出会った地


今回のインドの旅は仏教の聖地を訪ねて...ってことで

インドには仏教の聖地と呼ばれる場所がいくつかあり、有名なのが仏陀が生まれたルンビニ

ここはインドではないんですが、インドからネパール領に入ったところにある村です。

それ以外の仏教の聖地がインドにあるということと、交通の便もインドからの方がいいということで、よく仏教の聖地巡りをされる方はインドと一緒に行かれる方が多いみたいです。

そして次がここ、ブッダガヤ

ここでは仏陀が覚りを開いたという有名なお寺があります。

その次が、サールナート

こちらは覚りを開いた仏陀が初めて説法を説いたところです。

そしてもう一つが、クシナガル

こちらが仏陀が亡くなった場所なんです。

ということで、この 4 個所が仏教の四大聖地何て呼ばれたりしていますよ。

あと、布教の地として知られている、ラージギール

教団本部が置かれていて、日本では祇園精舎と呼ばれている、サヘート・マヘート

最後の旅の地といわれている、ヴァイシャリ

そして、昇天の地とされているサンカーシャ

の 4 つも加えて八大聖地と呼ばれることもあります。

そんな聖地のひとつであるブッダガヤでは、まずは仏陀がスジャータという女性と出会った場所へやってきました。

仏陀はこの地で覚りを開こうと苦行三昧の日々を 6 年間も続けていたんですが、どうしてもだめだ...

もうがりがりに痩せて半分死にかけて、ちょっと休憩と川で沐浴したところ、この村に住むスジャータという女性に助けられ、乳粥を施されたというお話の舞台になったところです。

そして覚りを開くには苦行だけではだめだ。

スジャータのような優しい心を持たなければ...ということに気が付いたということらしいですよ。

その一部始終を見ていた弟子たちは、

「 仏陀は女にうつつ抜かして...」

ということで去って行ったということなんだそうですが。

そんなスジャータの家があった場所らしきところがこちら。

india16 (1).jpg



そしてその場所からちょっと離れたところにスジャータ寺というのがあります。

india16 (3).jpg



仏陀とスジャータが出会った風景

india16 (4).jpg



仏陀がこんなに体格よかったわけありませんよね。

実際はこんな感じだったのかな?

india16 (5).jpg



そんな光景を見た後、車で仏陀が沐浴したといわれている、ナイランジャラー川のほとりまできて、ブッダガヤの町を対岸から見てみました。

india16 (6).jpg



この後は、橋を渡って仏陀が悟りを開いたといわれている、マハーボディ寺院に行ってみました。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック